フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月27日 (火)

「モモエさんに聞いてみたら…」by演出助手・渡辺

「モモエさん」と聞いて、誰を思い出すかで年代が分かれる。
 

『わからなければモモエさんに聞け』
私だったらモモエさんに何を聞くだろう…。
     
なんかひょんなことでモモエさんに聞けることはあるかもしれない。
二度と聞けないのが他界した両親だ。
 

夕暮れ時の台所で、お茶碗を洗いながら母は何を思っていたのだろう。
一言も話さず、ずんずん歩いていった父は何に怒っていたのだろう。
子守唄に唄ってくれたのは、なんていう歌だったんだろう。

 

父や母の好きなものを本当に私は知っていたのだろうか。
何に興味を持ち、何に憤り、何を目指していたんだろう。
友だちや先輩後輩として出会っていたら、もっと知り合えていたのかもしれない。


きっと、父母も私のことをよく知らなかったんじゃないか。
 

今ごろ天上で「あの子はいったい何を考えてたんやろ?」と首をひねっているかもしれないな。

 


 


 

2015年10月24日 (土)

「モモエさん 予告ムービー間も無く!」by高彩裕子

「モモエさん」のチラシも出来上がりましたね♪
可愛いらしさにどこか懐かしいような風合いのぽんわりカラーの玉、
そして、DMではブルーだったタイトルがピンクに!
なんだか眺めているだけで明るく楽しくなってきます♪♪





さあ、次は
予告ムービーですね!
只今、編集中〜〜〜
間も無く公開です。

おっ楽しみに〜〜〜(^-^)/



2015年10月21日 (水)

モモエさん!!…前へ前へ進むのだー!by近内 仁子

「わからなければモモエさんに聞け」の本チラシ出来上がりましたーー♪
( ´ ▽ ` )ノ✨✨
ポップで可愛い、いつもの青い鳥のチラシとはカラーの違うチラシです💕
眺めているだけでもワクワクとしてきます(*^^*)

絶賛!「モモエさん」の稽古中!なのですが
そんな中、来年の計画についても話し合いがもたれました♬

ちなみに今日は…会議室がとても広いです。
7人でこの広さ、あは♪( ̄▽ ̄)
来年の活動範囲の広さを暗示してるかのようです、あは♪( ̄▽ ̄)

来年もさらに飛びます♪
前へ前へ
翼を広げて飛び続ける青い鳥はかっこいいです。

さあ!前へ前へ!
40周年のその先へ!
Image


2015年10月19日 (月)

「モモエさん…小さい頃の写真から…」by 長井八美

驚くほどのスピードで一日、一日が過ぎていく。このまま行くと自分が考えているよりも早く年をとってしまうのではないかとものすごい不安に襲われる。

先日、稽古場で天光さんの子どもの頃の写真を受け取った。懐かしい白黒の写真だ。デパートの屋上の写真や家族と一緒に写っている子どもの天光さん。同年代の私としては、その頃の空気や自分が考えていたことが思い出された。

「モモエさん」の中に出てくるデパートは、デパートが都会の遊び場であり、おしゃれして出かけるところだった子どもの頃を思い出させてくれる。それは、まるで昨日のことのように思い出すが、考えてみればもう50年以上前のことだ。。

デパートは、子どもの私は買い物するわけではない。目的はもちろん!屋上の遊園地と大食堂だ。大食堂には食べたいすべてのものがウインドウに並んでいる。それをしばらくジーッと眺めているのだが、食べるのはいつも「お子様ランチ」だった。三角形の小さなお山のチキンライスの上に立つ小さな旗は「これはあなたのものですよ!」と語りかけているようだった。

屋上では、ソフトクリームを頬張りながら飛行機や木馬にまたがる。今の私より若い父や母の顔も浮かんでくる・・・

懐かしい思い出はあっても、実際に写真はない。天光さんの写真はぜひ、パンフレットに登場させたいなあと思っている。

「モモエさん」は奇想天外な作品で、心の中にしまってあったさまざまなシーンが登場してくる。稽古場ではそれを肉付けするためにさまざまな試みが行われている。

本番まで、あと二ヶ月を切った!私もいよいよ本格的な宣伝活動に入ります!

「わからなければモモエさんに聞け」絶賛発売中!!!!

12月20日(日)はキャンセル待ちとなりましたが、他の日はご予約承っております。ご予約がまだの方はどうぞ早めに。お待ちしております!!

2015年10月15日 (木)

「モモエさん逆ってなんの逆やねん。」by芹川藍

「わからなければモモエさんに聞け」あと二ヶ月!


先日打ち合わせでやたらと「逆に」を連発のスタッフに会った。

「逆にそこはいらないかな」
何が逆?

「逆にそこは立っていただかないと」
何の逆?

「むしろ逆に立ち位置が逆がなんだ」
逆の逆ってなんなんじやい?
テメェに「正」はないのかい!


語尾上げ言葉なんかは近頃定着しちまって。

「私ってピザ好きじゃないですか⤴」
あぁそうなんですか…。

「私はほらAB⤴型⤴」
知らんがなあ…。

「私、近頃離婚したじゃないですかぁ⤴」
テメェの離婚を人に尋ねるな!


語尾上げ言葉
逆に
~的な


しかし、 言葉 を手にした時より変化を続けてきたのだから、これも変遷の流れか。

「逆に、これこそ今的に、チョーヤバイSST⤴」


追伸
「わからなければモモエさんに聞け」の前売り開始しました。
ご家族とかお友達とか親戚とか…愛人…恋人…どうぞお誘い下さい。

2015年10月12日 (月)

モモエさん~私が子供になった日 by葛西佐紀

先日、私は風邪を引いた。
めったなことでは、お医者さんの世話にならず、自力でなんとかする私であるが
今回はそうもいっていられない症状で、バイト先の近くの病院へいった。
シブシブである。


「葛西さん~第一内科にお入りください~」
「ハイッ!」

それまで熱でフーフーいっていたにもかかわらず、
その返事の元気のいいことといったらない(誰が聞いているわけでもないのに)。

病状を話すときも、やけに笑顔でハキハキと、
あたかも、大したことないけど、ちょっと念のために来ましたぁ~といった風情で説明する。

決して注射などという代物は必要のない元気な自分をアッピールする私なのである。

そして、私は見つけた。

母におんぶされて行った病院で、お医者さんの前に座らされた途端に、
注射されたくない一心で元気にふるまっていた子供の頃の私を。
(その努力の甲斐なく、結局ペニシリンをお尻に打たれるのだが)

「葛西さん、注射しますね」
「エッ!注射?打つんですかっ!!」

おそらく私は子供のときそのままに、不安な顔を見せたのだろう。

先生は「注射いやですか?」と優しく聞いてくる。
「ハイッ!」と私は希望を込めて元気に答える。

さらに優しく「熱、早くさげないとね、打ちましょう注射」とのたまう先生。
一段と明るく「どこに打つんですか、お尻ですか?腕ですか?」と詰め寄る私。

「・・・・・・血管です・・・皮下注射より痛くないですからね」と笑顔の先生。
「・・・・・・ハイ~・・・」と弱り目に祟り目の私。

子供の頃と同じように、努力空しく、看護婦さんに腕を差し出した私であった。

いろんな場面で子供の頃の自分を見つける。

あの頃はね・・・と昔話になれない自分がいろんな所にころがっている。

そして、見つけるたびに、懐かしさと切なさに、

ちょっとうろたえてしまう私である。

2015年10月 9日 (金)

「モモエさん…未来人の驚き」〜by天光眞弓

最近、知り合いが携帯電話を替えた。ガラケーからとうとうスマホに。。。

いまだにガラパゴス島の住人の私はちょっとだけ、離れ島から都会に飛び立っていかれた気分だった。そりゃあね、都会は便利だし、どこにいたって、わからないことがあったら任せといて!とばかりに物知り博士ぶりを発揮してくれるんだもの。
時代は止まれないんだもの。
ガラケーでもスマホでもそんなモノがなかった頃…といっても、ほんの数十年前だろうが…本物のガラパゴス島の歴史に比べたら、まばたきしたくらいの一瞬。
家に電話がない時代だってあった。
その頃、緊急に誰かに連絡したい時は?道順がわからなくて調べたい時は?
どうやって解決していましたっけ?
もっと遡って…江戸から明治に変わる時代…あの坂本龍馬はんは四国から京都から、九州から日本各地を巡り歩いている。しかも、行き当たりばったりでなくて誰か目指した人に会うために、どすえ〜。前もって約束なんてできひんのに、どすえ〜。メールも電話もあらへんのに、どすえ〜〜〜〜なぜか関西弁っぽくなってしもうて、カンニンどすえ〜
ね、どうやってその目指す人を探し当てたのだろう?その町に行き着いたとしても、たまたま留守にしてるってことだってあったんじゃないか?
ちょっと超能力っぽい?!
何かで読んだ事がある。「ハサミが発明されて、人類はハサミがなかった時代に持っていた能力を失った」
私たちが今、毎日次から次へと生まれる便利グッズに囲まれて、何を失っているかわからないけど…
この先…スマホだって遺跡になっているかもしれない時代の未来人にとって、今の私たちはどう映るだろう。
「21世紀の人ってすごい!こんな便利な*凸#⌘∩§がなかったのに料理が作れた!」とか「指で叩いて文字入力してた!」とか
驚かれる時代が来てもおかしくない…んじゃないかい…

2015年10月 6日 (火)

『モモエさん…愛しのガラパゴスぞうがめよ、犬よ、猫よ、うさぎよ、カラスよ…』by天衣織女

ガラパゴスぞうがめの寿命は、100年以上と聞く。
ということは、私はガラパゴスぞうがめは飼えないということだ。
そう、その寿命のちがいからだ。
特別ガラパゴスぞうがめが大好きという訳ではないが、
一生、絶対、飼えないと思うと、なんとなくさみしい。
ひょっとして、犬や猫も私には無理なのかもしれない。
 
 

私は、いろいろな動物と一緒に育った。
時になぐさめられ、時に邪険にあつかったりした。
動物は可愛くて可愛そうで、申し訳ない気持ちになる存在なのだ。
 

散歩に出かけると、かならず犬に会う。
嬉しくてたまらない風に歩く犬。
散歩が苦手そうに歩く犬。
 

チョコチョコと目の前を歩く犬の、おしりの穴を見ながら、
昔、ギュッとだきしめた時の匂いや、肉厚な感覚、
可愛くて可愛そうなあの見上げる視線とはもう出会えないのかもしれないと思うと、
時々胸が熱くなる。

2015年10月 5日 (月)

『わからなければモモエさんに聞け』 先行予約最終日!!!!

本日、劇団青い鳥40周年パラダイスvol.2
「わからなければモモエさんに聞け」

先行予約最終日!!!!!

受付隊、今日は‥
1名と助っ人1名で皆様からのご予約おまちしています♡

「 イエッサー 」
「ギャー」

Ora_2

主婦の松子が旅にでた。わからないから旅にでた。

その旅先で見つけたものは涙がでるほど輝いていた。


劇団青い鳥公演40周年パラダイス
「わからなければモモエさんに聞け」
東京12/15~20日
大阪1/23~24日
TEL 03-3486-7727  FAX03-3486-7728
mail:aoitori@aoitori.org
先行予約特典★2016年青い鳥カレンダー


2015年10月 4日 (日)

『わからなければモモエさんに聞け』先行予約2日目!!!

本日、劇団青い鳥40周年パラダイスvol.2
「わからなければモモエさんに聞け」

先行予約2日目!!!!!

受付隊3名、ご予約おまちしています♡

「 イエッサー 」

Photo

主婦の松子が旅にでた。わからないから旅にでた。
その旅先で見つけたものは涙がでるほど輝いていた。

劇団青い鳥公演40周年パラダイス
「わからなければモモエさんに聞け」
東京12/15~20日
大阪1/23~24日
TEL 03-3486-7727  FAX03-3486-7728
mail:aoitori@aoitori.org
先行予約特典★2016年青い鳥カレンダー

2015年10月 3日 (土)

『わからなければモモエさんに聞け』先行予約真っ中!

『わからなければモモエさんに聞け』
本日より先行予約開始しております。
5日までの先行予約特典あり!
是非、この機会にお申込みを。

お電話お待ちしています!

[東京]
2015年12月15日(火)~20日(日)
15(火)19時 16(水)14時 17(木)19時 アフタートーク有
18(金)14時 19(土)13時/18時 20(日)13時

[大阪]
2016年1月23日(土)24日(日)
23(土)17時 アフタートーク有 24(日)11時/16時 
前売 4200円 当日 4500円 小学生以下 2500円 75歳以上 3800円

【先行予約】10月3日(土)~5日(月) 10:00~17:00
TEL:03-3486-7727 FAX:03-3486-7728
mail:aoitori@aoitori.org

先行予約特典!
★2016年青い鳥カレンダー!
★日時特定割引 3800円 
  12/15 19時 12/16 14時 12/18 14時 1/24 16時
★ゴールデン割引 70歳以上 3500円

___2

2015年10月 1日 (木)

『わからなければモモエさんに聞け』 先行予約のお知らせ!

『わからなければモモエさんに聞け』
2015年劇団青い鳥の最後を飾る公演であります!

作 天衣織女 演出 芹川藍
出演 天光眞弓 葛西佐紀 天衣織女 近内仁子 中島桃香 / 芹川藍...
ファンタスティックな人情話、疾走感あふれる心のロードムービー、めくるめく楽しい時間!

[東京]
2015年12月15日(火)~20日(日)
15(火)19時 16(水)14時 17(木)19時 アフタートーク有
18(金)14時 19(土)13時/18時 20(日)13時

[大阪]
2016年1月23日(土)24日(日)
23(土)17時 アフタートーク有 24(日)11時/16時 
前売 4200円 当日 4500円 小学生以下 2500円 75歳以上 3800円

今週末より3日間限定!先行予約を行います。
【先行予約】10月3日(土)~5日(月) 10:00~17:00
TEL:03-3486-7727 FAX:03-3486-7728
mail:aoitori@aoitori.org

先行予約特典!
★2016年青い鳥カレンダー!
★日時特定割引 3800円 
  12/15 19時 12/16 14時 12/18 14時 1/24 16時
★ゴールデン割引 70歳以上 3500円

お得度満点。この機会にぜひお申込みくださいませ。

Senkou

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »