フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« まるで龍の腹を下から仰ぎ見るような  By天衣織女 | トップページ | ニクッ!!の日~ by葛西佐紀 »

2017年8月 9日 (水)

毎日が夏休みって〜by天光眞弓

夏休みだ〜

大人になってもう数えきれないくらい長い年月が経ったのに

夏=夏休み=「学校へ行かなくていい!」

 

毎日、本気で嘆いていた。

毎朝、早く起きなきゃいけない、学校へ行かなきゃいけない、嫌いな科目も勉強しなきゃいけない・・・「こんな毎日、こんな人生、いつまで続くのだろう」


だからこそ、夏休み! 学校へ行かなくていい・・・世界少し変わるかもしれない、私の人生、違う色合いに見えてくる・・・

 で、夏休みが始まったその日に決まってやったのは夏休みの計画表を作ることだった。

起床から始まってラジオ体操に行く、朝ご飯、勉強、お昼ご飯、お昼寝〜〜〜等々〜〜〜夜、寝るまで〜〜〜円グラフの中に区切られた夏休みの毎日。

人生最大の重大な、世界が変わっていくかもしれないなんて過剰な期待を寄せられ夏休み。

なのに、学校へ行くよりももっと細かく区切りを作って、シバリを作って・・・

そんな計画表のままに夏休みが進行するわけもなく、8月の今頃にはただの壁の張り紙になっていく。

 

学校とは違う気分の色合いになるはずなのにな〜なんてボンヤリ思っている小学生に世界が変わる出来事も起きるはずない。

「あああ、毎日が夏休みだったら、毎日が日曜日だったら〜って願っていたはずなのに。夏休みなんか毎日日曜日の連続みたいなもんじゃ・・・」


 で、夏休みの真ん中あたり、ふと気がつくのだ。

夏休みの間にやってくる日曜日〜〜〜

いったいそれがナニ?

こんなに味気ない、ナニも興奮しない日があるだろうか?

ただ、いつもそこから外れたい、逃げたいと思っているコトがあってこそ?

ただ、「いつまで学校へ?」の嘆き効果があってこそ?

だからこその日曜日、夏休みへの過剰な期待度だったのか?

 

 今、この夏の日々・・・逃げ出したいようなシバリもない、だから特別に嬉しい「日曜日」も来ないし、世界が変わりそうな期待を持つほどの特別な「夏休み」もない・・・

ウレシイような、サビシイような・・・

 「あああ、ワタシのマイニチ、これからどうなっていくのだろ!?」

「いつまでこんなジンセイ、続くのだろう?」

« まるで龍の腹を下から仰ぎ見るような  By天衣織女 | トップページ | ニクッ!!の日~ by葛西佐紀 »

コメント

今でも、ちょっと涼しくなりとああ夏休みがおわると思う。

あっ!かきました!かきました!円グラフ~
~~
真剣に考えて~たぶん‼?かいてたと思います。??うん‼
子どものころはもう~遊びまくってたので
土曜の午後から日曜日のお休みはうれしかったです。
夏休みはさらに特別で、朝から晩まで真っ黒になって遊びまくってました。「夏休みの友」友達なんかじゃないぞ~~~!って、おとなに言ってやりたかった子どもでした。
先のことはわからないので、今を、喜んで楽しんで 感謝して生きたいと思います。(^-^)

私は、毎日が運動会だったらいいのに。毎日が体育と音楽と図工と国語だけだったらいいのに、と思っている子供でした。

中学高校はソフト部だったので、毎日練習。日曜日は練習試合があったりと、夏休みの中の日曜日でもちゃんと区切りがありました。

夏休みの最後にまとめて宿題をやる、という話しをよく聞きます。
私には考えられない事ですが、でも皆さん、よかったですね、立派な大人になられて。
ホホホ。

かつて昼と夜、掛け持ちで仕事をしていました。
昼の仕事は学校内の購買。学生と同じく夏休みがありました。
夏休みの間は夜の仕事だけなので、昼と、丸々1日の休日が嬉しかった。
普段、きちきちなだけに
休みになったら、アレをしよう。
ここを片付けよう。
お菓子を作ろう。手の込んだ料理を作ろう。
押入れを整理して、粗大ゴミの手配をして…
と、妄想だけは止まりません。
夏休み最後の日、
「あー、結局何も出来なかったぁ〜」
が、毎年の決まりごと。
ちなみに、夏休みの宿題は夏休みが終わって、提出科目の授業がある前の晩に夜なべしてやっていたのでありました。あー…

あっ!
おもいだしました!
円グラフにきれーいに色をはみ出さないで塗ることだけに命を懸けてたことを……。
内容は、嘘だらけ。
いやぁ、嘘をつくつもりではなかったけれど、40日後には
いつの間にか嘘になってました。
そして今の私が出来上がっているのです。

めでたし。めでたし。

夏はなぜか淋しく、切なく、むなしい。
夏がくれば思いだす。

もういくつ寝ると、夏休み~♪♪♪
と、先週末から、夏休みを指折り数えている。
まったく大人気ない私です。
そうです、逃れたい現実があるからこその
お休みですね・・・。

休みが少ないとか、短いとか
思うこともあるけれど
休みが特別に感じれる
今を、大切にします。

ユーミンの歌で
ゆく夏に名残る暑さは夕焼けを吸って燃立つ葉鶏頭
みたいなのがありまして、夏休みというワードと脳内セットになっているのですが、私は「葉鶏頭(はげいとう)」をずっと「ハゲ伊藤」と変換していました。
夏休みの宿題を31日まで溜め込んでいたせいだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/71373941

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日が夏休みって〜by天光眞弓:

« まるで龍の腹を下から仰ぎ見るような  By天衣織女 | トップページ | ニクッ!!の日~ by葛西佐紀 »