フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 吹き飛ばされた、その先~by葛西佐紀  | トップページ | 「癒しの旅はいずこへ」by長井八美 »

2018年7月15日 (日)

『旅に出たいのに…』by芹川 藍

「旅に出たいsign03
「坊主になりたいsign03

ボロボロになった仕事が終わったあとなどに、必ず口にする私の言葉である。

テレビで素敵な古民家が。。。朝市場が。。。
古いギリシャの街並みが。。。遠くへ行きたい。

でも、でもひとりじゃ行けない、怖いし、巻き込まれるし。。。

未だに、外国での試着室から誘拐されて売られるのではなかろうか、と思うし。

「お嬢さんどうしたんだい」
安心してついて行くと、とんでもない所に連れていかれ、とんでもない迷子になり、世界のどこかで途方に暮れてるのではないか、と思うし。


かつてはひとりで行ったんです。
長崎にも東北にも京都の嵯峨野なんて何回も行ったんです。

それがそれがですよ。
学生の頃、今もあるか分からないけど京都駅前の、レディースホテルの相部屋に泊まった時でした。

一緒になったのは訳ありの女の方。

「あのう…明朝、彼の車に一緒に乗っていただけませんか?」

まあ、先を急ぐ旅でもないし…。

朝早く、ホテルの前にはジープがドカン。
運転席には、がっちりな男性。

今さら断れないし…ねぇ~
まあ先を急ぐ旅じゃないし。

「ちょっとうちに寄っていいですか⁉」
「うち?は、はい」

寄るとそこのアパートには、まだ小学生前とおぼしき子どもが二人。
朝ごはん食べさせて…。
「パパは?」
「おちごといった。」

なんだなんだ????

ふ、ふ、ふ、ふりん…不倫。
駆け落ちの片棒を担いだわけ?
「友達も一緒だったもん」の言い訳材料?

まるで親戚のおばさんのように二人の子どもと遊んであげた…。二時間。

まあ、先を急ぐ旅じゃないし…。

ようやっと「嵐山へ送ってあげますよ」

「は、は~いsign03
子どもたちは置いてきぼり。
イチャイチャ不倫カップルの後ろの席でクタクタ。

昼過ぎに嵐山へ。

「ご馳走しますよ」と、それほど好きではない湯豆腐をいただき…サヨナラしたのは三時。

つ・か・れ・た。

あ~あ、坊主になりたい。


追伸
旅のスゲー話はまだまだあります。

Dsc_2906_2 


Dsc_2902_3


« 吹き飛ばされた、その先~by葛西佐紀  | トップページ | 「癒しの旅はいずこへ」by長井八美 »

コメント

私も、外国での試着室から誘拐されて売られるのではないか、と思っています。

でも先生、お若い頃見ず知らずの人の車にお乗りになったんですね。
ご無事でなによりでございました。

ドッキンドッキンしながら、旅のスゲー話しを伺いたいです。

「人生は旅である」などと言いますが、出不精の私から見れば「人生は起きて食べて掃除して寝るの隙間にちょっと風が吹く」程度のもんだと思えます。ドラマチックではないけど、それが繰り返されるのは平穏であり貴重です。
でも、坊主ではないですが金髪にはしてみたかったなあ。金髪で風に吹かれてみたかった、と思う人生です。

去年でしたかセブ島へ行かれたお話に、すごーい!!と
驚くばかりでした。
旅のスゲー話、ぜひ伺いたいです!!!

先生、私も「どっか行きたい」「坊主にしたい」時があります。
前は「出家したい」もありました!
今はなりをひそめています。なぜだか自分でも、よくわかりません。
ぺーちゃんが旅マップを真剣に見ている姿、かわいくて愛しいです。
今年も海外に行かれるのですか?ビール、冷えたビールが飲めますように~♪
新しいことにチャレンジするには勇気と覚悟が必要ですね。
私も大好きな空を見上げて一歩一歩進もうと思います\(^o^)/

一人旅憧れます。でもしたことがありません。今となっては自信もありません。先生の旅のスゲー話し楽しみにしています。

芹川さんの旅の話しにも驚きましたが、
私は芹川さんが僧侶になりたいのかと思いました。
また、大変な道を歩まれるのだ、とか思ってしまいました。
髪の短い坊主さんですね。
了解致しました。

20年ほど前、沢木耕太郎の「深夜特急」に憧れて、言葉もわからないのに香港ツアーに一人で参加したのを思いだしました。
ホテルの部屋に到着してヤレヤレ~と腰を下ろしかけた自分に、待て!このまま外へ行け、と命じました。座ったらビビって動けなくなってしまいそうだったので。
まずホテルの周囲を何周かしてその後信号を渡って、と少しずつホテルから離れて行きました。

10年以上たって、ふとした街の匂いに「あ、香港の匂いだ!」
一瞬にしてあのホテルの裏通りの景色と不安な気持ちが甦りました。それまで一度も意識したこともなかったのに「匂い」の記憶の凄さにびっくりしました。
でもその匂いの記憶はまた、すぐ 消えました。
一瞬のプレゼントでした。

"お疲れ様ぁ~🎵 旅!! 荒野を目指せ!!

きしいちゃん、長井さんではありません。間違えてませんか?先生、芹川さんのブログですよ。

大阪の「ホテル大洋」で、お風呂で一緒になった女の子に声をかけたら、
オーストラリアからの観光客でした。
カタコトの英語で海外交流⁈
ちょっと覗き見するだけなら火傷知らずですが、どこかに連れて行かれるのは怖いです。
昨日、髪をカットに行きました。
「夏を乗り切れる髪型に」
コメカミの所を、密かにバリカン刈りしました。
ちょっと覗き見坊主です。
先生も如何でしょうか?

ええ〜〜❗️すご⁉️長井さん、凄い体験。
私も一度でいいからそんな体験したいです。
好奇心旺盛な私。ひとり旅好きな私。
でもないなぁ〜〜そんな出会い。
まるでドラマのような体験してみたいです😊

わたしも坊主に憧れています。 あっ、ちょっと意味が違いますね。 スッキリ、剃髪したら、気持ちイイダロウナアーと❤️ しかし、日常生活で坊主になると、変な目で見られるから、普通に暮らせなくなるので、やらないです。 でも、一度チャレンジしてみたい!デス❤️

旅に行けずとも、坊主にはなれる…。
楽しみにしています。

えっ?えっ?え〜っ!!

すごい申し出を断らなかったんですね!
しかし!事実は小説より奇なりですね、(^◇^;)

あのね。ぺーちゃんの両足のピーンってなってるところが、
とても可愛いです。
そこに はまりました!

綺麗なパジャマも似合ってます!

また、旅の思い出、聞かせてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/73850796

この記事へのトラックバック一覧です: 『旅に出たいのに…』by芹川 藍:

« 吹き飛ばされた、その先~by葛西佐紀  | トップページ | 「癒しの旅はいずこへ」by長井八美 »