フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 『普通の人々』 | トップページ | 「3のこだわり」by芹川藍 »

2016年8月27日 (土)

『次は…』by演出助手・渡辺

私はスポーツが好きだ。
 
と、以前にも書いた記憶がある。きっと四年前だったんだろう。
子どもの頃、待ち遠しかったスポーツの祭典が、あっという間にやってきて去っていた。
 

日本との時差が12時間のラテンの国に向け、気力体力の続く限り叫び、嗚咽し、拳を突き上げ続けた。
 

中継、結果、特集とTVをザッピングしまくり、仮眠をとって次の競技に備える。
移動中はスマホの配信。
28競技306種目のうちどれだけ観られるのか不安になりながら。
 

「アンタ、仕事中に観てないだろうね。それとも寝てるんじゃないの?」と、しょっちゅう芹川さんから言われた。
 
それはない。
それは私の流儀、信義、ロマンに反するのだ。
私自身がやるべきことを行わないと、全精力を傾け闘う選手に失礼なのだ。
仕事中にチョイ見し、鼾をかくぐらいなら、仕事を休む。
「全ては聖火が燃えるこの時の為に」
 

「オリンピックはアンタの何んなの?」と芹川さん。
そうなのだ。
私が努力したわけではない。私に才能があったわけではない。私が育てたわけではない。
 

『普通の人々』の稽古が始まった。
登場人物は100mを9秒台で走ったり、水中から足を突き上げたり、200kgの鉄の塊を持ち上げたりはしない。
TVを観ながら「ヨシッ」と叫ぶ普通の人々だ。
 
ただこの“普通の人々”にも劇的で、辛辣で、歓喜溢れる瞬間があることを、この舞台は気づかせてくれる。
 
『あらゆる人間の総意が地球をまわし続けている』
劇中で出てくる言葉だ。
 

 選手とともに涙する健気な人々が地球を生かしているのだ!
と思いたい…。
 
さあ、次はサッカーワールドカップ予選。
「負けられない戦い」がまたやってくる。
 「スポーツって一年中あるのねぇ~」という芹川さんのコトバが聞こえてくる。
 『普通の人々』
http://www.aoitori.org/index.html

« 『普通の人々』 | トップページ | 「3のこだわり」by芹川藍 »

コメント

「負けられない」試合にまた負けてしまった…。

まだまだ鍛練は続く…。

あっこさんはパリーグですね?
私は神っているセリーグです!


オリンピックより赤いタオルをブンブン振り回していました!


だけど勝敗に一喜一憂は同じです~!

うふふ・・・渡辺さんの気持ちがよく分かります!
私もタイムスケジュールと睨めっこで
仕事をしながら、いけないいけないとラジオにテレビと、
仕事をしながらも”ある神経”は五輪に集中
まわりに迷惑をかけてはいけないとラジオききながらテレビは消音
それでも、時々 でちゃうんですよ。。。悲鳴がぁ

「何があった=3 音は出していいから集中して観戦しなさい!」とお言葉を
頂きました。

次はピョンチャン どさんこは 冬季五輪はもっと熱くなります。
時差が一時間しかないから一日中テレビはつけたままになるんだろうな・・・

そして サッカーが始まりましたが
その前に パ・リーグが熱すぎて 
これからひと月は我がチームの勝敗に一喜一憂・・・
それが終わればフィギュアだし・・・
この熱が冷めることは ないんだなv

オリンピックが終わり、選手が帰国して、レスリングの吉田沙保里さんが近ごろ、4年後の2020年の東京オリンピックを目指して行くと言う会見があった。
銀を取ったき『お父さんにおこられるー!』と泣いたとき、テレビの前で一緒に泣いてしまった。
帰国してからも、報道される吉田沙保里さんが、泣きべそだと私も泣いていた。
苦しい笑顔の時も、一緒に苦しかった。

どんなにどんなに準備万端でも、どんなにどんなに打ち込んだ練習をしても、思い通りにならないのが、親になったかのようにかわいそうで、ともだちのように悔しくて、親戚のおばさんみたいに、それでもあんたが好きだよ!と言う私にも
ドラマを見せてくれた吉田沙保里さんが眩しく見えます。

普通の人々
琴線に触れるいろいろな出来事が、ぎゅっと詰まった、素敵な作品。
生きているっていいなと思わせてくれる泣ける作品。
ポッと心が温かくなり、人を大事に大切にしていきたくなるような作品。

早く会いたい。あの人に~!あの11人に!

熱く真摯に鋭い眼差しで応援する姿が
浮かびます!
ともに泣き 笑うのでしょうね。
アニキ カッコいいです!
して
その時は、お酒を呑まれるのでしょうか?
私は、ほろ酔いでノックダウンしてしまいました。

2020東京。あと4年でやってくるとは!
渡辺さんがどんな体制で臨まれるのか、今から心配なような、楽しみなような^_^
すべては観れないジレンマに滝にでも打たれに行って全選手に念を送る図が浮かんでしまいました( ^ω^ )

さすが男前、渡辺さんです💕
私はスポーツ音痴ですが歳を重ねるごとにスポーツ観戦が好きになってきています。卓球男子、バトミントンダブルスは釘付けでした💕
〈普通の人々〉過酷なアスリートですよね💕
公演たのしみすぎです💕💕

それまで、辛うじて4〜5位(6人で)
マグレで3位なんて時もあったのに…
小学6年生の駆けっこで、ビリになった私。
脚の回転数なのか、歩幅なのか…
速く走れる人が、どれだけ羨ましかったか。
今でも現在進行形で、運動神経の良い人は憧れです。
数えきれない程の普通の人々の中で、頂点に立てる限られた人達。
天から与えられたその才能は、人の何倍もの辛い練習で磨かれて光り輝くのでしょう。

でも、そんな天賦の才能に恵まれなかった人々にも、心を震わせる瞬間がある事を
「普通の人々」は教えてくれます。
あの瞬間をもう一度!

渡辺さんがスポーツをお好きなのは聞いていましたが
本当にお好きなんですね〜〜〜
A・SO・BO塾で真剣に叱ってくださる時の言葉、情熱と同じものが伝わってきます


『普通の人々』今の私は何を感じるのだろう
10月、会いに行きますね
とってもとってもとっても楽しみにしておりますheartheartheart

私は一番は体操に感動しました!
凄かったです。


もちろん『普通の人々』公演も楽しみにしています~。

うふふ!
流儀、信義、ロマンの渡辺さん!
かっこいいわ。

わたしも今夏、いつもよりちょっとだけ テレビに魅入っていたように思います。

カヌー競技を初めてしったし。男子卓球も興味深く見ました。

わたしは水泳部だったので、競泳だけは力が入りました。


2020年の、わたしにとって二度目の東京オリンピック、見に行ってみたいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/67195665

この記事へのトラックバック一覧です: 『次は…』by演出助手・渡辺:

« 『普通の人々』 | トップページ | 「3のこだわり」by芹川藍 »