フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 『四つの椅子』by演出助手・渡辺 | トップページ | 普通に・・・最後のお願い  by 天衣織女 »

2016年10月 1日 (土)

『普通の人々』が幕を開けるby天衣織女

―役者とは―
「不安」「思い上がり」「恐怖」「祈り」それらをかなぐり捨てて゛セリフ゛と゛間゛を駆使し、いかにその時を生きるか...なんて考える余裕もなく蒼ざめて舞台にダイブする。それが私の思う役者みたいです。。。。。。

  
「普通の人々」暮らしの一端をかいま見るような、覗き見するような舞台です。
三人の役者が今までにない挑戦をします。。。短いドラマが積み重ねられます。

問合せ03ー5738ー7181
http://www.aoitori.org/index.html

☆いよいよひたちなか公演
10月1日(土)
ひたちなか市文化会館小ホール14:00

☆大阪公演
10月8日(土)17:00
9日(日11:30・16:00)
independent theatre 2nd

☆鹿児島公演11月20日(日)13:30
サンエールかごしま







« 『四つの椅子』by演出助手・渡辺 | トップページ | 普通に・・・最後のお願い  by 天衣織女 »

コメント

ひたちなか公演、地元からも東京からも大阪からもお出かけ頂いた方々!ほんとうにありがとうございました!
そしてコメントありがとうございます!
柔らかい温かい、力強いまなざしがビシビシ!
また舞台に立てる幸せと一段と何かが試される感、空気に圧力がかかった感じ。
もうすぐ大阪に行きます。11月には初めての鹿児島!ひゃっほ〜、でドキドキ、でバクバク♡♡♡

1/100 回目!のBlogになるのですね。

昨日帰りの特急で、土浦の駅を過ぎたら、3発のスターマインが車窓から見えました!ちょうど大会が始まっていたようで。夜空にまん丸のパッと広がった、あんなきれいな花火、初めてナマで見ました。その職人技と、ひたちなかの舞台が重なりました。

勝田の駅の女子トイレの洗面所には、手書きのひたちなか愛に溢れた観光案内が置かれていました。きっと大阪も、舞台には、優しくてあったかくて、青い鳥の透明なチカラがいっぱい溢れるのだな、と。そんな思いをたくさんお土産にしながら、帰りました。

昨日は、青い鳥を初めて観る茨城に越した友達と観ることができました!終わってロビーに学生さんもいて、台本を買うかワイワイしていたけど、部費で買ったのかな?

舞台あとに、市民ホールの近くのコンビニのカウンターでソフトクリーム食べながら、舞台時間と同じぶん、打ち明け話で過ごして。キンモクセイの香りの中を勝田の駅まで歩いて。

青い鳥の舞台、なんで?と、言われて、私が青い鳥を好きだからだよー、と答えられる幸せ。

介護が一気にこの夏に始まったその友達と、私の方と言えば、義父を見送ったばかりで。だけど泣くと思ってなかったんです、なのに、もう、最後の話が始まって、ボウダのなみだが流れてしまいました。こりゃ、ダメだ、号泣しそうなので席を立ってしまおうか、と、思ったけれど、私には9年間の介護生活でしたけど、過ごした全てを思い出し、なんとなんと!全てを抱きしめられました。そして、これまた、なんと、あー次は自分の親を見るのだから、その時が来たら、こんな風に右、左、はいっ、て、また支えて歩こうと、もう、言葉を打ちながらまた思い出して今も泣いてるんですけど、笑、本当に、本当に、ありがとうございました。たくさんの方に、舞台を観てもらえるといいなーと、本当に願っています。

秋の空と雲、深呼吸して、見ています。青い鳥がまた東京に帰ってくれること、待ってまーす!


^_^お疲れ様です💕ひたちなか幕があかりましたね。
いよいよ来週は大阪です💕首を長くしてお待ちしています💕いよいよ大阪だぁ〜〜〜💕

観ました~。
より磨かれて、おしゃれで品がある。それでいて、心にしみる本当にいい芝居だった。
謙虚に生きて来なければ、こういう芝居は創れないだろうなと思う。
私は来世も芝居をやりたいと思っているが、いい作品にたくさん出会って、来世に繋がるよう今を生きている。

いよいよ、ですね…!!
大切ないとおしい時間が、ゆっくり、やさしく、ながれていきますよう。
お祈りしています!!!

キャ~⤴素敵、かっこいいです!

数多ある、個人個人の『普通』。。。
これは、恐ろしいほどの『普通』じゃない 何かを持って、観るものにうわーっと迫ってくる。

その 凄みと、切なさと、愚かしさと 、おかしみが、ないまぜになり、
ドキドキ、はらはら、時には、うんうんと共感し、憐れみ、くすりと笑いだし
もう、同情してみたり、感情移入してしまう。

天衣織女さんの世界に、引き込まれてしまう。

その作品に、深みを加え、表情ひとつに命を吹き込む演出の芹川藍さんは普通の人ではあるまい。

そして、役者の生み出すエネルギーと創り出す想像力に、息を呑む。

東京公演での絶賛の声に驕ることなく、ひたちなか、大坂、鹿児島と突き進んでいる劇団青い鳥の生み出す力が、眩しい。

今日のひたちなか公演は残席僅かだそうです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/67745163

この記事へのトラックバック一覧です: 『普通の人々』が幕を開けるby天衣織女:

« 『四つの椅子』by演出助手・渡辺 | トップページ | 普通に・・・最後のお願い  by 天衣織女 »