フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« もぅ~悲・染み~by芹川藍 | トップページ | 「普通の人々~いざ出発のとき~」by 長井八美 »

2015年4月17日 (金)

「朗読劇 サチ雄くん」byもりもと恵美

diamond朗読劇 サチ雄くんdiamond

shineshineshineshineheartshineshineshineshine

一回きりの朗読劇
皆様が盛り上げて下さり、無事終了いたしました!

confident会場にお越しくださった方

crying当日急遽駆けつけてくださった方

weep応援の気持ちを送ってくださった方

お心遣いや、lovelyなにより沢山の笑顔を

本当にありがとうございましたheart01

presentribbonribbonpresentribbon

青い鳥や青い鳥を支えてくださるスタッフや

深水三章さんの深い懐の中で

魅力shineある織女さんの作品を皆様と楽しめたこと!

heart04本当に幸せでした!

heart03ありがとうございましたm(_ _)m



« もぅ~悲・染み~by芹川藍 | トップページ | 「普通の人々~いざ出発のとき~」by 長井八美 »

コメント

東中野のRAFT以来、こじんまりとした劇場の時はなるべく一番前に座ることにしています。
前のお客様の背中や頭が視線に入らず、目の前の舞台に入り込めるからです。

向かって右側の椅子に置かれた台本が、左に置かれた物よりほんの少し、クタクタに見えました。
もりもとさんはきっと右側だろうと狙いをつけて、右側の一番前に陣取り開演を待ちました。

ピンポーン!

あの近さ、もしかしたら役者さんはやりにくいのでしょうね?
でもすみません、私は楽しませて頂きました!
こういうの、良いです!
ありがとうございました!

恵美ちゃん

冒頭から、ドキン!! でした。

恵美ちゃんが 
「サチ雄くん」であり「老婦人」であり「監督」であり「あべちゃん」でした。

恵美ちゃんの集中力 ため息が出ました。

そして、織女さんの台本がとっても素敵でした!!
登場人物の皆様は、私とは全く違うあり方の人々でした。
しっかりと、相手に向き合っている、逃げずに真摯に向き合っている

その在り様に心が打たれ涙が止まりせんでした。

いつか、この織女さんの台本を読んでみたいです。

恵美ちゃんさん
「朗読劇 サチ雄くん」
これまでとは違う空間で緊張して開演を待ちました
始まると
“サチ雄くん”が居ました
ドキッとしたりクスッと笑ったり
初めて過ごす時間でした
ありがとうございましたo(*^▽^*)o

見に行きたかっです…東京キッドブラザース!?…のワードが、若い頃の記憶よみがえります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/59679001

この記事へのトラックバック一覧です: 「朗読劇 サチ雄くん」byもりもと恵美:

« もぅ~悲・染み~by芹川藍 | トップページ | 「普通の人々~いざ出発のとき~」by 長井八美 »