フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月25日 (火)

「根強くいこう」by高彩裕子

4月はじめ、自宅裏庭の光景にギョっとする。
雑草があちらこちらからにょきにょき元気に伸びているではありませんか!
冬の間、シーンとしていた地面の下で顔を出すタイミングをじっと待っていたのだろうか、いっせいに同じ背丈で勢揃い。

今まで庭の手入れは父が全部していたのが
父のいないはじめての春を迎えて、
かわりに私が草むしりをするようになった。

雑草の根深い根に改めて驚きながら
キレイにむしったはずの雑草はまた一週間もすると伸びている。
生命力は半端ない。

そんな雑草のように根強く、日々生きていこうと思ったあたたかな春の日。




今年の春の集いにて

2017年4月21日 (金)

「便利は不安作る…のか?」〜by近内 仁子

先日
突然
携帯がロックされたのです!(T-T)

ぎゃー!
なぜじゃー!
どしたらええんじゃー!!

いやー慌てた慌てた。
ここ最近で
こんなに動揺して、パニックで、心拍数が上がったのはそうなかったです💦

で……
2時間後には復旧したんですけどね💕
( ´ ▽ ` )ノ

たった2時間…
私の、あの時襲われた
えもいわれぬ不安は何だったんだろう?

10数年前は携帯持ってなかったのに。
メールアドレスもなかったのに。

で、
ふと振り返れば
携帯を忘れただけで不安になり
パソコンがフリーズすると不安になり
LINEの既読がつかなければ不安になり
電車がダイヤ通りに動いてないと不安になり

…ん?
便利は不安を作るのか?

何年か前には気にしなかった事に
ワタワタしてたりする今日。

もっと、ゆったりゆっくりでいいのかも。

周りを見れば
また桜が咲いて
桜が終わればツバメがやって来て
青シソが芽を出して

そんな感じで
ゆっくり、ゆったりでいいのかも
そう思った春でした。

Image


2017年4月18日 (火)

「変わりやすいのは春の方?」by 長井八美

今年の桜は早かったように思うのは私だけだろうか…

それとも心の慌ただしさが桜をのんびりと見ることを忘れてしまったからだろうか…

「女ゴコロと秋の空」など、秋の空は変わりやすいというが、春はどうなんだろう?桜から一変して、昨夜からの暴風を思えば、春の天気の方が激しく変わりやすい。北から入り込んでくる冷たい空気と南から流れ込む暖かい空気がぶつかりあって起こり、「春の嵐」はその渦の範囲は台風よりも広いらしい。冬から春への移行はやはり天の気も二つの流れが激しく拮抗しているのだなあと思う。

かってある方が教えてくれた。「何かを始めるのであれば、4月がいいと。3月では早いのだと。」年度が変わるせいなのかなあとも思ったが、3月はまだまださまざまな意味で時期尚早なのだろう。でも、昨夜の嵐を思えば、4月とて油断がならない。これも異常気象のせいなのか?

3月から4月にかけては、確かに新しい何かが始まるときだ。私の周りも多くの人が別の部署に移動になって去って行き、去っていた人が戻って来た。いつもの年以上に身辺が目まぐるしく変わる気配がするのは私だけだろうか。

私の周りの変化といえば、母が退院して来て、自宅介護になったことだ。この未経験のジャンルはなかなか興味深い。母は2日眠り続けると、3日は起きている。1日が24時間ではなくなったようだ。人の生命のリズムというのは不思議だ。車イスに乗って、外を見ながら「自然はいいわね」と大家さんが丹精込めている庭を見てつぶやく。庭には名前がわからないのだが、真っ白い花を咲かせててくれる大きな木がある。りんと立っているこの木が私は好きだ。

春の嵐が去った。不思議なことに大家さんの庭に変化はない。

続きを読む "「変わりやすいのは春の方?」by 長井八美" »

2017年4月15日 (土)

『どうなって、どうなったん⁉』~by芹川藍

桜吹雪の中、青い鳥はピョンピョンになってしまった。

☆スヌーピー好きの、ゆうピョン。
のんびり見える頑固ものが特徴。
『よーい、スタートピョン!』

Kousai_2

☆アニメに目がない、ジンピョン。
酔うと面白い大胆さが特徴。
『あのね、パンダも好きなんだピョン』
K

☆屋台の焼きそば好きの、サキピョン。
他人に痛みを見せないのが特徴。
『まあ世の中こんなもんだピヨン…。プカ~っ』
Kasai


☆羽生王子好きの、オリピョン。
人恋しい孤独屋が特徴。
『あのね…あのね、スケート習おうかなあ…。』
A


☆甘党で酒好きの、ワタピョン。
ニヒルなカッコマンが特徴。
『なに買うてけつかろ』
W

☆あんみつ好きの、ハツピョン。
頼まれたらイヤと言えないのが特徴。
『えーっと…。明日の天気は。』
N


☆ヒコーキ大好きの、マユピョン。
アッチコッチに忘れ物、忘れてることすら忘れるのが特徴。
『ちかれたなあ…さて寝るか…』
Tenkou

最後に控えしは……。
☆いいそこまちがいが日常茶飯事のあいピョン。
やけにモテるのが特徴。なんてね。
Serikawa

2017年4月12日 (水)

最近の私のンもぉ~~3連発  by葛西佐紀

先日、時間つぶしで入った喫茶店、コーヒーを飲んでいると、横から
「イッ!!」という声が聞こえてきた。

見るとサラリーマン風の男性がスマホを見ながら、鼻毛を抜いている。

気にしない気にしない、私は気にしない・・・と思うのだが
またもや「イッ!!」(イッ!!は痛いのイなの?)

今度はよく見ると、机の上にハンカチが置いてあり、その上に抜いた鼻毛が並んでいる。
それも、何と律儀に同じ向き、毛根を上にして並べてある。

その男性の几帳面さと無防備さと羞恥心の無さに一瞬惚けてしまったのだが

それにもまして、何がやるせないかって
その抜かれた鼻毛を、1、2、3、4、5、6本と数える、どうしても数えてしまう私よ!!

ああ~~ンもぉ~~んなのだ!!


灯りに浮かんだ夜の桜を、花びらがホラホラと散るのを見上げて、
「きれいだなぁ、あと何回この桜をこうやって・・・」と儚くも、神聖な気持ちになっていたら

左目に虫が飛び込んだ!!

この広い、ひろーい世界のうちの1㎝×2㎝程の私の目の玉に
何故に今、この時に限って!!
おまけに、どういう訳か、いっつも虫が入るのは決まって左目なのだ!!

ああ~~ンもぉ~~なのだ!!


道を歩いていたら、目の端にキラッと光るものが・・・
エッ?何?
誰が見てるわけでもないないのに、素知らぬふりして近づいて見ると・・・
なんのこたぁないストラップに付いているひしゃげた金属の・・・訳の分からないものだっ!

私は何を期待してたんだッ、もぉ~
つましいやら、いじらしいやら、なんやらかんやらで

ああ~~ンもぉ~~なのだ!!


私の普通の生活は、ンもぉ~の大安売り!!なのだわさぁ

でもね

ンもぉ~~だけど、ちょっとくすぐったいような、ちょっとうれしいような・・・んだわさぁ

2017年4月 9日 (日)

母に勝てるか? 〜by 天光眞弓

「普通の生活」公演、大楽まで終わって、私はしばらく”普通の生活”を送る母のもとで過ごした。

母、89歳、一人暮らし。
ここ数年、記憶力がめっきりはっきりボンヤリしてきた。
ゴミの日を忘れ、町内会の会合を忘れ、冷蔵庫に残った野菜を忘れて買い込んで。
ストレッチ教室に行ったらお休みの日だった…
もう少し先の未来、私はこの母の支えになれるか…?
いや、心の支えとかそんな美しいことじゃなくて、私よりたっぷりのお腹回り、お尻回りの筋肉量もたっぷりの母が、足腰おぼつかなくなったとして、ワタシ、長井さんみたいに腰、コシ!って踏ん張って支えられる自信・・・ないなぁ。
かなりボンヤリになった母だけど、私が勝てないところがいっぱいある。
私より早く起きて朝ご飯の支度をするのは母の役目だし、毎日つける家計簿、日記・・・ワタシ、真似したけど、絵に描いたように3日坊主。
私が母より背が高くなったのは母が年のせいで縮んだため。ワタシの自力では追い越せなかった。
それに、それに、勝ってないこと、もう一つ!
母が40歳代半ばの頃、1人で新宿を歩いていたら見知らぬ男性に声をかけられた。
「お茶でも飲みませんか?」って、定番の台詞で。
ナンパだ!
帰ってきて、ちょっとウキウキ感漂わせて話したことを思い出した。
40代半ば・・・私、ワタシ、そんな年頃に、町中で声かけられたかぁ・・・?
いや、ない・・・まったく・・・ない!
こりゃ、負けてる、完全に。
今 ”元気なお母さん”というのはそれだけで何よりの宝物だけど、やっぱり歩くペースはゆっくりになっている。そんな母にいつまでも負けてはいられない。
私の生涯の目標は
=母より先に寝込まない=
これさえ守れば、母に勝ったことにしてもらえるかな〜、どこかで見ているカミサマ〜

2017年4月 6日 (木)

私の所有する4つの財産は・・・BY 天衣 織女

 

61年間の(そしてこれからも続く)、両親やご縁のあった人々や動物や植物と交わした愛情。

★劇団青い鳥。

★私の名前 天衣織女。

★お客様の言葉を含んだこれらの品々。

Win_20170320_103654_2

クッキーや

チョコレートや

おせんべいや

お漬物や

香りのいい入浴剤や

ワインは

私の血や肉や汗や涙になってくれました。

美しい花々は私の手づくりのお仏壇で、

ゆっくり命を全うしてくれました。

綺麗なタオルや

使いやすそうな手ぬぐい、

可愛らしい靴下などなどは、

あまりにも美しくて、有り難くて、ずっと保管しています。

これから少しづつ下します。

 

あとどのくらい残っている人生なのか、わかりませんが、

この人生の最後まで、これらの4つの財産と共に

生きていける。

そんな気がします。

なんとシンプルな人生でしょう。

なんと幸せな人生でしょう。

このPCのキーを押してる時に、

肘で紅茶をひっくり返して、

チッと舌打ちしたくなったとしても、

眉間にシワを張り付けたまま

目覚めた不安な朝になったとしても、

電気をつけた途端、その寂寥とした自分の部屋を

溜息とともに眺めたとしても、

私の所有する財産はたしかにここにある・・・

それを忘れないでいようと思います。

 

桜、あと何回見上げられるのかな・・・

と今年も思いました。

« 2017年3月 | トップページ