フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 『銀の実時間で…』by芹川藍 | トップページ | 「いよいよ幕開け」~by近内 仁子 »

2017年11月18日 (土)

「祈りの演劇」by長井八美

「祈りの演劇」とは大げさなタイトルになってしまったが、このブログを書こうとして、その言葉が浮かんだ。

先日、11月23日に本番を迎える劇団青い鳥A・SO・BO塾の「わからなければモモエさんに聞け」の通し稽古を観た。これに心が震え、何ともいいがたい感動を覚えた。響きと震えが伝わって来て、しばらくは私の心も震えたままだった。

A・SO・BO塾は全員演劇は素人、みんな日常は演劇とは関係のない仕事をしている。ここにいる約30人の女たちはいったい何者なのだろうと思わせる。それを束ねて、ここまで持ってきた塾長であり、演出家の芹川藍には、何故こんなことができるのだろう。

こんな演劇はどこにもない、一人一人の個性と、集団であればこそ出せる醍醐味を見事に出しているすばらしい作品だ。

不思議な面白さを持つ群舞、一人一人の個性に実に合ったヘアスタイル、一つひっつのシーンを創り出しているセンスのいい衣裳たち。本当に時間とまごころをこめて丁寧に創られてきたことを感じる。

まさに創り出す一人の一人の祈りの中で生まれたものだ。

「わからなければモモエさんに聞け」は、劇団青い鳥ですでに上演された作品だが、また、

新たなA・SO・BO塾のモモエさんの誕生だ!

本番はこれからなので言いすぎてはいけない。

本番まであとわずか。この作品が一人一人の未来への一歩になるよう、私も祈りを重ねたい。

頑張ってください!!

Img_3583

日時:11月23日(木・祝)

会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

開演:11時30分/15時

料金:1500円

お申込み:青い鳥創業 03-5738-7181

 

« 『銀の実時間で…』by芹川藍 | トップページ | 「いよいよ幕開け」~by近内 仁子 »

コメント

この芝居の幕が開く、

演出家芹川藍の眼差しを浴びて、一人ひとりが輝くのだ。

ドキドキしながらも、その瞬間が待ちどおしい!!

昨日、稽古場のラスト通し。。。さあいよいよ劇場入り。。。

(ごめんなさい不具合で途中送信となりました。続きです)

今はあちらとこちらのあわいで揺れて生きている母に、「お母さんとデパートに行けて楽しかったよ。」
そんな気持ちが伝わるように演じ切ろうと思います。
どうぞよろしくお願いします。

先日はありがとうございました。
芹川先生が以前おっしゃった「人はまなざしの中で育つ」という言葉があります。
長井さんをはじめとした青い鳥の皆さんにご覧いただき、もうひとつ上の段に
登れたように思います。
お客様にご覧いただいたら、どんな高みにたどりつけるのでしょうか?

子供の時、私の楽しみもデパートへ行き、ざるそばを食べることでした。
そこは独身の頃母がお勤めしていた場所。
私たちが生まれてお勤めをあきらめた場所。
母が私たちとを連れて、お勤めを続けている元同僚のとおしゃべりに立ちよる場所。
そのあとで、母がちょっとさみしげな眼になる場所。
今はあちらとこちらのあわいでゆれて

神聖な熱い気迫が伝わってきます。
あと5日もすると幕が開いて溢れだす!
私達も全身全霊で、所ASOBO塾のモモエさんを感じにゆきます!
頑張れ!

長井さん

先日は見守ってくださって、ありがとうございました。

昨日の舞台稽古で、あの全員で演じるシーンで、芹川先生が客席の最後列に走って小さなペンライトを掲げられました。

小さな光でしたが、とても強い光でした。
私たちを照らしてくださる光でした。
私たちはあの光を目指して行くのだと思いました。

がんばります。
どうぞ最後まで見届けてくださいませ。

長井さん、通し稽古をご覧いただき、ありがとうございました。

A・SO・BO塾6期の「朝日のあたる店」を観た時、
プロではない、いわゆるフツーの女性達が活き活きとお芝居をしているのを見ました。
私にも出来るのか…?果たして…?
不安もあったけれど、
まぁいいや、だって楽しそうだから!

A・SO・BO塾の特徴は、その準備期間が長いという事でしょうか。
その間に、役の中に知らず知らず個々の個性が浸み出していくような感じがします。
役づくりとしてはめ込むのではない、計算外の素材。
尖ったり、凹んだり、
演出家のご苦労は如何ばかりかと存じますが、
渾然一体となったその個性の集団が、
A・SO・BO塾の色なのかもしれないと思います。
東京だけではもちろんなく、それはきっと大阪、ひたちなかでも。

「ここまでか」と諦めたその先には、「やりきった」と思えるゴールはない。
一人一人が見据えるゴールに向けて、明日は最後の通し稽古です。

シロウトのオバさんのハッピョウカイでしょ?と言われるのが悔しくて、馬鹿にされたくない一心でやってきました。
だからといって、どうだ!私たちスゴいでしょ?と威張るものでもないし。
スゴくないし。

ASOBO塾の人たちは、気持ちが良いです。
私は本番1ヶ月前から、全身を塩で洗っています。
清めてるつもりです。
この空間を汚したくないんです。

それと今、アイス断ちしているので、モモエさんが終わったら、アイスが食べたいです。

もうすぐですね!!
仲間と一緒に観に行きます!!
ワクワク、ドキドキ楽しみです♪
思いきし楽しんで、喜んで、感謝のこころで
かけぬけてください!!
エイエイオー!♪\(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/72243934

この記事へのトラックバック一覧です: 「祈りの演劇」by長井八美:

« 『銀の実時間で…』by芹川藍 | トップページ | 「いよいよ幕開け」~by近内 仁子 »