フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

普通の人々

2015年8月18日 (火)

「普通の人々」〜猛暑の中で by 長井八美

暑い!暑い!暑かった夏がだんだんと終わりに近づいて来た。

劇団青い鳥ショートショートストーリー「普通の人々」は猛暑と一緒に稽古を重ね、暑さの中で熟成してきた。
昨日稽古場で稽古を見た。私の他にもスタッフを初めとして何人かが来ていて、稽古場は公演に向けての活気あるエネルギーが充満していた。いよいよ何だなあと心が引き締まる。
今回は70席の客席、5回の公演数である。
おかげさまで、ご案内を出したとたんにほぼ劇場のイスは売り切れに近い状態になり、追加公演も考えた。しかし、この猛暑である。決して若くない役者たちは、猛暑の中を稽古場に通い、何時間も稽古をする。
やはり、5回にしようと、こんなに悩んだことはないぐらい悩んで5回に決めた。なんだか、5という数字がいい感じがした。
そんなわけで、申し訳ありませんが、もう補助席しかありません。
それでも、この公演をぜひ観てほしいと思う私です。
作品の登場人物が息をする。歩く。微笑む。
まるで、肉体と魂を得た登場人物たちが縦横無尽に舞台を闊歩する。
5つの作品を合わせて、1時間半・・・確かに1本の作品の時間かもしれない。でも、時間ではない。確かに5本の作品のエネルギーがある。
それをやり遂げる役者の根性たるや見上げたものである。
それを見届ける演出の根性もたいしたものである。
劇団青い鳥の面々の底力! ぜひ、ご覧ください。
劇場でお待ちしております。

Photo_2

2015年8月12日 (水)

「普通の人々」~ワイワイガヤガヤ~by葛西佐紀

8月11日、昨日は芹川氏の誕生日!にかこつけて、そして「普通の人々」の本番に向けてのスタミナ補給と銘打って、私たちはお肉を食った、食った、食ったぁ~~~!!

“食べた”というより、“食ったぁ”といいたくなるほど“お肉”を満喫いたしました。

「旨い~!!」を連呼しつつも、肉に伸びる手は休むことを知らない私たちはおしゃべりにも花が咲き

ワイワイガヤガヤ、ワイワイガヤガヤ・・・

勿論、その合間にお肉の注文も忘れないのは言わずと知れたこと。

終戦記念日が間近のこともあって、その手の話を

ワイワイガヤガヤ、ワイワイガヤガヤ・・・

時々、「やっぱり肉だよ肉」の合いの手を入れることは言わずもがな。

どこをどう間違ったのかジャニーズ(勿論今の若手のジャニーズではなくスマップ、V6、嵐どまりではあるが)の「小さいおじさん」たちとKポップの比較論を

ワイワイガヤガヤ、ワイワイガヤガヤ・・・

後押しするように「ビール!ハイボール!」の声がけも怠らない。

そして、どうやって行き着いたのかは不明だが、最後に芹川氏の「ガラホ」に行き着いた。

何故私はガラホに変えてしまったのかと、嘆くこと、悔やむこと。

そこで渡辺さんが「芹川さん、ドコモのらくらくホンに鞍替えしたらよろし!!」と一声

どうやって?と芹川氏

すると渡辺さんはしたり顔で

「ガラホを握り締めて、ドコモショップへ駆け込んで、どうにかしてくれと、泣かんばかりに訴えたらよろし」

みんな「へっ????そこからぁ????」

渡辺「まずは、そこからでっせ!!」と小鼻をふくらませる。

芹川氏は泣かんばかりに訴える。

「私は、そんな小芝居したくない!!私は、もうステバチだっ!!」

ス・テ・バ・チ!!その言葉に大笑いの私たち

ワイワイガヤガヤ、ワイワイガヤガヤ、ワイワイガヤガヤ、ワイワイガヤガヤ・・・・・・・

こうして楽しくて、美味しくて、嬉しくての誕生会の夜が更けていきました、のさ。

「普通の人々」本番間近の良い一日でありました、のさ。

2015年7月18日 (土)

「普通の人々」~母が教えてくれること by 長井八美

暑いといういうのに、母の髪がどんどん伸びる。気が気でしょうがない。

母は暑そうに前髪を上げるので、もう髪型がグチャグチャだ。

通っているデイサービスの美容師の免許を持っていた人がやめてから、そこでは髪を切ってもらえなくなくなった。

「そうだ!」私が切ればいいのだと、ある日思い立ち、ヘアーカットセットというのをネットショッピングで買った。

髪を切るというのは難しい・・・丸いものを切るのは本当に難しい!

私は自分が行っている美容室の美容師さんに教えてもらいながら、だんだんと面白くなってきた。美容師さんから捨てる直前のケープをもらい、今やすっかり美容師気分だ。

やっと、今朝 母の髪を切った。

切りながら、

母の髪を外で切ってもらうのが難しくなったおかげで、母が私に面白がってやれることを教えてくれたんだと思った。

母は今朝もじっと私を見ているが、その目は「この人誰?」と言っている。でも、ときどき脳のピントが合うことがある。

先日、久しぶりに、以前ずっと来てくれていたヘルパーさんが来てくれた。

そこへ、ケアマネさんと、介護センターの方もみえて、3人の顔がそろったことがあった。もちろん、私はそこにはいない。

そのとき、どういう風が吹いたのか母の脳のピントがあったようだ。

「みなさんお久しぶり!懐かしいわ。お目にかかれて涙が出ちゃうわ。」と言って手を握ったそうだ。

3人ともとても喜ばれて、あとでケアマネさんが私にこう言った。

「本当に私たち3人うれしかったんです。介護冥利につきるというのでしょうか。私たちの仕事って大変なことも多いものですから、お母様の言葉に元気をもらって、これでしばらく元気でやっていけるね。って3人で話したんです。」

人はいくつになっても、役割を持っている。どんな時も、どんなところでも役割を持っている。それが知らないうちに誰かの役に立っていたら本当にうれしいと思う。

2015年7月15日 (水)

普通の人々~すっかり見る目がなかった私~by芹川藍

脚立を買った。

四段の大きなもの。天袋の中のものを取るのに便利そう。
 
軽い!安い!で、気がつくと電話をかけていた。
三段のものと四段では520円しか違わなかったから買った。

特大は小を兼ねなかった。

大き過ぎぃ~sign03
使いがってが悪いsign03
狭い部屋に広げるだけでもアッチコッチにぶつかる。

今、ベッドの下に潜んで出番を待っているが…。


出番は来ない…
椅子で十分。


夜中の通販番組…良さそう、便利そう、これはいいsign03で、魔法にかかったみたいに、ついつい頼んでしまう。

シミにいい…美容にいい…痩せる…健康でいられる…。

また電話をかける。 

テレビに蟻のウンコほどの字で書いてある『個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません』の文字がウラメシイ!

今だと500円お得…もれなくついてくる○○○○。


今から30分間にご注文の方に限り半額!

電話をかける…夜中の私。

だまされたっ!
見る目がなかった。   

洗剤のいらない石→気がつくと洗剤いれて石を洗っていた。 

軽いハンディ掃除機→肩にしょっての掃除はうるさい。

腹筋ブルブル→お腹の肉が霜降りになりそう。

腹筋ガッタンゴットン→場所を取りすぎてめんどくさかった。

安眠促すピラミッド形の置物→。。。眠れなかった。。。。。。


つくづく見る目がなかった。
普通の人間だったワタシャ。


近頃、人にも思うことがある…。

えっ!こんな人だったの?

そんなはずはない… 
信じられない…

私は間違った!

私はどうも見る目がなかったようだ。

ザンネン!

蝿のウンコほどの字でその人の顔にでも書いててほしい。



『人が良さそうなのは、個人の感想であり、人間性を保証するものではありません

2015年7月 3日 (金)

『普通の人々』~チケットについて~

『普通の人々』
おかげさまをもちまして全ステージキャンセル待ちとなりました!
ありがとうございます。

なお、各回、通路に補助席(前売り扱い)をご用意いたしました。
補助席につきましては青い鳥創業までお問い合わせくださいませ。
TEL03-3486-7727 mail:aoitori@aoitori.org

Photo

稽古もどんどん集中力をましています。
毎回、新しい発見あり、驚きあり、楽しさあり。

昨日の稽古では演出・芹川の「うん、いいよ!」の一言が出ました。

本番、劇場に足を運んでくださる皆さまに「来て良かった~」と思っていただけるように。
まだまだ精進の日々は続くのです。

2015年6月27日 (土)

普通の人々~忘れ得ぬ人々~by演出助手・渡辺

A・SO・BO塾大阪公演『朝日のあたる店』が終わった。
 

本番の出来がどうだったかは演出・芹川の胸の内。
ただ、本当にやさしく温かく力強いお客様の拍手に支えられた公演だった。
 

ホールでも芝居小屋でもない会場。
照明などの設備も格段に落ちる。
そして“プロ”ではない役者たち。
 
 

それなのに公演を重ねるごとに増える観客数。
今回は公開ゲネプロまで行った。
 


今、大阪・東京・ひたちなか市とある講座。
その礎を築いた人たちがいる。
塾長・芹川藍を講座生に引き合わせてくれた人がいる。
今のA・SO・BO塾の素を創りだしてくれた人がいる。
 

忘れ得ぬ人々。
 
忘れがたき人々。
 

青い鳥も幾人もの忘れ得ぬ人々によっってここまで歩みを進めてきた。
それを肝に据えて8月をむかえる人々…です。

___3

 

2015年6月18日 (木)

「普通の人々」~稽古場にて by 長井八美

先日「普通の人々」の稽古場に行った。本番2ヶ月以上前である。

こんなに早く稽古場に行くことはあまりないのだが、天光さんがバリに行くのでしばらく稽古からぬけるのと、本読みのときに聞いた芹川さんが選んだ曲が気になったせいだ。

何とも気になる、何とも胸騒ぎのする、私が好きなタイプの曲だった。

この曲がどう使われるのか?この曲を選んだ芹川さんの演出意図がなんであるのか気になった。いつもとは違う何かを感じたからだ。

稽古場はいつも清らかな場であるが、今回はいつにも増して澄んだ風が通っていた。芸術を創造する場とは何とドキドキする場であるのかと思う。

天衣さんが短編を書いて、それがメールで送られて来たときから私はその短編が大好きだった。人がかかえているシーンの断片を鋭く切り取った短いストーリーは可笑しくも、悲しくも、せつなくもあった。この作品はどのように上演されるのか、楽しみで仕方がなかった。

作品に演出が息吹をかけ、役者がその中に入って肉体化していく。そして、やがては舞台という場で観客の前に提示される。

その過程は何に似ているのだろうか?と、ふと考えてみた。

子どもを産んで育てていく哺乳類の成長過程ではない。むしろ、あたためていた卵が突然カエルような・・・卵が作品であれば・・・それに具体的な人間がかかわるということは卵がカエルような・・・それに似ているのでは???

では、哺乳類ではなく感覚と感性を持った動物・・・鳥類???

うーーん、何だか生物の時間を思い出して迷宮に入りそうである。

ところで、稽古はどうだったか? ですか?

それはまだまだ言えません。今までの作品とは違う新しい領域、ドキドキするものであったことは確かです。改めて青い鳥のセンスのよさに感激したとだけお伝えします。

どうぞ、本番をお楽しみに!!

完売間近な日もあります。ご予約はお早めにお願いいたします。

Photo

2015年6月 3日 (水)

『普通の人々』~ありがとうございます!~by演出助手・渡辺

『普通の人々』前売が5月31日から始まりました。

10時開始より電話が鳴りやまないず、メールがピコピコ入ってきっぱなし状態。
「ウレシイ悲鳴」ってやつでした。
 

本当にありがとうございました!

おかげ様でというか、現時点でキャンセル待ち日が出ています。
22日(土)13時/23日(日)13時

70席余りの小さな劇場。
どうぞお申込はお早めに!


そして、稽古にもますます力が入っております。
003

台本を何度も何度も読みこみ
イメージを膨らませ
気持ちをつかむ
 

いつもと同じ稽古。
でも今回は「演劇なのにちょっと朗読」な舞台。
この“ちょっと朗読”が手強い。
演出の芹川も頭をひねり、役者を見つめ、心を探る。
001
稽古を重ねるごとに研ぎ澄まされていく舞台の風景。
登場人物が役者によって生きていく。
どんどん『普通の人々』が浮き彫りにされていく。


「ちょっと朗読な舞台」8月、劇場HOPEで目の当たりにしてください。

2015年5月31日 (日)

「普通の人々」前売り速報!by 長井八美

今日も暑い!1日でしたね。

本日より劇団青い鳥ショートショートシアター「普通の人々」の前売開始となりました。

おかげさまで、多くの方からご予約をいただきありがとうございました。
8月22日(土) 13時
8月23日(日) 13時
以上の回はキャンセル待ちとなりました。
他の回は大丈夫です!!
引き続きご予約をお待ちしております。

Img_3915

Img_3913_2

2015年5月27日 (水)

『普通の人々』~31日より!~by演出助手・渡辺

『普通の人々』前売りが31日(日)10時より開始いたします!
 

Hutu

六十男を、徘徊する母を、時代遅れの役者を、失恋の男子高校生を天衣、天光、葛西の三人が演じます。
独立したショートストーリーが紡がれていく、演劇なのに朗読な1時間30分。

天衣の独特な世界を芹川が舞台上に煌き広げます。
 


作:天衣織女 演出:芹川藍 出演:天衣織女 天光眞弓 葛西佐紀

日時:8月20日(木)19時/21日(金)14時/22日(土)13時・18時/23日(日)13時
会場:劇場HOPE (中野ポケッツスクエア内)
入場料:前売 3,700円 当日4,000円 全席指定
※70席です。お申込はお早めに。

31日(日)10時~ TEL:03-3486-7727 FAX:03-3486-7728 mail:aoitori@aoitori.org
(FAX、mailの方は日時、枚数、氏名、ご住所、ご連絡先を明記ください)
 

皆さまのご来場を心よりお待ちしております!