フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「モモエさん、これでいいかな?」〜by天光眞弓 | トップページ | 『今から、27年前の私たち』by芹川藍 »

2016年1月12日 (火)

モモエさん、大切な今年が始まりました~葛西佐紀

申年の一年が幕を開けた。

桜の枝には、その時を待ち構えているまだ固い、固い蕾がくっきりと目に映る
空気の澄んだ天気晴朗の一年の始まりだ。

一年の計は元旦にあり・・・で

私はどうやってここまで生きてきたんだろう・・・なんて思いにふっとかられた。

将来の「ビジョン」や「野望」や「夢」、そういった類のものを胸に秘めて歩いている方の
お叱りを受けるかもしれないが、私は若いころから、いや小さい頃からその手のものが
ほんとうに苦手だったし、今もそれは変わらない。

では、どうやってこの道を選び取ってきたのだろう・・・

例えば、街頭質問で「あなたはどうやっていきてきましたか?」と聞かれたとする。

「う~ん、行き当たりばったりというか・・・気分?・・・」と答えたなら
恐らく、多大なひんしゅくをかうだろう。

「なんと浅はかなこといってんだ」
「人生そんな軽くはないだろう」
「深遠なる生へのボウトクだぁ」
「なにかっこつけてんだぁ」

確かに確かに・・・でも、だが、しかし・・・

建前を抜きにして、深く深く心の奥を探っていくと、そこに辿り着いてしまうからしょうがない。

いろんなことがその時々の「気分」に根ざしているように思えてならないのである。

「気分」というのはいい加減なものかといえば、そうではない。
時には強力な味方だったり、時にはとてつもなく厄介なものだったりもするのだ。

しかしその繋がりが今ここにある自分だとしたら、そう悪い答えではないようにも思う。

言葉にならないその心の在り様が、あらゆる情感の繋がりが、
今ここにある自分だとしたらその時々の「気分」がいっそ愛おしく思えたりする。

多分、さようならの向こうがそんなに遠いものではない今だから
こんなこと思うのかもしれない・・・・・・・ね。

「わからないことはモモエさんに聞け」の主人公松子さんの、最後に見る景色が輝いていることに想いを馳せるとき、
こんな思いが私の胸をくすぐるもかもしれない・・・・・・ね。

もうすぐ私たちは松子さんと一緒に大阪に向かいます。

私たち、松子さんと一緒に「頑張りま~~す!!」

« 「モモエさん、これでいいかな?」〜by天光眞弓 | トップページ | 『今から、27年前の私たち』by芹川藍 »

コメント

気分はとっても大事です。
 
気をどっちに分けるかで全く違った一日が始まり、終わる。
私も気分に乗って、気分に甘えて、気分に任せて今日、ここにいます。
 
松子さんの“気分”がどんな物語の展開を見せるのか…。

2016年も明けてあっという間に半月が過ぎようとしています。

皆さん、お元気で稽古されていらっしゃるのですね。

大阪公演も、東京公演同様、お客様の笑いと拍手と涙で素晴らしい公演になるでしょうね。

がんばれ!!がんばれ!!

楽しみにしています。

最近、人生の終わり方というか、それまでの過ごし方について考えさせられるような出来事がありました。
そんな折、実家の母から
まるでパトラ子先生の御託宣のような言葉が語られるのを聞きまして、
何か不思議な流れを見るような、そんな気持ちがしているこの頃です。

急に寒くなってまいりました。
大阪公演のお稽古も佳境を迎えられていると思います。
皆さま、お風邪などひかれませんように。

松子さん、青い鳥!
ありがと〜〜〜う
がんばれ〜〜〜〜〜〜〜!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/63426278

この記事へのトラックバック一覧です: モモエさん、大切な今年が始まりました~葛西佐紀:

« 「モモエさん、これでいいかな?」〜by天光眞弓 | トップページ | 『今から、27年前の私たち』by芹川藍 »