フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「モモエさん」一人旅〜by天光眞弓 | トップページ | 「モモエさん」なんとしても船出です~by芹川藍 »

2015年9月12日 (土)

「モモエさん」 秋だ!メランコリー by葛西佐紀

くそ!がつく暑い夏がなんだか拍子抜けに過ぎて行き、そのあと大雨がドドッとやって来て、
気がつけば、晴れ渡った空にいわし雲があった。

私の住んでいる玉川上水付近は、こんもり、鬱蒼とした緑が多く
その流れに沿って続く道は、夜遅く歩いていると、
まるでブラッドベリの世界はかくありなんと思わせる。

雨がシトシト降っていようものなら、空気が鈍色に染められ、
怖がりの私は、聞こえるはずもない「霧笛」が風に乗って聞こえてくるようで、
追い立てられるように、小走りになったりする。

怖いけど、魅惑的な大好きな道


そんなお気に入りの道に、今、車の渋滞緩和とかいって新しい道路を造り始めた。

いやぁ~まいった!!
こんもり、鬱蒼がバッサリ!
言い方を変えれば、視界良好!と言えなくもない。
しかし・・・まいった!!


生死に関わることではないけれど
自分の生活の一部が欠けてしまったようで・・・
私を形作っている、いろんな形のジグソーパズルの一片が、
指でツンツンされているようで、心の奥の方が、痛痒い。

そして、そんな変化を目の当たりにして、こうも思ったりしてみる。

この後、私が生きてずっとここに住んでいて、この道路の風景をどうにか我が物にした後、
また道路を潰し、今度は例えば巨大ビルディング街になったとしたら
私はその道路の走る風景を懐かしく、愛おしく、思うのだろうか・・・・


いかんいかん、秋の気配に誘われて、メランコックに耽ってる場合じゃないぞぉ~~

15日から「モモエさん」の稽古が始まるのだぁ~
今度はどんな姿を皆様の前にお披露目できるか・・・


冬枯れの時、お会いできることを楽しみと励みにして

いざ行かん!!

« 「モモエさん」一人旅〜by天光眞弓 | トップページ | 「モモエさん」なんとしても船出です~by芹川藍 »

コメント

先日、すこしばかり憂鬱な出来事があり、秋の訪れも手伝ってか、物悲しくいつになくセンチメンタルになっておりました。そんなとき、後ろを振り返って『見城ちゃん、どお?』と、ドスのきいた声で歩きながら相談したいなあと思ってしまいました。今度は、モモエさんですねっ!世の中は変わっていっても青い鳥は、変わらない美しさで在ってくださいね。

「静かな朝だ。町はまだ暗闇に眠っている」
ブラッドベリの『タンポポのお酒』をいつも最後まで読めず、ふんがーでした。

環境の保全を考えるときに、希少性や生態系の維持だけを物差しにすると、それは彩りや奥行きの無いものになると言う人がいました。そこには人々の愛着や人々の暮らしとの関わりの歴史という物差しが必要だと。

欝蒼とした、というと、忘れた宿題を取りに行って戻って来ない少女を飲み込んだ森を思い出します。
あのオレンジルームももう無いのですが。

モモエさんも、モモエさんに会えるB1も、きっと忘れられない大事な記憶になると思います。むっちゃ楽しみにしております!

私にも「鬱蒼」とした場所がある。
立ち入れないでいる場所がある。


それは不気味さと、憧れと、不思議さと、畏れと、懐かしさと、いろんなものがない交ぜになった場所。

『となりのトトロ』でメイがトトロに出会った森そのもの。


毎日そこを通るたびに少しの間、立ち止まってしまう。

いつか足を踏み入れたい。いや決して踏み入れてはいけない。


そう思いながら「鬱蒼」を背に歩き出す。


母方の実家は神社で、小さいながらも社務所の後ろには樹齢ウン百年の巨木が茂っていました。
15年ほど前、社務所の建て替えと石垣再建の費用捻出の為に
その巨木を何本か切りました。

「鬱蒼と」していた神社の森は姿を変え、朽ち果てた人形やお供えの置かれていた気味の悪い祠は、
明るい陽の元にその姿を晒して、ただの祠になりました。
小さい従姉妹は
「神社の森がなくなっちゃった」と泣いていました。
新しい玉垣と社務所、そして明るい神社の裏は、何年経っても慣れません。
そして私はきっと死ぬまで、あの森を懐かしく思い出す事でしょう。

もうお稽古が始まるのですね。
「モモエさん」は
何を教えてくれるのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/61580552

この記事へのトラックバック一覧です: 「モモエさん」 秋だ!メランコリー by葛西佐紀:

« 「モモエさん」一人旅〜by天光眞弓 | トップページ | 「モモエさん」なんとしても船出です~by芹川藍 »