フォト
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「ミクちゃん、奇跡の時間です」by芹川藍 | トップページ | さあ!東京ASOBO塾第8期!開幕です♬ by近内 仁子 »

2015年2月18日 (水)

「ミクちゃん巾着の時間です。」by長井八美

今日はまた寒い日になりました。

今年ほど春が待ち遠しいと思うのは久しぶりのような気がします。きっと、「ミクちゃん、お風呂の時間です。」が東京、大阪と終わって、終わったら春になっていたらいいのに。という希望なのかもしれません。

寒い中、たくさんの方々に劇場に足を運んでいただき本当にありがとうございました。そして、「ミクちゃん巾着」「パラダイ史」「上演台本」を買っていただきありがとうございました。

ご予約をいただきながら、まだ、お届けしていないお客様には申し訳ありません。やっと、手元に巾着が届きましたので、発送を開始いたします。いま、しばらくお待ちくださいませ。

「ミクちゃん巾着」の製作過程をご紹介します。

布と紐を購入して、まずは、荒川区にある作業所「荒川ひまわり第2」さんに送ります。ここは縫製がとっても得意な作業所でメンバーの方、職員さんともに一生懸命取り組んでくれます。裁断をして、ミシンをかけて、紐を通すところまでやってくれます。どんな少ない枚数でも引き受けてくれるのでとってもありがたいです。「さらば、クリーニング店 しろくま屋。」のときのマスコットもここで一つ一つ手縫いをしてもらいました。

出来上がると、目黒区にある作業所「目黒福祉工房」に送ってもらい、ここでシルク印刷をしてもらい出来上がり!です。

すべての作業は一枚、一枚丁寧にやってくださるので出来上がった巾着にはなんとも暖かい感触があります。その気持ちがきっとみなさんにも伝わったのだと思います。

下記はホームページですからのぞいてみてください。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/tram/

http://www.itarucenter.com/meguro/

「ミクちゃん巾着」を買ってくださったみなさま、一生懸命作って下さった作業所のメンバーの方、職員の方に心から感謝します!いつまでもご愛用いただければうれしいです。そして、ミクちゃんを忘れないでくださいね!

Photo



« 「ミクちゃん、奇跡の時間です」by芹川藍 | トップページ | さあ!東京ASOBO塾第8期!開幕です♬ by近内 仁子 »

コメント

昨日は寒かったですね。今日はお天気もよく、日差しが暖かく感じられます。

ほんとに春が待ち遠しいですね〜(^-^)

“ミクちゃんの巾着”何を入れようかなあ〜いろいろ考えています。
やっぱり、ずっと持ち歩きたいのでスケジュ−ル帳を入れようかな〜

ふたつの作業所さんで作られたのですね。
手作りの温もりが伝わって来ます。

布を切る人、ミシンをかける人、紐を通す人、紐を結ぶ人・・・それぞれが自分の出来ることを一生懸命して出来上がった巾着ですね。

大切に喜んで使わして頂きます。
もちろんミクちゃんも忘れませんよ。ずっとこころの中に生きています。あの時間と共に

\(^o^)/

ミクちゃんの袋、まだ使ってません。

壁にタペストリーのように貼り、毎日ミクちゃんとお話してます。

つくづくかわいいですね。

ミクちゃんに関係した、初代チラシから最終的なチラシまで、台本、DVD付きパラダイ史、カレンダー、チケット、パンフレット、すべてを透明な袋に入れて、それも見えるところに置いています。

ミクちゃんが一人歩きをし
ているみたいな気がします。
本当に存在しているようです。

きっと多くのかたがたの想いが再演につながりますように願います。。

初めてコメントします。
東京で1回みせていただきました。
そしてもう1回見れば良かったととてもおもいました。大阪までは行けず、やはり思いが募るばかりです。ですから再演を強く強く希望します。
お願いです。ぜひ再演を!ミクちゃんにまたあいたいです。

なんともカワイイ巾着ですね。
それぞれの大切なものがしまわれていくのでしょう。

私は「お得なセット」でミクちゃん巾着を手に入れました。
紐の滑りが良くて、開け閉めがラクで気に入ってます。
イラストが可愛いので、普段使いにしたいと思います。
A・SO・BOの時に着替えを整理するのに便利そうです。

クリーニング店しろくま屋のマスコットも、携帯のストラップで活躍してます。何度か洗いました。
青い鳥の公演の度に、ちょっと素敵な小物が増えていくのが楽しみです。

やった~「ミクちゃん巾着の時間です。」ですね~

届くの楽しみです。

届いたら、何を入れよ・・・!


ミクちゃんは、ちびくろさんぼとぬいぐるみとかっぱえびせん・・・

そうだな、私は母子手帳と臍の緒とうさちゃんだな


姉が産まれて初めて双子だと診断されたので

産まれるまでの母子手帳は一冊しかない。

産まれて急きょ新しい母子手帳が作られた。


姉が産まれて私がまだお腹にいたのだから

急きょ作られた母子手帳は私のだろうけれど

諸般の事情により、お腹の中に居た時からの

母子手帳は私のものとなった。


小さい頃に病院からもらったうさぎの人形は

甥や姪たちのおもちゃになっていたが

今年になって、私のもとに戻ってきた。

「おばが死んだら形見にするから、それまで大事にしてね!」


おいおい、私の大事をあんたたちに貸してただけだよ!と

おもいつつ、私の大事は死ぬまで大事なのである。

私が死んでも大切にしてくれる気持ちに感謝しょう・・・

まだ、死んでないけど、私・・・。

と、巾着が手元に届くまえから、もう入れるものは確定。

ミクちゃん巾着には大事な思い出がいっぱいになるんだろうなぁ~


私の大事がひとつ増え、甥と姪たちにも ミクちゃん巾着が

いかに大切なものなのか、嫌になくるくらいに語ります!


楽しみです。

物販のところで私があわあわしていましたら、
素敵な少しだけお年を召した方が、ミクちゃん巾着を二枚ください、といらっしゃいました。
「僕と、あと妻に」
劇団青い鳥のことを長い間好きでいてくださっているお客様なんだろうなあ、と思いました。
お家に帰られて奥さまに、ミクちゃんのことをお話ししながら、巾着を渡しはるのかなあ、と。
ブログ拝読しながら、思い出してにまにましています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ミクちゃん巾着の時間です。」by長井八美:

« 「ミクちゃん、奇跡の時間です」by芹川藍 | トップページ | さあ!東京ASOBO塾第8期!開幕です♬ by近内 仁子 »