フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 『悪夢は続くよどこまでも』by芹川藍 | トップページ | 「自分が観てると負けるんじゃないか恐怖症」~by近内 仁子 »

2018年6月18日 (月)

「梅雨になると咲く花」by 長井八美

花は季節を教えてくれる。

以前住んでいた家のベランダには、「アカパンサス」の鉢がたくさんあった。
「アカパンサス」は紫色の花が咲き、茎がスーッと伸びたのが気持ちのいい花だ。
母は「アカパンサス」が好きだったので、花が咲くと、なるべく茎を長く切って、花瓶に生けて二人で眺めていた。
「アカパンサス」が咲くと梅雨だ。本当に梅雨が似合う花だと思う。

ものすごく生命力の強い花で、隣の鉢から鉢へと陣地を広げ、ベランダは「アカパンサス」に占領されつつあった。そのときに小さいながらもお庭がある渡辺さんに、きっとお庭ならもっと自由に生きられるのではないかと思いもらってもらった。

先日、渡辺さんがお庭に見事に咲いている「アカパンサス」の写真を見せてくれた。そのすごさに感動し、育ててくれた渡辺さんに感謝した。母に見せたいと思って、切ってもらった。

翌日、切ってくれた「アカパンサス」を見て、また驚いた、うちのベランダで咲いていた時よりも大きくて立派だ!鉢植えと庭に植えるのとでは、こんなに違うものなのだ。なんだか、人間の生活にもあてはまるようで考えさせられた。

母の写真の前に「アカパンサス」を飾り、毎日眺めている。

うちのベランダでは「アカパンサス」が終わるころに「クジャクサボテン」が咲いた。真っ赤な花は、夏の訪れを告げてくれた。

今のところに引っ越すときに、ベランダがせまいので鉢植えをほとんど処分した。やっぱり、花が咲くのはいい。狭いベランダにもまた花を育てようと思う。

2

« 『悪夢は続くよどこまでも』by芹川藍 | トップページ | 「自分が観てると負けるんじゃないか恐怖症」~by近内 仁子 »

コメント

このお花と、長井さん、が、連想です。
こちらも、咲いていて。見るたびに送受信。

長井さんのお花が咲いたら、見たいです。

さっき、山の方から蝉の鳴き声が届きました。!!!

なんとも素敵な色合いですね。
梅雨もまたいいなあ。って感じさせてくれる花ですね。
お母様、きっと、喜ばれて空の上から、見ていらっしゃいますね。(^-^)

「アカパンサス」という名前なんですね。
長井さんとお母様のお陰で花の名前をひとつ覚えました。


母の好きな花ってなんだろう、そもそもあるかなぁ、会ったら聞いてみようと思います。

今日、通りかかった家の庭先に涼やかな紫の花が咲いていました。
花の形が写真と同じだったのですぐにわかりました。
とても背が高く、大きな葉がこんもりとしていて、殺風景な隣の空き地でひと株育ててみたくなりました。
ネットで調べたら、この花は「愛の花」だと載っていました。
ギリシャ語の「アガペー」が語源なのだそうです。
肉親の「無償の愛」の花。
長井さんとお母様の花ですね。

犬と花って似てませんか?
そこにいるだけで、あるだけで癒される。
ある日、床の間にもトイレにも花がなくて
「お母さん、家にお花がないと淋しいね」
と言った私の言葉を、母も覚えていてくれた。
月に3回、家でお花のお稽古をしているが、翌朝、自分でいけた花を見て「わあ、ステキ。誰がいけたんだろう」と自画自賛の日々である。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/73704465

この記事へのトラックバック一覧です: 「梅雨になると咲く花」by 長井八美:

« 『悪夢は続くよどこまでも』by芹川藍 | トップページ | 「自分が観てると負けるんじゃないか恐怖症」~by近内 仁子 »