フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「普通の人々」が大槌町に行けるまで〜by天光眞弓 | トップページ | 『人生いろいろあるからさ』by芹川 藍 »

2018年9月11日 (火)

「私のお尻をたたくもの」~ by葛西佐紀

今、わたしを突き動かすもの

――私は、どうやらアコガレているらしい。
   ずっと、ずーっとアコガレているらしい。
   では何にアコガレているのか・・・・・・それがわからない。
   確かに胸の奥のほうで切望しているらしいのだけれど、
   それが何なのか、わからない。

   充実した達成感?共有できる感動?・・・・・・
   勿論、そういう状況に身をおくことは私にとって幸せなことではあるのだが
   このアコガレというのは、どうやらその部類ではないらしい。

   喫茶店で珈琲を飲んでいるとき、無性に泣きたくなることがある。
   風に吹かれて道を歩いている時、長く伸びた自分の月影を見た時
   突然泣きたくなる、あのわけのわからなさと同質のもの、
   寄ってきたる処を同じくするもの・・・(中略)・・・

   どうやらこの得体のしれない、けれど無尽蔵なアコガレが、
   私のお尻をたたき続けているらしい。――

これは2002年「TokyoParisLondonSAKURA」のパンフレットの私の文である。

先日、たまたま事務所でこれを読み返して愕然とした。

変わってない!あまりにも変わってない!!のだ。

15年という“時の旅路”は私を意欲的人間にすることもなく、
熱く切望する未来図を手にすることもなく
かといって尾羽打ち枯らすこともなく
その“アコガレ”の正体が暴かれることもなく

相も変わらず、あの時の私が、今の私の中にいるのだ。

少しは賢くもなって、理路整然と自分を突き動かすもの正体
そのアコガレの正体のシッポぐらいのことについてでも語れればいいのだが・・・

まあ、まあしいて言うなら・・・恥ずかしげもなく言うなら・・・

胸をかきむしるほどの生きている実感、とでもいおうか
ただ、それだけのことかもしれない・・・のだ


そして2018年9月23日、その日がすぐそこに!

アコガレて私は、
青い鳥の「普通の人々」は、
大槌町の人々に会いに行く。ドキドキとワクワクを両脇に抱えて!!

いざ、おしゃっちへ!いざ、いざ、いざぁ~~

   

« 「普通の人々」が大槌町に行けるまで〜by天光眞弓 | トップページ | 『人生いろいろあるからさ』by芹川 藍 »

コメント

心をくすぐり続けるもの。
大胆に、時には遠慮がちに、
荒々しく、時には優しく。
それはいつも私にとって青い鳥そのものだ。

青い鳥のみなさまよりいつも宿題をいただきます。
問題を解きながら『普通の人々』を待っております。

そのアコガレに真摯に向かう葛西先生が素敵です。

先日、ほんの少しの時間、バレーボールの練習をした。するとたちまち、私の胸はときめいた。
楽しい!
いったいこれはなんだ?
この胸のときめきはなんだい?
ボールが好きだ。
回転レシーブ、できるようになるぞ。

東京でときめきながら、青い鳥のこと思ってます。
頑張って下さい。

何かを創り出す人というのは、普段の何気ない風や、光や音に
敏感に反応するものなのかもしれません。
そうして突き動かされ、産み出されたモノモノに、「普通の」私達は感動するのかも。

大変な苦労をして掻き集めた食材に、ある物はそのままの風味を生かし、
ある物はこの上なく手間をかけて作り上げられたフルコース。
何の苦もなく、頂くだけの贅沢さを感謝して、
そこに溺れたいと思います。

急に気温が下がってきました。
葛西先生、お身体を大切になさって下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/74193649

この記事へのトラックバック一覧です: 「私のお尻をたたくもの」~ by葛西佐紀:

« 「普通の人々」が大槌町に行けるまで〜by天光眞弓 | トップページ | 『人生いろいろあるからさ』by芹川 藍 »