フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ”トシ忘れる問題”と理想のスニーカー〜by天光眞弓 | トップページ | 『悪夢は続くよどこまでも』by芹川藍 »

2018年6月12日 (火)

川の水は絶えずして・・・なのに~ by葛西佐紀

久しぶりに恐ろし~~い夢を見た。芝居本番の恐ろし~~い夢を!!


  私は楽屋にいる、何故か、横で高彩裕子がアイロンがけをしている・・・
  私はまだ衣装も着けていないのに、突然初っ端の曲が流れだした・・・
  えっ!!う、うそ、うそでしょ!!と慌てて衣装のセッティング場所に飛んでいく・・・

  すると、きちんと衣装転換順にピラミッドのごとく積み上げて準備してあった衣装が、
  何故かグッチャリ崩れて、『古着は米表へ売ろう!!』状態になっている・・・


  何故!!どうして!!・・・えっとぉぉぉ・・・私は一体何を着ればいいんだっけ?えっとぉぉぉ・・・
  落ち着け、落ち着けぇ~~

  私はとにかく、どうとでもなるだろうコートを引っ掛け、高彩さんから手渡された鉢巻をして
  どういうわけか・・・とりあえず消火器を持って、舞台へ走りこむ・・・

  すると、反対のソデから芹川藍が鉢巻をして、コートを引っ掛け、
  これまた何故かズボンを片方引きずって走って出てくる・・・

  私は小声で「これ、何の芝居だっけ、何の芝居やるんだったんだっけ??????」
  芹川さんは絶望的な顔で、只々首を横に振るばかり・・・

  私は、消火器を抱きしめ、どおすんの!どおすんのよぉぉぉぉぉ!!!!と叫んで目が覚めた。


芹川さんの困惑の顔があまりにもリアルだったので、もしかして芹川さんも今同じ恐い夢みてたんじゃないかなぁ
ってふとんの上で思ったわけで。

それにしても、どうして今、こんな夢を見るんだろう・・・と考えた。

思い当る節はある・・・


テニスの全仏オープンをテレビで観た。錦織くんは残念な結果だったが、気になったのはそこではない。

ネット脇で片膝ついているボールボーイ、コートの後方で直立して待機しているボールボーイくん達である。

ボールが転がるとサササ――ッと忍者走りで拾い上げ、逆サイドへ
選手が手を出すと、タオルをササッと出し、サササッと受け取り元の場所へ
自分達はそこにいなかったように、しかし確実に機敏に役目を果たすボーイ達。

使命感と緊張感と、ある種の誇りと、喜びを持って・・・
ああ~この動きと、この感じ・・・・・・何かに、誰かに・・・似ている・・・う~~んこれって・・・

ああぁぁ~青い鳥演出助手の渡辺なほみだっ、舞台の仕込みの時の渡辺さんだぁぁっ!!

そこに思い至った途端

ああ~大阪A・SO・BOの人達は今本番に向けてまっしぐらなんだろうな、最後の追い込みに入っているんだろうな
大変だろうな・・・と思った途端

ああ~そうだ、私もうかうかしてると、9月の東北、大槌町公演「普通の人々」がアッという間だっ!!


とまあ、こんな具合に、私の思考が数珠つなぎで流れていったの結果の悪夢だったに違いない、のである。


それにしても、どうして芝居本番の夢って、いつもいつも冷や汗とあぶら汗と絶叫なんだろうかっ

人は歳をとり、世界は目くるめく変わっていくというのに、
“行く川の流れは絶えずして、もとの水にあらず”だというのに、
どうして芝居本番の夢は決まって相も変わらずの、ハラハラもんの一点張りなんだろうかっ


一度でいいから、一度でいいから

飛び切り上等な、これでもかってなぐらい極上の夢のような夢を見てみたいものだっ!
と思ったりするのである。

« ”トシ忘れる問題”と理想のスニーカー〜by天光眞弓 | トップページ | 『悪夢は続くよどこまでも』by芹川藍 »

コメント

夢のリアルさに動機がとまらないです。。

9月の大槌町、カレンダーに書き込みました。

行けるかわからないけど、ドキドキします。

面白いです。
葛西さんと芹川さんのお二人を想像して笑ってしまいます。
是非お二人の悪夢のような、その舞台を見てみたいと思いました。

なんてリアルな夢なんでしょう~!状況と表情が浮かんできます!
まだ舞台の夢は見たことがありませんが(ホッ!)ASOBOの夢は何回か見たことがあります。
ASOBOに行ったはずなのに、そこはまるで「東京○○パーク」みたいで、
関口さんが出てきたら、少しは納得できるのですが、そこは??ASOBOなので芹川先生が
みんなに掛け声を掛けている。「いけ~!いけ~!」と、
(えっ!?なんで、なんで~!!やらなアカンのん!?)
ペアを組んだきみちゃんが「先生がいけって言うてるんやから行くでかめちゃん!」
なんか必死で飛び出して行ったところで目が覚めました。
何年か前に見た夢なのに今もしっかり覚えています。
夢のASOBOではなく、今、7月8日の本番に向けて、みんなで必死にがんばっています!
青い鳥9月公演、大阪からみんなで応援しています。(^-^)/


今夜は、その夢の続きを見てみたい。
実は、コートの中はパジャマで、芹川さんも寝坊して劇場に駆け込んだ所だったとか。
恐ろし〜い夢を引き継いで、極上の夢に変えてみせましょう、なあんて言ってみたい。

私はわかりました、葛西先生。
先生の演じられる◯◯◯という役の、あの愛しさの理由、それは先生の存在そのものです。
先生というお方は、その役の人を思って思って思って、そうしてその思いで一杯になって
◯◯◯という役で感情を言葉を発せられます。正直な素直な心でその役の思いを語っておられます。
先生を通してその役の人そのものを見て、私は自分の心の中の優しい部分を思い出させていただいている、
ということなのだと発見しました。
ですので先生、れいの夢は恐ろしく、じゃなくて恐らくたぶんずっと続くとかと思われますが
恐い夢の代わりに先生に愛をいっぱい送ります。
9月東北、大槌町公演「普通の人々」を楽しみに待っております。

私の心の大半を占める青い鳥が、どんどんどんどん増えていきます。

"とびきり上等な極上の夢のような夢………何だろう………? それぞれ違うんだろうなぁ✨ 夢って、ツジツマが合いません。先日も変な夢をみました。 ある有名人とある有名人が結婚している夢です。あり得ない組み合わせです。何でだろう? しかし、絶叫と冷や汗、あぶら汗のハラハラする本番の夢にウナサレテいることを想像すると、恐ろしいです。 でも現実の本番では、いつも素晴らしい感動をいただいています! そして、ササササーの渡辺さんにもお世話になっております。 大阪ガンバレ! 青い鳥ガンバレ! 応援しています❤️"

本番の悪夢←大阪A・SO・BO塾公演←サササーッ!の渡辺さん←ボールボーイ。
東京A・SO・BO塾も、いつも渡辺さんのサササーッ!に助けられています。
それは観客でいる時には全く見えず、時には出演する側であっても、自分のことに夢中で気付かないこともあります。
でも…それが黒子の真骨頂であり、カッコよさなのかもしれません。
ノーテンキな性格で、高熱でうなされた時以外に悪夢を見ることはありませんが、
悩み事があって寝る前に悶々としていると、朝起きた時、1番にその悩み事が頭に浮かびます。
朝から悶々としたくないので、寝る前は難しいことを考えずに楽しいことを思い浮かべて寝るよう心がけています。
大阪A・SO・BO塾の公演…ひたちなかでのBBQ…青い鳥「普通の人々」…
楽しいことい〜っばいです!

さささの渡辺さんで一番に思い出すのは、ASOBOのモモエさんの時、ラストの松子さん早着替えで暗転の中、エレベーターガールの帽子を捧げ持ち、松子さんの前にさささと座り渡した後でコートをサッと拾い、ささささーと舞台袖に戻って来はったあの所作。
あの一連の動きの美しさ。

時々、台詞全忘れの夢を見ます。
たいてい舞台上で矢吹ジョーとは違う意味で真っ白になっている恐ろしい夢です。

佐紀さん。
きっときっと、冷や汗ものだったと思います。

私の舞台の夢は、衣装がない、楽屋の場所が見つからない、ちびっこたちの誘導が間に合わない、振りが入ってない。などの非常事態のことばかりです。

ほんとに極上の幸せな夢を見てみたいです。

夢で、泣いたり喚いたり焦ったりしてどっと疲れて起きる朝❗️

人ごとではないなと思いました。

大阪のみなさま。
青い鳥のみなさま。

本番まで、突っ走ってください〜❣️


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/73666542

この記事へのトラックバック一覧です: 川の水は絶えずして・・・なのに~ by葛西佐紀:

« ”トシ忘れる問題”と理想のスニーカー〜by天光眞弓 | トップページ | 『悪夢は続くよどこまでも』by芹川藍 »