フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「あっ これって…」by芹川藍 | トップページ | 年末に試される…「普通の生活力」 〜by近内 仁子 »

2016年12月18日 (日)

「心がおれないように」by 長井八美

80代の男性と話していたときのことです。

「年をとると骨が折れやすくなるといいますけど、心も同じですね。心も折れやすくなります。」

きっと、何か傷つくことがあったのだろう、しみじみと語ったその言葉が忘れられない。

昨日、私がかって所属していた「東京キッドブラザース」のリーダーだった東由多加さんの17回忌の「朗読劇」の公演があった。東さんを語った2本の作品は、本人を知らない若い世代の人が書いたもので、東由多加との距離感が私にとっては心地よかった。東さんは強烈な個性の持ち主だったので、出会った人は間違いなくその人の人生では忘れがたいシャワーを浴びた。

その東シャワーを浴びた人たちが昨日も集まった。久しぶりの顔もあった。

「まるくなった」という言葉がある。「あいつもまるくなったなあ」「あの人もまるくなったね」など、昨日も「まるくなった」の連続に、「まるくなる」とはどういうことなのだろう・・・と思う。

尖っているものは折れやすい。人の性格は何十年やそこらで本質的なところは変わらないはずだから「まるくなる」ことは、自分の心が折れないようにする知恵なのかもしれない。

年をとると折れやすい心をかかえて生きていく。みんな繊細なのだなあと思うとたまらなく愛おしい。

なんだかんだと言っても、次の公演ショートショートシアターVOL.2「普通の生活 みーんなそれなりにビヨーキ」が東京公演の2ヶ月前になる。年末年始とお忙しい日々が続くことと思いますが、どうぞ青い鳥のことも忘れないでくださいね。

ご予約はお早めに!!お待ちしています。

http://www.aoitori.org

【東京公演】
2017年2月21日(火)~26日(日) 小劇場B1
21(火)19時/22(水)14時/23(木)19時アフタートーク/24(金)14時
25(土)13時★18時/26(日)13時

【大阪公演】
2017年3月4日(土)5日(日) in→dependent theatre 2nd
4日(土)17時アフタートーク/5(日)11時30分★16時

« 「あっ これって…」by芹川藍 | トップページ | 年末に試される…「普通の生活力」 〜by近内 仁子 »

コメント

30歳超えて、まさか、再び親と同居するとは、という時間があったのですが、親戚の叔母から言われた言葉が、あなたのお父さんもまるくなったねー、でした。すっかりそんなこと忘れていましたので、いま脳内が大きなオタマで鍋底からホイッと浮かんできて、かきまわされてます。2月に入りますね。2月ですねー。

スミマセン大事なことを間違えました
『普通の生活 みーんなそれなりにビョーキ』
でしたm(._.)m

その方は、長井さんだから心の内を話せたんですね


『普通の生活 それなりにみーんなビョーキ』
みーんなビョーキ!この言葉にホッとします

自らの経験で得た持論ですが、
心と身体の不思議な関係が影響しているのでは?と思います。
体力が充実していて元気な時は、些細なことでクヨクヨする事はありません。
でも体調を崩したり、身体のどこかに痛みを抱えている時などは
前向きに考えたり、ちょっとしたヤマを乗り越える勇気が持てなかったりします。
歳を得て、自分だけでなく周りに目を配る余裕が持てる事で周囲にカリカリしなくなるのも、
突き進む情熱を保つ体力が落ちて、周囲との摩擦が少なくなるのも、
どちらも「丸くなった」となるのでしょうか。
いつまでも変わらぬ情熱で創作を続ける青い鳥を、心から尊敬し、愛しています。

お若い方々の心の繊細さ、折れやすさには社会も個々もそれなりに敏感だけれど。
老いてくると、自分自身の折れた心を許せるようになるだけではなくて、自分以外の人の心が折れることに鈍感になってるかもしれないな、と思う今日このごろです。
折れないように、折らないように気をつけてはいますが、それでも折られなければほんとうには強くなれないこともなんとなく知っていて。

渡辺アニキに、何年か前に教えてもらったのです。
「自分のプライドを守るための涙を人に見せるな」

老いて折れやすくなった自分、丸くなろう丸くなろうとする自分を戒める大事な言葉です。

まだ50代、もう50代!?

尖がって生き続けるのも辛いけど、なんでもかんでも丸くなるのもつまらないな~という
お年頃だろうか・・・・

それでもせめて しなやかに生きたいな~

台湾映画「非情城市」にヒロインが 「しかたがない」と、自分の人生を享受する姿をみて
うらやましくもあり、可哀想でもあった20代だけれど
この年齢になると 自分の人生なにがおころうと粛々と時は流れて受け止めていかざる得ない
のが人生なのかな・・・と思います。

しかたがない、は諦めの言葉ではなく たくましく生きていくための言葉だと気付くのに
たくさんの時間がかかりましたが、カメでもうさぎでも それぞれの人生があるのですね。

2月が楽しみです。

私、SOU・SOUで過ごすうちに 年や挑戦を重ねることで自分を許せるようになりました。
自分で「まあるくなった」といえるといいな。
でも、「あの人、まるくなったね」と感じるのは、我慢させてるかな?って心配になります。
普通の生活では なにが見られるのか楽しみです!

老いるということは素敵だね。
って言われるようにご機嫌で歳を重ねて生きて行きたいです。

わたしは、この頃、自分自身が好きになりまして、
そうしたら、人生が楽チンです。

昔より折れにくいこころとからだを感じています。

80代を迎えたら、また違うのかもしれませんね。

年を取ると心も折れやすくなる。そうか、考えたこともなかったです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/68889535

この記事へのトラックバック一覧です: 「心がおれないように」by 長井八美:

« 「あっ これって…」by芹川藍 | トップページ | 年末に試される…「普通の生活力」 〜by近内 仁子 »