フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 『ハンパないシンクロ』by演出助手・渡辺 | トップページ | 忘れ物のカミサマ、感謝~by天光眞弓 »

2017年6月 6日 (火)

塀の上の美しい品々 BY 天衣織女

Win_20170511_171358_2

何度か外国に滞在したが、

こういうシーンを見かけた記憶がない。

塀の上にのっかってる品々。

 

 

 

 

たぶん、誰かが落っことしたものなのだろうけど、

こんなに器用に塀の上に落っことすはずはなく、

たぶんこれは、見知らぬ人がこれを拾い、

Win_20170509_150203_2

この塀にのせたのだ。

「ほら、探しにもどったんだったら、それはここにあるよ!」と。

少しだけ目立つように塀の上に置いたのだろう。

 

道はいろいろな気分で歩く。

いろいろな気分で行ったり来たりする道の途中で、

こういうものを発見すると、それまでの考えを一端停止して、

ほんの少しだけど、心に綺麗な色が入ってくる。

恩着せがましくでもなく、正義感ででもなく、

ただとっさに拾ってのせたのだ、きっと。

Win_20170508_075420

 

そんなこと、どうってことないはずなのに、

視線の端っこに美しい邂逅の痕跡。

ほんの少しだけだけど、

幸せな自分になっている。

« 『ハンパないシンクロ』by演出助手・渡辺 | トップページ | 忘れ物のカミサマ、感謝~by天光眞弓 »

コメント

心優しい風景ですね。

そういう優しさが満ちている世の中でありますように!

きっと気づいてくるよね、いつか、いつか・・・・
と思い、むやみに違う場所に移せなかったことが、
たくさんありました。
今も、たくさんあります。

写真のような風景を、見たことは何度かあっ
たと 思いますが、ただ通り過ぎていまし
た。今度道を歩いていて、塀の上のものたち
に出会ったら、心の中で聞いてみます!!

どんな人が拾ってくれたの? 今、どんな
気持ち? って・・・

塀の上にのっかってる品々…。

その言葉にトキメキました。

私は柵に手袋が片方じゃんけんするみたいに、まるで人の手があるかのように、被せられているのを見たことがありますが、こんなに綺麗な品々が塀の上にのっかってるなんて、なんて素敵!と思いました。

そして、それを捜している人、拾ってあげたひと、それを、見ているひと、ひとそれぞれ、人生いろいろだなあと思ってしまいました。

織女さんがおっしゃるように、こういう景色は他ではなかなかないのですね。

自分だけの思いに捕らわれて下ばかり見て歩いていると、
こういう景色に巡り合えない。
こういう景色を美しいと感じることの出来る織女さんもまた、
美しいと私は思います。

恩着せがましさや正義感、善意の衣を着た者が、腐心する様を見たくなくて、日傘を傾けて歩きます。それらが抱く無力感の面倒まで見切れないので、日傘をくるくるまわして振り落とします。

こういう自分の欠片も塀の上に置いて行かせてくださいませ。
じきに来る梅雨の雨が流してくれるだろうと、拾いに戻ることはしませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/70782378

この記事へのトラックバック一覧です: 塀の上の美しい品々 BY 天衣織女:

« 『ハンパないシンクロ』by演出助手・渡辺 | トップページ | 忘れ物のカミサマ、感謝~by天光眞弓 »