フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

今年もお世話になりました!

2014年が過ぎていきます。
「ゆく年くる年」穏やかにお過ごしくださいませ。

今年、最後のブログです。
青い鳥から一人ひとり、ご挨拶させていただきます。

「新しい年に、こんなにドキドキでバクバクで向かうのは初めてのような気がします。
この「時」が私達に栄養を運んでくれるので、私達も少しでも運び役になりたいです!」
天光眞弓
sunsunsunsunsun

「時が教えてくれる。
時が深くさせる。

時が気づかせてくれる。時は優しく残酷に横たわる。
いろんなことがあった今年がさようならします。

その今年に…出会った皆様に…青い鳥の仲間に…そして天使になった父ちゃん母ちゃんに…感謝です…ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
ミクちゃん頼みます。」
芹川藍
sunsunsunsunsun

「ああ~~~、今年もまた、みなさまのメッセージでどれほどの力を、潤いを、心に頂いたことか!!ほんとに、ほんとに、ありがとうございました。
来年、ミクちゃんと一緒にみなさまとお会いできるのを待ってます!!
ドキドキしながら待ってま~~~~~す!!よっ!!」
葛西佐紀
sunsunsunsunsun

「過ぎてみればみんな大切なことばかり、無事に過ごせて本当によかった!ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします!」
長井八美
sunsunsunsunsun

「青い鳥の新しい作品をお届けしたく、今年は私が芹川藍を主役の新作を書かせて頂きました。とても充実した1年となりました。劇場で皆様とお会いする日を楽しみに新年を迎えられることを心から感謝します。この1年本当に有難うございました。」
天衣織女
sunsunsunsunsun

「今年は個人的にいろいろなことがありました。自分の身体の事、身内の病気、もう乗り越えられないと何度も折れそうになりました。
でも、今、こうして穏やかな朝を迎えることができています。
自分ひとりではきっとダメになっていた思います。守られ、導かれ、ここにいられること。
本当に信じられません。この奇跡に心より感謝いたします。」
伊沢磨紀
sunsunsunsunsun

「今年も皆さまのコメントたくさん寄せて下さり有難うございました。
いつも心あたたかくなり
明日へ‥新しい年へ‥前向きに歩ませてくれます。
皆さまに良い年が迎えられますようお祈りいたします。」
高彩裕子
sunsunsunsunsun

「今年も本当にありがとうございました(^-^)
来年、ミクちゃんから始動です。
本当に幸せです。来年もまた、青い鳥と一緒に歩んで下さいませ。」
近内仁子
sunsunsunsunsun

「今年も一年、本当に皆様に励まされました。
公演の度に、ブログコメントを読む度に、力を頂きました。
40年という歴史を作り、続けてきた先輩達の中でお芝居ができること、その歴史を見続けて下さるお客様の存在がとても有難いです。
また来年も、どうぞよろしくお願いします。」
森本恵美
sunsunsunsunsun

「ありがとうございました!そしてまたよろしくお願いいたします!
青い鳥41年目の一歩を踏み出します!」
渡辺なほみ
sunsunsunsunsun

続きを読む "今年もお世話になりました!" »

2014年12月27日 (土)

「ミクちゃん、大阪情宣の時間です。」by 長井八美

12月26日(金)天光眞弓さんと7時過ぎの新幹線に乗って大阪公演の情宣に行ってきました!

まず、S社でウイングフィールドの福本さんと待ち合わせ、ここからスタートで、M社→Y社→A社→K氏とみなさんに会う。みんないい方ばかりで、青い鳥の公演を楽しみにして下さっているのがよくわかる。ありがたい!!

青い鳥もいろいろな場所で公演をしてきたが、結局今、東京以外に行けるところが、大阪だけになってしまった。これからも、何としても大阪には来ようと思う。

大阪で応援してくださる方々、みなさんのおかげです。

天光さんは疲れもみせず、にこやかにみなさんと話をして、立派でした?!

写真を撮ろうと思ったのに、思い出したときは日が暮れていました。

大阪市役所=別名橋下城とも呼ばれているらしいのですが、のイルミネーションと道頓堀のイルミネーションです。

___1_3

___2

19時過ぎの新幹線で二人でお弁当を食べながら東京に戻りました。

新年は、大阪では、1月8日から3週連続でFMCOCOLOの「歩く人」、そして各社の新聞紙上にもだんんだんと掲載されるはずです。お楽しみに。

福本さん、天光さんお疲れさまでした!

「ミクちゃん、お風呂の時間です。」by演出助手・渡辺

Mi

ミクちゃん。
チラシのイラストは青い鳥のメンバーがそれぞれの『ミクちゃん』をイメージして描いた。

人には必ずそれぞれのミクちゃんがいる。
そして誰もがミクちゃんそのものでもある。
 

 

今回は娘役を本番、当日にくじ引きで決めるという無謀な企画。
私たちも「これは大変なことになるぞ…」とは思っていました。
が、私たちが本当の無謀さを知ったのは稽古を始めてからでした。
 

ただ型通りに同じ役を演じるだけではすまない。
いや、すまさない青い鳥の志、真髄があるのです。

年代差、それぞれの個性、それぞれの想いをすべてを尊重し、生かした演出。
それを受け止める芹川。
 

ひとりひとりのミクちゃんを大事にする舞台。
その稽古はもうもう…。
 

できれば全ての娘vsミクちゃんを観ていただきたいと思ってしまう。
 


さて、今日も愛すべきミクちゃんと娘が稽古場に集います。

2014年12月24日 (水)

「ミクちゃん、サンタがやってきた時間です。」By 高彩裕子

固定稽古場の5日目。
トラックで大きな荷物がやってきた!

「ミクちゃん、お風呂の時間です。」の美術セット土台だ。

その土台といっしょにやってきたのは
今回、舞台協力の小林さん。
40周年の青い鳥を語るにはずせない。
照明の沖野さんの次に
あらゆる公演で舞台監督として青い鳥を支えてきてくださった。



大きくてずっしり重たい土台を2階稽古場に運び入れる。

息があがる。




裏方さんが履く雪駄を小林さんからいただいて
舞台転換をしていた二十数年前のことをふっと思い出す。


「歳とったから、休憩しようか」
と小林さん。


いつまでも若衆と呼ばれている私たちも
久しぶりの小林さんも
いつしか歳を重ね
青い鳥も40周年!

稽古場建て込みのためにやってきた小林さんのやさしさが
サンタのように思えたそんな時間だった。






2014年12月21日 (日)

「ミクちゃん、ハッピーバースデーの時間です。」〜by近内 仁子

固定稽古場に入って、はや一週間です(^-^)
空間にも慣れて、だんだん我が家のようになってきました。

そんな中、
少し遅れた天光さんのお誕生会が開かれました(^o^)/*
各自、おつまみを一品ずつ持ち寄っての会です♪
こういう、ささやかで温かい時間が、なんか幸せです(^-^)
やっぱり青い鳥の稽古場、楽しいな♪
✨✨

…さてと、今日は12/21…?
するってぇと何かい?
ちょうど1ケ月後は
東京初日…かい?

キャーーーー!!
怖いよーーーー!!(>_<)/*
毎日、キャストのクジ引きしながら稽古やってるんですよーーー!!
(>_<)/*

当たってもドキドキだし!
ハズレ続けても怖いんです!
(>_<)/*

そんな
「ミクちゃん、お風呂の時間です。」
のチケット予約はこちらですm(__)m
PC
https://ticket.corich.jp/apply/58583/

携帯
http://ticket.corich.jp/apply/58583/

初めての試みにアップアップしてる青い鳥一同でお待ちしてます
(^-^)✨
Image


2014年12月18日 (木)

「ミクちゃん、イラストの時間です」~by長井八美

寒い!実に寒い!12月って、クリスマス前って、こんなに寒かったかな?

冬将軍が一気に日本全国を攻めて来た感じです。でも、そんなことも言っていられず、みなさま毎日忙しいことと思います。

いよいよ「ミクちゃん、お風呂の時間です。」もクリスマスを超え、新年を超えて本番を迎えることとなりました。

今回のチラシは評判いいんですよ。かわいいですよね。でも、よく見ると不思議な感じもして・・・。いったい誰が書いたんだろう?なんて思っている方はいませんか?これはタネアカシをすると、劇団青い鳥のメンバー10人が書きました。10人のミクちゃんがいるはずです。

チラシを作ってくれているアートディレクターの長友啓典さんにお願いに行ったとき、「みんなのミクちゃんを描いてみたらどやろ?」というお題が出ました。みんなそれぞれ描いたものの、いったいどうなるのだろう?と思っていたら、こんなかわいいチラシが出来上がりました!!

誰がどれを描いたのでしょう?それは謎です。このタネアカシは当日お配りするパンフレットでします。どうぞお楽しみに。

劇場に来ていただければわかります!!忙しさにかまけて、ご予約がまだの方々、ぜひ、お忘れなくご予約を。心からお待ち申し上げております。

___3

2014年12月15日 (月)

ミクちゃん、雪うさぎ時間です~by芹川藍

今年の4月、天使になった母。
いまだに遠い実家で、父母が笑ってるような気がする。

『南九州地方、今夜冷え込むでしょう』と、天気予報。
父母は大丈夫かなあと思ってしまう。


そうか…もういないのか…。


今年も寒くなった。
私は寒いのがスゲー苦手。
さむ~い夜、稽古に出かける時『この次の公演はあたたかい頃に芝居やりたいなあ…』といつも贅沢に思う。


寒い季節が苦手だけど、南国にもたまに雪が積もる。

子どもの頃、母が雪を集めて白ウサギを作ってくれた。

目は南天の赤い実。

その横顔を見ながら、なんてきれいな母ちゃんだろうと思った。

今も真冬の真っ青に晴れた空に、ぽっかりと浮かぶ白い雲を見ると、今でも雪ウサギを思い出す。

ミクちゃん母を思い出す。

母ちゃん!ミクちゃん、頑張るよ。
(白うさぎに手を振る)




【報告】
さあsign03いよいよ今日から固定稽古場です。これがまた寒い稽古場なんですよ。でも夜の稽古と違って、お太陽様の下の稽古ですから、なんだかうれしいです。

高彩裕子の撮影した『ミクちゃん、お風呂の時間です。』の予告ムービー見て下さいね。

2014年12月12日 (金)

「ミクちゃん、生涯初めての経験だ!の時間です」~by葛西佐紀

朝、仕事で駅に歩いておりました。

私の前を作業員風のおじさんが歩いておりました。

彼はくしゃみを一つして鼻をかみ、そして言いました。

「やれやれ」



「やれやれ」・・・っていったんですよ、そのおじさん。


「おじいさんは、やれやれといって大きな切り株に腰掛け大きなオニギリを出しました。」

「正三郎様、お父上もご無事にお役目果たされ、これでやれやれでございますね。」


時代小説か昔話でしかお目にかかれない「やれやれ」だと思っていたのに、

ああ、それなのに、それなのに・・・・・・

私にとって、おそらく生涯初めての経験だと思う、

生身の人間が「やれやれ」と言うのを聞いたのは。

日本の、東京の、いろんな片隅で、「やれやれ」とつぶやいている人がいるんだ!!



この小さな発見は私にとってはかなりの驚きで、なんだか無性にうれしくなって、

可笑しくなって、・・・・・・新しい風がフゥーーと吹き抜けたような気がしたのです。


そして今、東京の、狛江の片隅でも新しい風が吹いるのです。

新しい不安、新しい期待、新しい大変、新しい困難、新しい楽しみ・・・・・・の風が・・・・・・

なんせ、ミクちゃん役の芹川に対して、一人の娘役に大勢の役者、

それも本番舞台上、くじ引きで配役されるというんだから、

新しい風が吹かないわけない!

もうもう、植村直己さんも、三浦雄一郎さんにも脱帽していただける、かもしれない。

そう、東京の、狛江の片隅で冒険者たちは果敢にも新しい風をビュンビュン吹かせている、のだよっ!

2014年12月 9日 (火)

「 ミクちゃん、中高年のカジュアルの時間です」~by天光眞弓

ジーンズ、Gジャン、スパッツ、スニーカー…「カジュアル」がいつの間にか、若いモンだけのものではなくなっている。
もちろん、自分の好きなのを着ればいい!
他人の目なんか…少しは気になるけど…
私の年代向けとされているファッションを見てみても…
いやぁ、まったく惹かれない、興味持てない…そんな私にとって、実にありがたい風潮なんだけど…
ちょっと気になる事もある…
例えば、同じ破れたダメージジーンズを着てるとして…
若いモン
「新しいのだけど、わざわざ破いたんだね」
年配モン→
「破れてるの気がつかないのかな、気の毒に」
「新しいの買えないのかな、気の毒に」
何にせよ、どうも中高年のカジュアルには一抹の気の毒さが漂うような気がするのはなぜだろう。
パーカー、スウェットパンツで出歩いたら、リハビリ病院から抜け出した徘徊老人?
大きいリュック背負って公園のベンチに座ってたら、ホームレス?
何年か前、高級?女性誌で見たキャッチコピー。
「中高年のカジュアルはお金持ちに見えなきゃ意味がない」
って…
わざわざお金持ちに見せるのもいかがなものか、だけど~
中高年のカジュアルはなかなか難しい。

2014年12月 8日 (月)

「ミクちゃんラジオ出演の時間です。」by長井八美

今日は、芹川、天光、長井が大阪のFM COCOROに出演しました!

思えば、30年も前から劇団青い鳥のチラシやポスターやパンフレットのアートディレクターを引き受けて下さっている長友啓典さんと、元ラグビー選手で、現在ラグビーコーチの大西一平さんがパーソナリティ。日曜日朝8時からの「歩く人」という番組です。
収録は東京でやったんですよ。
劇団青い鳥の三人が出演するのは、来年の1月4日、11日、18日、深夜に時に再放送もあるそうです。
新年なので、「あけましておめでとうございます!」なんて言っちゃいました。
関西圏の方ぜひぜひ聞いてくださいね。
いろいろと面白い話がとりとめなく飛び出して、「お笑いの人と間違えられるんとちゃうか!」と長友さんが心配していました。
どうぞ、新年をお楽しみに。

1_3

2_2

2014年12月 6日 (土)

「ミクちゃん、『時よ止まれ、お前は美しい!』ってかぁ!の時間です。」by天衣織女

現在、劇団青い鳥は次の公演に向けて大変な稽古になっちゃっている。
今回は主役を芹川 藍が務めるのだが、その相手役を本番当日にクジで決めちゃう。
 

ということは誰でも当たっていいように、全役者が同じ役を稽古する訳だ。
つまり各役者に割り当てられた稽古時間が、全役者の人数分の1に縮小され、そして逆に芹川 藍は次から次へと違う役者を相手に何度も何度も同じシーンを稽古しなければならない。
 

もうデジャヴ状態でフラフラになっちゃう訳だ。
私の稚拙な説明を読んでいまひとつ意味が分からない方がおられるかもしれないが…
とにかく・・・なんだか・・・コンガラガッちゃってるのだ。
がしかし、青い鳥の役者達は果敢にチャレンジしている。
本当にすごいのだ。
それにも関わらず薄情にも時はどんどん過ぎていく。
もう12月じゃないか。
ああ、時間が足らない。
どうぞ時間よ止まれ、お前達は美しいんだから…多分。
 

この結果がどんなことになっちゃったか、どうぞ来年早々の劇団青い鳥の公演をごらいただければ幸いです(作品名「ミクぢゃん、お風呂の時間です」)。
 


でだ、もう一人の「時よ止まれ、お前は美しい」に値する人、もちろん羽生結弦くんである。
私は夢中である。
ちなみに私はグッズとか写真集とかを集めるその手の人間ではない。
ただただテレビ画面にベターッと張り付きジッと見守るジミーなフアンである。
あ、そう言えばミッツ・マングローブも夢中って言ってたなぁ…
確かマツコ・デラックスも…
羽生君、大女に好かれる共通の何かがあるのかな・・女?・・ま、コンガラガちゃうので・・・考えるのはよしにして、「
時よ止まれ、YUZUはほんとに美しい」です。

2014年12月 5日 (金)

チケットに関しまして!

『ミクちゃん、お風呂の時間です。』にチケットお申込みいただきました皆さま。
チケットのお届けが遅れまして本当に申し訳ございません!

ようやく、今週、順次発送させていただきました。
まもなくお手元に届くと思います。
 

また「届きました~!」とのご連絡、ありがとうございます!
ウレシイやら申し訳ないやらです。

まだお申込みでければ、ぜひお早めに!
(東京公演25日(日)完売)

お待ちいたしております!

Tikket

2014年12月 2日 (火)

「ミクちゃん、笑って稽古の時間です。」〜by森本恵美

presentpresentpresentpresent

私のトコロに
diamond椿diamondの手鏡diamondがやって来てくれましたlovely


note「椿は、春の到来を告げる聖なる樹」bud

(と、商品タグに記載)


gawk春の到来かぁ〜


confidentそうか〜、春には青い鳥公演が終わってるのかぁ〜


笑って春を過ごす為にbearing

今から稽古だ( ̄^ ̄)ゞ
dashdashdashnote



そうそう( ̄(工) ̄)
稽古が立て込んできますと

つい鏡すら見ないでお出掛けしてしまいます。

なので椿手鏡持って、稽古場へ出発dashshineshineshine

2014年12月 1日 (月)

ミクちゃん師走でっせ…時間です。by芹川藍

12月になっちゃった。。。

師走…師が走ったり、坊主が走ったりするそうな。

『月日の立つのは早いもんだ』を、言う暇もないよ~だ。


なのに『便利屋のお仕事』が、終わってまだ二週間…いやぁ~もう半年も前の気分です。

時間感覚…間隔がなんかワケワカラン!

「今日を終わらせていただきます。」
「一週間過ぎましたよ。」
「本年度、あと31日で終わります。」
とか…コトワリを入れてほしいものだょ~。


劇団青い鳥は、稽古稽古の師走…稽古稽古の年始めです。

わ~~~~~~~~~~~~っ!『ミクちゃん』公演がやってくる~~~~~っ!


皆様の師走感はどうなってますか~~~~っ!


« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »