フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「無親等たちの集まり」by 長井八美 | トップページ | 「大いなる後味」by高彩裕子 »

2017年6月21日 (水)

「まだ途中です」~by近内 仁子

京都に芸能の車折神社という大好きな折々お参りする神社があります。

何年も前の事
少しいろんな事が前に進まず
八方ふさがりで
車折神社にお参りして、帰りながら
「…祈願はしたけど、きっと難しんだろうな。…もう本当にあきらめなきゃないけないんだろな」
と思いながら歩っていた時

ふいに、顔を上げた瞬間、
目の前の壁に
『まだ途中です』
という言葉が貼ってあったんです。
たしか音楽教室の掲示板。

神様から言葉を頂いたと感じた瞬間でした。

その貼り紙を写真に撮って
携帯の待ち受け画面にしています。

『まだ途中です』って、本当にありがたい言葉で

何かをあきらめそうになっても
『まだ途中』とあきらめる気持ちを手放して

セリフが覚えられなかったり、どうしても準備が間に合わなくて
もーダメだーってなっても
『まだ途中だ』と思えれば頑張れて

現場でこっぴどくダメ出し受けて、明日はない程落ち込んだ時も
『まだ途中』と、何とか這い上かる事ができて

褒められて浮かれそうな時は
『まだ途中』と、思い上がる気持ちをいさめる事ができ

まだ途中…
まだ途中
きっと神様が「ゴールだよ」って言うまでは、
きっと全てが、
まだ途中なんだなって思うんです。

Image_5


« 「無親等たちの集まり」by 長井八美 | トップページ | 「大いなる後味」by高彩裕子 »

コメント

「まだ途中」 そんな素敵な言葉に出会える
その心が素敵ですね。

私は いまだ準備中(笑笑)

50を過ぎて し忘れたこと、したかったこと
あれもこれも夢中になりすぎて
旨くいかないことも多々ありつつ
まだまだ準備中などと言っております。

思い立って、すぐにできることと出来ないことがあるけれど
途中であきらめずに続けていれば
なんとかなるかな~なんて思ってます。

なんかとっても
皆さんのピュアでまっすぐなコメントに
泣きそうになりますヽ(T-T)/
ありがとうございますヽ(T-T)/

自分は夢の途中で死ぬのだと思っています。
来世に夢を託す。
気の長~い話しです。

仁ちゃんの美しさは、謙虚さにあると思っています。

相田みつおを思いだしました。
これを額に入れた方も、近内さんもとても真っ当で
私には少々こそばゆいです。( ´艸`)プププ

でも、美しい言葉です。

(^.^)本当そうですよね💕「まだ途中です」
人生まだまだ途中です。よっしゃ❗️がんばるぞ💕
仁子さん💕ありがとうございます😊

ええ、言葉ですね。身にしみます。

仁ちゃん!
ステキ!
わたしも見習う。
ありがとう。

まだ途中です。
いい言葉ですね。
ほっとしました。
まだ大丈夫。やることはある。
もうだめだ~と思えることも
まだ途中
とっても身体の力が抜けて、優しくなれました。
今日の元気。嬉しい言葉をありがとうございます( ^-^)ノ

神様から頂いた言葉…

近内さんのように感じる事が出来る人は素敵です。
同じ言葉を見ても、人によっては後ろ向きに捉えてしまう人も、きっといるでしょう。

雨が降ったと言っては濡れることを嘆き、
晴れが続いたと言っては日照りを嘆く。
そんな人もたくさん、この世界にはいます。

この、宝石のような言葉を胸に日々を生きる近内さんは、ひっそりと咲く野の花のように強く、そして美しいと感じます。
自らの涙や喜びをを肥やしに、沢山の花を咲かせて来て、
それもまだまだ途中なのですね。

ポジティブとは、生まれ持っての性格ではなく、習得出来るテクニックだと、何かで聞いたことがあります。
辛いことや、悲しいことに見舞われた経験のある人ほど、
その術をもっているような気がします。

ほんとに神様の後押しの言葉ですね。近内さんらしく素敵に頑張って下さい。

「まだ途中です」って思える気持ちが素敵です。
なかなか一歩踏み出せないときも、そんな自分を受け入れて、
「自分の人生まだ途中ですから」って思えたら、何か見える景色が変わってきそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/70920603

この記事へのトラックバック一覧です: 「まだ途中です」~by近内 仁子:

« 「無親等たちの集まり」by 長井八美 | トップページ | 「大いなる後味」by高彩裕子 »