フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 生きてるって~ by葛西佐紀 | トップページ | 「北国の春〜」by 長井八美 »

2016年4月15日 (金)

うちから出てはいけません〜by芹川藍

あのですね…わたくし買い物が苦手なんです。
 
母も妹もおしゃれさんで、買い物好きだったのに。
 
ワタシャ苦手なんです。
 
着るものは気持ちがいいものでいい…。
 
靴は履きやすければいい…。
鞄なんざ便利であればいい…。
 
 
先日の劇団青い鳥ASOBO塾の新宿への稽古。
 
西口の仮設の店にあったリュックに目が止まる。
 
外ポケットが3つもある!!
 
便利そう!!
 
使いやすそう!!
 
るんっ♪
 
しかも、金のシャムネコがちりばめられてる。
 
 
早速、即決購入した。
 
 

『先生、どうしたんですか?それ。』
『えー!買ったんだけど、ダメ?ですか?』
『ん〜!狛江から出ない方がいいですよ。』
『えっ(((・・;)…。』
 
これは演出助手の渡辺との会話。
そこへ来た、天光に、
『どうしたの?そのリュック。』
『えー!仮設の店で買ったんだけどダメ?』
『んー、狛江から出なければいいんじゃない。』
『えっ(((・・;)…。』
 
 
 
私は、試着もせず、深く考えもせず買ったものに、自信のない不安がつきまとい、あげくに近くにいる人に聞く。
 
 
『狛江から出なければいい。』
『下北までじゃない。』

『新宿までならいいよ。』

『大阪・ひたちなかに着て行けると思う。』

『それは、うちから出ちゃダメ!』
(ガーンガーン( ̄□ ̄;)!!)

という評価がくだる。
 
 
ただ、時として間違う。

狛江用なのに大阪へ着て行ってしまうことがある。

うち用なのに新宿に着て行ったこともある。

私が気づいたのではなく、葛西がそっと耳打ちしてくれたのである。
 
昨年、鹿児島の仕事へ行く前の日に、張り切って買ったおしゃれな大きめサイズの上着を着て行った。
 
それを見た、田倉さん。
 
『どうしたんですか?それ、テルマエロマエのようですよ!』

『えっ?テ、テルマ?』

『阿部寛のなんかギリシャ神話みたいなお風呂の映画ですよ!よく知らないけど。』
 
私はそれを一度だけ着て
 
…捨てた。
 
さて、皆さま、今度会うとき私はどこ用までの洋服を着てるでしょう。ふふふ。
 
 
私は。
ああ〜!制服が欲しい。

« 生きてるって~ by葛西佐紀 | トップページ | 「北国の春〜」by 長井八美 »

コメント

この前、けったいな夢を見ました。
何か着物を買わなくてはいけない雰囲気のところに、どうしたことか私がいて、

みんながそれぞれに着物を選んでいました。

私、ここ数年着物を着ていないし、自分では着れませんし、買うときはたいてい母の見立てでした。

そんな訳で、どんなもんかな〜?と自分で“いいなあ”と思う物を思い切って買いました。

るんっ♪(何だかちょっとうれしい気分になりました。)

そう思ってると、着物姿のお師匠さん風のご婦人が側に寄って着て、買った着物は私には合わない。ピンク系を選んだのですが年から考えたら紫がいいと言うのです。それに「返して来なさい」と言うのです。

え〜〜〜ッ!って思ったところで夢が覚めました。

何だか嫌な気分!

私は思いました。私が選んだいいなあや好きは私そのもの何だから、大切にしたい。人にどうのこうの言われても、守って生きたいなあ。

シャム猫…?

昨年のお稽古で、芹川先生の着こなし素敵だなと思っていましたよ!
ベレー帽と白のブラウス、水玉のストール。
そんな私はこれでもお客様にお洋服を提案するお仕事です(^_-)
ちょっと攻めてるくらいがかっこいいです。
どうか自信をお持ちくださいませ!!

モモエさんでの、三人娘のときのスカジャンにお札柄のスカートも大好きです♥

この先、講座のたびに阿部寛を想像してしまうではないですか。困ります‥

私は学生のころ、「制服が一番似合うね」とよく言われました。
褒められてるのか、複雑でした。
今でも、服を買いに行くうちに何がいいのか分からなくなります~!
芹川先生のお話し ちょっと嬉しい。

気持ちいいものが一番じゃないかと思います。私もそうしてます。ハイヒールも履かなくなりました。

役柄以外で初めて先生を拝見したのは、
東京A・SO・BO塾の
「朝日のあたる店」公演終了後の挨拶の時か…。
それとも、1日体験の時か…。

豊かなボブヘアーと、お洒落なジャケットにブローチが光って、
なーんかシュッとされてましたよ〜
素敵でした〜〜\(^o^)/

先生のお話に乗っかる訳ではありませんが、私服選びに自信が持てない私は、
通販の「コーディネートはコレでバッチリ!」
みたいなセットを買って、それをヘンテコな組み合わせで着ちゃったりしてます。

お家限定のお洋服も狛江限定のリュックも、思い切ってあちこちにお供させてあげてくださいませ。
着ちゃったモン勝ちですよ♪ きっと。

そういえば・・・
初めて芹川先生にお会いしたころ、
東京の女優さん(勝手なイメージです)でも
服装はわりと地味だわと思ったことを思い出しました。

スタイリストさんを付けてパリかミラノ行きに
ビシッとキメてる芹川先生も一度見てみたい!です。

ごめんなさい、北海道のあっこさん、お名前変換が!お許しをー!

北海ドアのあっこさん、の投稿同様に、私も、ベレー帽をあんなに素敵に被られてかっこいい!と、ひそかに思っている一人です。

先月にTDLに3年ぶりくらいに行って、待ち合わせていた友達からの第一声が、オラフかと思ったと言われました。その格好で地元も出歩いてました、電車に乗って出かけてしまったわけです。葛西さんみたいに囁いてくれる人が居ないですー。

え=3 
どんなリュックなんですか????
気になりますぅ・・・・

え=3 それにしても、そうなんですか?
ペコさんのベレー帽に憧れて
私もベレー帽の似合う大人になりたい!と おもって50歳になり
ときどきベレー帽をかぶりますが
憧れのペコさんには届かないなぁ・・・と 思っていますが

そうなんですかぁ・・・

私にとっては素敵なペコさん!

そうじゃない服装も観てみたい!

○×用・・なんとなくわかります。
私も近所の観光名所にあるショッピクングモールに
行くときは、自分の庭と称して
近くのスーパーに行く感覚
まわりにおしゃれしてるひとや観光客がいても
あくまでも近くのスーパー
それが、そのそばの道一歩超えると
札幌の街になるから
ちょっこしおしゃれをしていく・・・

公共機関に乗るか乗らないかで
服装が変わる

ベレー帽もちょっこしおしゃれの時のアイテム!

そういう線引きせずに生きるって
ある意味何かを超越しているってことだから
なんだか それも素敵でキュートです!

先生、可笑しすぎます!
いつか芹川ブランドを立ち上げてください。
みんなでそのブランドの制服着て…。
いやぁ、それはかえって、恐ろしいか!
みたいなあ、シャムネコのリュック!
見たかったなあ、幻のテルマエロマエ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きてるって~ by葛西佐紀 | トップページ | 「北国の春〜」by 長井八美 »