フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「夏が来れば思い出す」by高彩裕子 | トップページ | まるで龍の腹を下から仰ぎ見るような  By天衣織女 »

2017年7月27日 (木)

「そうだ、あれは夏だった」by演出助手・渡辺

高彩さんの夏の着ぐるみダイガンメンのブログを読み
「なんか身に覚えが…」

ダイガンメンから8年後の夏、私は「グリちゃん」の中に入っていた。
同じくファミリー劇場というやつだ。

20170726122531_00001
高彩さんとは違い、ウレタンではなく空気お化けみたいな代物。
ともかくデカク、動きがままならならず、こけたら最後ゴロンゴロン。

「そうか、あれは夏だったのか…」
グリちゃんに入ったことは覚えている。
視界が狭くて、膨らませるためのファンを背負い続けていて。
それなりに大変だったと思う。
ただ、あまりに記憶が途切れ途切れだ。

その舞台は私が東京に出てきてまだ四ヶ月ほどのこと。
今から思うと毎日が必死のパッチだった。
PCに触るのも初めてで、フリーズした画面を何時間も眺めつづけたこともあった。
新しいことの連続で、まさしくゲリラ豪雨、竜巻、巨大台風の日々。

あまりに物事が膨大で凝縮され、濃縮されると記憶の箱が飽和状態になるのか…。


そういえばフィナーレで子どもたちにお腹をバンバン叩かれたなぁ。

劇場の扉から退場しようとするグリちゃんを、芹川さんが全身で押し返してたなぁ。
巨体が扉に挟まり足が空回りしてフガフガしてた。


ホントは全てのことを記憶しているのかもしれない。
脳と心のどこかに。

« 「夏が来れば思い出す」by高彩裕子 | トップページ | まるで龍の腹を下から仰ぎ見るような  By天衣織女 »

コメント

久し振りに青い鳥ブログを覗きました。
そして懐かしい写真に出会いました。
夏でしたね。
確かに夏でした。
森本さんの「夏休み~」という台詞がとても印象に残っています。

子どものころ“ケロヨン” っていうカエルの着ぐるみが大人気でテレビによく出ていました。
母と妹と私と、三人でケロヨンの劇を見に行きました。進行役のお姉さん以外はみんな大っきな着ぐるみだった。
怖くて怖くてたまらなかった。
こどもがみんな着ぐるみが大好きだと思ったらおおまちがいなのだ。
けれど、グリちゃんは怖くないです。つぶらな瞳がかわいいです。
子どものころを思い出しました。(>_<)(^-^)v

すごい。。。。

皆さん身体をはって生きてきたんですね!
素敵な夏の思い出ですね!
振り返ると、キラキラしていますが その当時は必死だったと思いますが・・・


ときどき私も忙しすぎて記憶がありません。
忙しい時は、一つ一つの仕事に集中して、終わったら
頭の中から消去してしまいます。
そうしないと次の仕事に集中できないから。


記憶をなくしても、その一瞬一瞬神経を集中して全力しているんですよね~!
汗と涙(涙がでたかわ判らないが・・)の結晶は どんな宝石よりも輝いていますね!

ぐりちゃんって、どんぐりのぐりちゃんか!
かわいい。
かわいくて、切ない。

裕子ちゃんも芹川先生もかわいくてかわいくて、切ないです。

見たかったなあ、見たかったなあ。

必死のグリちゃんと必死の芹川先生のバトルが見たかったです!
子供も大人も楽しめるお芝居だったのですね。いいなあ~♪
\(^o^)/

扉に挟まるグリちゃんを見たかったですsign03

渡辺さんが東京に出てきたばかりの頃、私は、芝居はもうやめる、青い鳥の芝居も絶対観ない、観るとやりたくなるから、と決めていた頃かもしれない。
渡辺さんが必死だった時、私は自分に嘘をついていた。

夏は大好きです。
アニキ、熱い夏にしようぜ!

実際に、入った事はないのですが
夏の着ぐるみ…大変そうです…

かつて一世を風靡した「ピンク・レディー」は、売れていた時の記憶がほとんどないそうです。
妹と毎週見ていた「ザ・ベストテン」の常連だったピンク・レディー。
「黒柳さんとか、久米宏さんとか、会ったような気がする」程度だとか。
あっという間に売れっ子になり、目まぐるしい毎日に、彼女たちも必死だったのでしょうか。

グリちゃんの中の渡辺さんのように。

それでも、ふっと何かの拍子に記憶がこぼれ落ちるのですね。
切ないです。

(写真の、グリちゃんをお尻で押しているように見える可愛い細い方は、もしかして…芹川先生ですか?)

(^.^)凄い夏ですね💕見たかったなぁ〜〜💕
グリちゃんを全身で押し返す芹川先生が目に浮かびます💕私の青春の夏もくっきりスッキリ思い出しました
必死のパッチの毎日だったなぁ〜💕今も負けずに必死のパッチです😊

あまりの懐かしさに初めてコメントします。
私も忘れていました。写真を見て一気に記憶が甦りました。
子どものためのお芝居だっただけど、それはそれは楽しく、見応えがありました。
もう何年前になるのでしょう。
大きな着ぐるみさんが二体。覚えています。
もうあのような子どものためお芝居はされないのでしょうか。

グリちゃんを全身で押し返す芹川先生!

私、芹川先生と渡辺さんのやり取りというかああ言えばこう言うというか即興漫才というか、とにかくお二人の高校球児並みのバッテリーぶり(どちらがPでCかわかりませんが)が大好きです。
稽古中も盗み見ていて、いけません。

ベストパートナーの夏。

暑さで頭真っ白になりますが、いつか私もいつの日かこの毎日を思い出して、その中にベストパートナーと身勝手にも思う人の姿を残すことが出来るのでしょうか(と、遅延している副都心線を待ちながら

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/71247334

この記事へのトラックバック一覧です: 「そうだ、あれは夏だった」by演出助手・渡辺:

« 「夏が来れば思い出す」by高彩裕子 | トップページ | まるで龍の腹を下から仰ぎ見るような  By天衣織女 »