フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「ちょっとこんなんしてみたら、、」by高彩裕子 | トップページ | ナッツ姫のタッパ、水かけ姫のタッパ、私のタッパッパ By 天衣織女 »

2018年4月27日 (金)

『世界がうまく回る訳』by演出助手・渡辺

「色気」「華」「オーラ」というワードがある。
ドラマや舞台、スポーツにおいても老若男女関わらず
「あの人って色っぽいよね」「この人、華があるわ~」と感じることがある。

「色気」や「華」「オーラ」を感じる正体はなんなのか…。
持ってうまれたものか、培われたものか。


それとは別に「好み」「嗜好」「タイプ」というものがある。

かつて青い鳥の事務所は表参道にあった。
東京の、日本の流行の発信地。
道行くのはアパレル関係だったり、ギョーカイとおぼしき人々だったり。
皆、流行の先走り感が半端なかった。

そんな人々が闊歩する街で、ニッカポッカに長Tシャツ、頭にタオルを巻き、地べたに座り込んでコンビニ弁当をかきこむ兄ちゃん。
工事現場でメットをかぶり、汗だくになりながら交通整理をする姉ちゃん。

私はどうしても兄ちゃん、姉ちゃんに目と心がいってしまう。
「いいなぁ~」と思ってしまうのである。私的色気を感じるのである。

かたや、ポールスミスで全身決めまくり、iPadを手にcaféでくつろぐ人に目線琴線が傾く人もいる。

その瞬間、その人の性格まではワカラナイ。
それはもう好み・嗜好・タイプである。

先日、青い鳥の中では私と好み、嗜好、タイプが似ていると思われる葛西さんに「某棋士さんって色気ありますよね」と話すと、「ウソッ!」と言われた。

違いがあるから世界はうまく回っている。

ここはひとつ、恋愛名誉教授の芹川先生に「色気」「華」「オーラ」「好み」「嗜好」「タイプ」について特別講義を開いてもらいたい。

Serikawa

 

« 「ちょっとこんなんしてみたら、、」by高彩裕子 | トップページ | ナッツ姫のタッパ、水かけ姫のタッパ、私のタッパッパ By 天衣織女 »

コメント

芹川さんの「恋愛特別講座」 想像しただけで 
面白そう!

そうそう 以前 青山で青い鳥のお芝居を観に行った時
ふら~っと 入ったラーメン屋
北海道から飛行機に乗って青山でおしゃれなお店ではなく
ちょっと油染みたラーメン屋に心惹かれて入ってしまった。
荷物を床に置く選択はできないほどの薄汚れた感じだったが
どうやら、私の鼻は確かだった。
美味かった! 
美味い!さすが私!と お会計の時
ようやく、周りの客層に気づいた。
頭にタオルを巻いた作業員さんがいっぱい。
なんか、嬉しかった。

そんな私はいつでも中通、裏通りが大好きで
空調の室外機からもれるふわ~もわ~っとした
決して心地良くない風に吹かれると元気が湧く。

ひとそれぞれで面白いですね!

私も、芹川先生の「恋愛特別講座」聞きたいです。
今日のASOBO塾で、色気は陰りと仰っていましたね。
芹川さんの魅力は、包容力。
何をやっても上手すぎて、何にも言えねえ、という感じです。

芹川先生その講座の時は、前もって告知して下さい。ぜったいいきます。

芹川先生

是非ぜひ、開いてくださぁーい。
先生の体験談が聴きたいでぇーす。

お願いします!

芹川先生の講義を聴きたいです。
聴講生になりたいです!

ちょっと油断してる時の渡辺さんとか、ダンスの時、途端にエロくなる佐紀さんの目線とか、ウォーキングの時の、天光さんの柔らかい腰つきとか、ボイスパーカッションしてる時のアーティストの唇とか、想像妊娠しちゃった犬の昼寝姿とか。
その人の指先、声、言葉、鎖骨、筋肉のつきかたとか、色んなものに色気を感じる。
私をさらって欲しい感じ、時が止まった感じ、心が奪われる感じが好き。
たとえ、世界が壊れても。

『恋愛特別講座』開きましょ。

違いにギャフンとなって思い込みの枠が外れるんですね。

先生のスマイルを見て、今日も元気に行ってきます。

「頭にタオルを巻き」の部分で、思い切り相槌を打ちました。good
私の場合は、正確に言うと「頭に手ぬぐいを巻き」に、くらっときます。
家を解体中のお兄さん、ラーメン屋さんのお兄さん…
そう、手ぬぐいというアイテムのもたらす「何か」にやられるのです。
とはいえ、解体工事にはそうそう出くわさないし、
ラーメン好きでもないから滅多に入店しないし…
なかなか出会えないのもハッとしてグッの要因かもしれません。

この密やかな嗜好が何かを回しているかはわからないけれど、
芹川先生に、この「頭への巻き物好き」のココロを分析してもらいたいものです。

田舎の道端でお弁当を食べてるオニイサンは、風景にマッチしちゃってますけど、
表参道の建築関係のオニイサンは目立ちますね!
初めてクレヨンハウスの前の通りを歩いた時、
すれ違う人の洗練されたファッションに驚きました。
自分が着ていた茶色のユニクロのダウンコート、
それまで忘れていた袖の垢じみが急に気になったりして。

色気と聞いて浮かぶのは、月並みですけど
坂東玉三郎の女形の着物姿、そして同じく、下町の玉三郎
梅沢富美男のやはり女形姿です。
なぜか男性、そして
なぜに女形?
不思議です。

宝塚の話していいっすか!?宝塚夢の宝塚!
最近数あるジェンヌさんの中でも飛び抜けて色気のあるジェンヌさん見つけまして、月組2番手の美弥るりかさま。
カッコいい人綺麗な人お歌のお上手な人お芝居上手い人いろいろいっぱいいる中で、みやさまがダントツなのはなぜだろう。
身についた色気、舞台人としての色気、役が身体の底にタッチしてる色気。ああ素晴らしい。素晴らしきかな人生。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/73373751

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界がうまく回る訳』by演出助手・渡辺:

« 「ちょっとこんなんしてみたら、、」by高彩裕子 | トップページ | ナッツ姫のタッパ、水かけ姫のタッパ、私のタッパッパ By 天衣織女 »