フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マスク?それともサングラス?〜by天光眞弓 | トップページ | もぅ~悲・染み~by芹川藍 »

2015年4月12日 (日)

花に嵐の・・・ by葛西佐紀

「花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生さ」


今年もまた雨と風で桜の花は散っていった。

もっともっと見ていたいのに、不思議とこのときとばかりに風が吹く、雨が降る。

ずっと続けばいいのにと思う“その時”は、ずっと続かないのだということを、

“その時”はあっというまに過ぎていくのだということを目の当たりにするのだ。


そして、この圧倒的な儚さをまえにして、いつも「花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生さ」の名文が私の頭をかすめるわけである。

しかしである、同時に心は次の年の桜に思いを馳せる。

時は巡り、 また一年という時間をプレゼントされたような気さえする。

だとするなら、さよならの向こうにあるのは、希望と期待かもしれない。

私はたくさんのさよならを繰り返して、いろんなさよならのたびに、

その先に明日を見てきたような気がするのだから。


それにしても、天の暦は美しい、

花、草木、海の色、空の色、雲の形、そして人の生死もその中に入れようか。

移ろいゆく天の暦は儚いけれど、また次があるのだと、明日があるのだと、

私の背中を押してくれる。

そして、いつかこれが最後の桜だというときが来るのだろう、

だとしても、そのさよならの向こうに、またいつかきっと会えると思えれば、

それは、そのことは、私にとって希望であり、期待にもなるわけでぇ・・・・

洋々としたその旅立ちに、手を振ってバイバイできるかなぁ・・・

なーんてね

またしても、とりとめもないことを考えてしまう

桜の時でありました。

« マスク?それともサングラス?〜by天光眞弓 | トップページ | もぅ~悲・染み~by芹川藍 »

コメント

これでお別れ、二度と会えないと思うと急に美しく見える。名残惜しくなる。。。なんでしょね、この心理。

日本人選手がメジャーリーグに行くようになり、アメリカの実況が「サヨナラホームラン!」と叫ぶのを聞いたことがある。
サヨナラとはなんとも美しい、切ない、こころ揺さぶるコトバなんでしょう。

さよならだけが人生さ。

この杯を受けてくれ、どうぞ並々とそそがせてくれ…さよならの向こうにあなたは、居てくれるますか…また会いましょう、桜咲くこの時に。。

さようならの向こう側・・・

なんだか素敵ですね。

悲しいさようならも、覚悟しなければならないさようならも

その向こうに、何かがあると思えるならば

さようならではなく

またね、って言えそうです。

たまたま読んでた本に、中国語のさようならが書いてありました。

では、再見(ツアイチエン)!  と。

来年の桜はどんな想いで見上げるのでしょう?
それを楽しみに今年の桜を見送ることにしましょうcherryblossom

雨と雪降る桜の季節。桜のバトンタッチで、ボンボリみたいな桜やら濃いピンクのやら咲いていて、脳内言語処理が間に合わず、綺麗だなぁ!と言ってました!ヤバイ!
3月末に来ていたツバメはどうしてるかなぁ、と思う寒さ。ブログで、佐紀さんの優しさに包まれてあったかいです。あ、歌じゃないです!ポッカポカです。言葉の湯タンポ抱えて寝まぁす。

「いざ」というその時にも、
怖れることなく顔を上げていきたい。
「さようなら」の向こう側にある光を思い描いて。
そんなことを思いました。
今はただ、風に散る薄桃色の花びらを
けんじゅうのように立ち尽くして見ています。

それにしても天の暦は美しく儚い…。

きれいな言葉を紡ぐ佐紀さんは素敵…。

そんな佐紀さんを私は忘れない。。。

いつか私の肉体はこの世からいなくなるけれど、桜の花びらになって舞いたいなあ…。

と、思ったのでした。。

私も さようならの向こうに 「いつかきっと会える。」と 信じています。

きっと(^-^)

記名忘れて夢の中

さよならは別れの言葉じゃなくて
再び会うまでの遠い約束

誰だったかそんな歌を歌っていたなあ、と思い出しました。

竹宮惠子の漫画の主人公は、ラストで必ず「adieu(アデュー)」と言うのですが、
それは「もう二度と会えない」の意味でした。

私の好きな「さようなら」は、
「さようなら さようであるならば そうあらねばならぬなら」
『楽園の楽屋』で囁かれたあの一言です。

深い深い夜の底から聞こえてくるようでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/59609979

この記事へのトラックバック一覧です: 花に嵐の・・・ by葛西佐紀:

« マスク?それともサングラス?〜by天光眞弓 | トップページ | もぅ~悲・染み~by芹川藍 »