フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「心の風に吹かれて」by 長井八美 | トップページ | 「ちょっとこんなんしてみたら、、」by高彩裕子 »

2018年4月21日 (土)

「私の中のケンジョーちゃん」〜by近内 仁子

春先、風邪をひきまして。

その後、熱も咳も鼻水も収まったというのに

なんだか鼻の奥が腫れてるのか

鼻声が治らなかった時期がありました。

吹替の現場に鼻声で行く訳にいかず

ありとあらゆる手をこうじても治らず

どうしよっ💦どうしよっ💦

と頭を抱えておりました。

そんなある夜、眠りに落ちそうなウトウトの時

詰まってるその場所に意識をやると

そうだ、ここ、前に鼻の奥がヒリヒリ痛くて、風邪ひくかなー?喉まで痛くならないかなー?と不安だった、その部分だと気づきました。

体は時に腫れて、外界の物をの体に入れない様にガードするといわれてます。

おや…

腫れてガードししているのは

その痛いくて心配だった所を守ってくれてるのでは?

痛いその場所を、痛みが無くなってもずっと私を守ってくれたのかもしれません。

なんだか、その時、

「普通の人々」の中の

「Sir.K」という作品の

大好きで大好きで尊敬する役者さんを傍らでを甲斐甲斐しくお世話をするケンジョーちゃん」を思い出しました。

「痛い痛いですよ」と

ずっと守ってくれていた気がしたんです。

「もう大丈夫。

もう痛くないから大丈夫。

風邪も治ったよ。」

と声をかけると

ケンジョーちゃんは

「はい!もぅ大丈夫!もぅ大丈夫ぅ!」

と走り去っていった気がしたのでした。(夢うつつのイメージですよ)

で…ほんと…

次の朝、夢のように鼻の奥の詰まり・腫れは収まり、鼻声は無くなっていました。

どびっくり。

よく分からない痛みや熱やこわばりも

自分の体を外敵から守ってるのかもしれません。

無意識に、不安や「守って」と言ってなかったか、思い出してみて下さい。

そして、もう大丈夫なら

自分の中の必死に守ってるケンジョーちゃんに

大丈夫だよって言ってみると

その痛み・腫れ・こわばり…

変化していくもしれません。

« 「心の風に吹かれて」by 長井八美 | トップページ | 「ちょっとこんなんしてみたら、、」by高彩裕子 »

コメント

「けんじょうちゃんの大丈夫」で思い出したのですが、
わからなければモモエさんに聞けの百貨店の部長さん、
心身ともに疲れきっていて、ふらふらで 、部下が「大丈夫ですか?」って聞くと「大丈夫じゃないみたい~」って言う。
あんな風に言えたらいいな 。って、その時思いました。

ケンジョウチャン、なるほどね。体に気をつけてみます。

ちゃんと痛みに気づける仁ちゃんは、プロなんだなと思う。
私はウソをつくので、自分の言う「大丈夫」ほどあてにならないことを知っている。
我慢強くていいことはない。
32歳の時、自己免疫疾患にかかった。
これはきっと、神様からの贈り物。
今も月1回通院しているが、そうでもしないと自分の体を大事にしないから。
もしかして、あなたはケンジョーちゃんですか?

"「不安」……が「痛み」を起こす?! 凄い発見です。 「守る」為……ありがたいけど、困りますね。 「安心」すると「痛み」も無くなる。 そうか……「大丈夫」は大切な呪文ですね。 心配してくれるケンジョーちゃんに感謝しつつ、「大丈夫」と「安心」してもらうことが大切なんですね。 良いお話ですね。 私も、実行してみますね。"

不思議なこともあるものですねぇ。
身体と心の、無意識の中の語らいのようなものでしょうか。

でもそう言えば、私は鼻炎もちで、長年の鼻炎患いの為に鼻の奥が狭くなっていまして。
ちょっとした気温の変化で、鼻の奥が腫れてムズムズッ!としたかと思うと、秒速でやって来るクシャミの嵐。
これも、身体の防御機能のひとつなのだと諦めているのですが…
でも今度、
「大丈夫、もぅ大丈夫」と、
こっそりケンジョーちゃんに話しかけてみます。
スッと、クシャミが何処かへ消えていくかもしれませんね。

ああああぁなんかとてもすとん!と落ちました。

そういえば、いつも言ってくださってたなあ。
「大丈夫、あなたは大丈夫だから。出来るから」

私の中のケンジョーちゃん。
休憩に行ってらっしゃい。そのまま直帰しても大丈夫だから。

あぁ本当にそうなのかもしれません。
ケンジョーちゃん、そうですね正にケンジョーちゃんです。
「はい!もぅ大丈夫!もぅ大丈夫ぅ!」と言って走り去って行きそうです。
いざという時言ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/73340688

この記事へのトラックバック一覧です: 「私の中のケンジョーちゃん」〜by近内 仁子:

« 「心の風に吹かれて」by 長井八美 | トップページ | 「ちょっとこんなんしてみたら、、」by高彩裕子 »