フォト
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「プロフェッショナル仕事の流儀風」by演出助手・渡辺 | トップページ | 「普通の人々」が大槌町に行けるまで〜by天光眞弓 »

2018年9月 6日 (木)

天からのお福分け。 BY 天衣織女

ほんとによかった。
人生の後半の後半になって、
こんな出会いがあるなんて。

今、レジェンドさんの(今風の言い方でちょいハズ)ドキュメント映像づくりに
携わっている。
日本初の女性報道カメラマンの方、パフォーマーのさきがけの方、市民運動家の方。
そういう方々に一人でカメラを向けさせていただき、同時にインタヴューもさせていただく。
不器用な私にとって、まるで木下サーカスの空中ブランコ並みの芸当だ。
冷や汗を脇の下にジンワリさせ、胃袋をギューとさせ、
思わず天を仰ぎ、これって修行?とつぶやきたくなる時もあるけれど、
あぁ、これって天からのお福分けなんだと、思い直す。

この方々は、傍らに「辛酸」や「孤独」やひょっとして「後悔」も、そして気高き「誇り」を
鎮座させ、いまだに戦っておられる。
悠々自適とかご隠居生活なんて、微塵もなく、
いまだに何かを探して戦っておられる。
そういう方々を映像におさめさせていただく。

涅槃のポーズが大好きな私。
そう、腕枕をしながら、もう片方の腕の、タコせんべいでしょっぱくなった指で
テレビのチャンネルを変え、その指でポリポリとおしりをかく。
そんなナマケモノの私に、こんな出会いがあるなんて。

そして今夜もまたもう一人との出会いが・・・。
いや一人ではなく、もう一匹との出会い。
少しストーカー気味だが、付かず離れずの距離感で、
お互いグダグダと時をともに過ごす。
気が向けば、夜の猫集会に出掛けているようだ。

我が家には「あたたかみ」が鎮座している。
これは、天からのお福分け以外のなにものでもない。

Win_20180818_171846_6


« 「プロフェッショナル仕事の流儀風」by演出助手・渡辺 | トップページ | 「普通の人々」が大槌町に行けるまで〜by天光眞弓 »

コメント

織女さん、ニャンコ先生。
お元気ですか?
念願は人格を決定す。継続は力なり。
という言葉を思い出しました。

人にはそれぞれ、得手不得手(えてふえて)があると思っています。
苦手なことや、ちょっと頑張らなくてはいけないことがある時、
「今が人生の修行の時!」と思うと、少しだけ前向きになれるように思います。
冷や汗をかいて頑張って、ドキドキしながら新しいモノやヒトとの出会いを果たされている織女さんに、
見返り美人の猫さんと共に、
たくさんのご褒美がありますように。

今年の夏をお元気に過ごされているご様子で何よりでございます。

猫のとこに食いついてもいいですか?いいですよ。ありがとうございます!

粋な関係なのですね。
猫に対しては人間は大抵ストーカー気味になりますのでそれは良しとして、たまに来る子と野暮な関係にはならない、そういう関係だからこそ「お福分け」
執着しない、溺愛しない、必要以上に擬人化しない。

お福はそういう人の中にあって感じ取れるものなのですね。
執着したら失うのが怖くなる。それはもうお福ではないのです。

わかっているんだけれどもどもども、少しずつ私もお福を感じ取れるようになりたいです。

"「天からのお福分け」………なんて素敵な言葉でしょう!

「修行」「ストーカー」などが……………「天からのお福分け」……………と感じるとは!

色んなチャンス・出会い・巡り合わせを自分の中で「ありがたく」楽しむ。

辛くても、大変でも、心臓がキュンキュンしても、それに真正面からぶつかって行った先には喜びが!………

素敵な出会いに乾杯♥️

そして、付かず離れずの関係が気持ち良さそうですね👌✨"

天衣さん、可愛いねこさんといる姿見てみたいです。

可愛い❤️
お福分けちゃん❣️

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天からのお福分け。 BY 天衣織女:

« 「プロフェッショナル仕事の流儀風」by演出助手・渡辺 | トップページ | 「普通の人々」が大槌町に行けるまで〜by天光眞弓 »