フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« あるはずのない桜を思い、宙を見つめる気持ち By 天衣織女 | トップページ | 川の水は絶えずして・・・なのに~ by葛西佐紀 »

2018年6月 9日 (土)

”トシ忘れる問題”と理想のスニーカー〜by天光眞弓

ある日、芹川さんが渡辺さんとの会話を報告された。
〜〜〜
芹川さん「(何が体にいいか、悪いか)いっぱい知りすぎて、耳年寄りになっちゃって~」
渡辺さん「いや~芹川さん、耳だけじゃないですよ、全身ですよ」

ん!? 
そ、そうか、耳だけじゃない、“年寄り”になってるのは。

私も忘れてる、それ。
耳だけじゃないって、それ、忘れてた。

「年齢なんて忘れてやりたいことをやればいい」
っていうのと、な〜んか違う気がする〜
どうも何か「忘れてる」

*新聞の求人欄、ネットのアルバイト情報を読む
何かいいバイトないかと真剣になる

*雑誌“ハルメク”“クロワッサン”よりも“ミニ”にときめいてしまう

*インドネシア、行ってない島がいっぱいだし、行ってみるか〜バックパッックで。

*今、ささやかに欲しいものがある。
完璧に白いスニーカーというか、ズックというか、運動靴というか

それは真っ白でなければならなくて。
これ見よがしのブランドのロゴなんかあってはいけなくて。
ゴジラみたいな、がっしり地面を踏みしめる風な靴底ではいけなくて。

でも、今となったら、こんなトシになったら〜〜〜
足の裏にかかる衝撃はそぉっとカバーしてもらわないといけないし。
足先も柔らかく、しっかり守ってもらいたいし。
このトシになったら〜〜〜
やっぱり、どうしても、がっしり、ガツンとゴジラ系?

理想のスニーカーを空想していただけなのに。
いつの間にかトシ、思い出すことになってしまいました〜!


この頃気に入っているフレーズ。
「私ってば、トシ取ってるもんだから」
「トシ寄りにはさっぱりだから」
「私、来年から地元のバス無料!トシ取ると嬉しい事あるね」

ちょっとお腹でクスッと笑って
「大丈夫、忘れてないよ、自分のトシくらい」
とりあえず、自分に言う。
トシなんか忘れないで、真っ白のスニーカー履いて
「はい、もうトシ甲斐もなくこんな格好で・・・」って言ってみようっと。


Photo


« あるはずのない桜を思い、宙を見つめる気持ち By 天衣織女 | トップページ | 川の水は絶えずして・・・なのに~ by葛西佐紀 »

コメント

"もう、可笑しくて、大笑いしました! 耳年寄り 全身年寄り 怖ーい…… 私は「年だから……」の口ぐせを注意されたことがあります。 気づかないうちに、つい自分の若い頃と比較して「年だから……」と知らず知らずに口ぐせのように言っていた時がありました。 しかし、気づいてからは言葉にしていません。 (今)の私に出来る事にチャレンジです。 白いスニーカー……いいですよね。おしゃれだと思います。 私は、真っ赤なスカートでフラメンコを習い始めました❤️"

トシなんか忘れないでも縛られないで、颯爽とかっこよく!

きゃ~あこがれます(^^♪

真っ白いスニーカー めちゃくちゃカッコイイです♪
さりげなく普通、さりげなく 年齢を重ねてるです。
年齢相応????の相応がなるものよく分からなくても良いです。

いいんです、全身年寄り?でも
自然に年齢重ねてるだけですから!
若者にはなれないけど
年甲斐もなくっても良いのでいまのまま
そのままでカッコイイです。
真っ白いスニーカーが流行っても
若者には真似できない カッコよさは
年を取らないと演出できません。


時は容赦なく過ぎますね。

でも、天光さんはそんなのなんのその、いいですね白いスニーカー。

先生、すてきステキ素敵です。

ブログを読みながら、先生のくるくる変わる表情が見えるようで私もニーっとなってます。

耳年寄りじゃなくて、全身年寄り?
年相応とかよくわからないので、生涯現役なんだと思います。
わあ、天光さん。
真っ白いスニーカー。
今度、踏みに行こうっと。

白いスニーカー、今若者の間でキテルらしいです。
なんかの広告に書いてありました。(なにかは忘れた)
あえて「はずす」ためのアイテムらしいです。

80年代、90年代ファッションもキテルらしいです。
シャツの裾をパンツやスカートにインするとのこと。
なんかのテレビで誰かが言っていました。(たぶん言ってた)

私もトシ(これは覚えてる)甲斐もなく、そんな恰好で堂々と歩いてみたいです。

ご自身で感じておられるだけでなく、周りから見てもとてもお若くて。
「年相応」になる必要など、これっぽっちもないと思います。
白いスニーカーが、とてもお似合いです!

A・SO・BO塾で、「ベンチの老婦人」の会話をする時に、芹川先生が
「90歳くらいのオバアサンの感じで」
と、おっしゃったので、塾生全員「えぇえ〜〜⁈」
「だって老婦人なんだもの。天光さんみたいじゃないの。
あんなに元気じゃなくて…もっと、オバアサンぽくなのよ〜」
言われて、「ああぁー、たしかに…」
と、皆おおいに納得したのでした(о´∀`о)

ちなみに、我が家のオバアチャンは93歳。
やりたくない事は
「もう歳だからねぇ〜…オバアチャンには無理だわ…」
やりたい時は
「年寄り扱いしないでおくれ!」
と、自由自在に使い分けております。あっぱれ(笑

保護猫に話しかけるとき
「おばちゃんがきれいきれいにしてあげるからねー」「おばちゃんと遊ぶかな?遊ばないかなー?」
「おばちゃん」を連呼するのに全く抵抗ないですが「おば(あ)ちゃん」はもうちょい先にしたいと思いつつ。

きゃーっ素敵!天光さん!いつまでも白いスニーカー履いて、バッグパッカーであっちこっちに旅行して下さい。

くすくす笑っちゃいました。真っ白のスニーカー素敵です!がっしり、ガツンのゴジラ系‼かっこいいです。
それよりなにより、てんこうさんの気持ちが素敵でかっこいいです。颯爽と歩くてんこうさんの姿が見えます♪
(^-^)/

天光さん!白スニーカー、素敵です❣️

いつまでも、トシは忘れないでも、かっこよく、颯爽と、可愛く、ずっとずっといてください。

私も追いかけていきたいです❣️

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/73649428

この記事へのトラックバック一覧です: ”トシ忘れる問題”と理想のスニーカー〜by天光眞弓:

« あるはずのない桜を思い、宙を見つめる気持ち By 天衣織女 | トップページ | 川の水は絶えずして・・・なのに~ by葛西佐紀 »