フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

「ミクちゃん、ワクワクウキウキの時間です。」by伊沢磨紀

ワクワクすること、ウキウキすること、最近とんと感じていないような。
日々の暮らしに追いまくられて怠けているのだ、わたし。
何に心が動くだろう。
人はどんな時に、どんなことにウキってするのだろう。
 

ミクちゃん、ミクちゃんはいつ、どんな時に、どんな風に感じる? 
マキさんはミクちゃんに今、とっても教えてほしいのです。
 

今日という日は二度と戻ってこないのだから、瞬間、瞬間を十全に生きたいものです。
わかってる。
わかってるのにあれよあれよと過ぎていく。
ほんのささやかな、ちっちゃな喜びを見つけたい、今、すごくそう思うのです。

5

2014年10月27日 (月)

「ミクちゃん、感謝感謝の時間です。」by演出助手・渡辺

時々、漢字がわからなくなる。
簡単な漢字ほどである。
「正」この幼稚園児でも知っている漢字。
これをずーっと書き続け、見つづけていると…
 

本当に正とは正と書くのか?
 

25日から三日間。
「ミクちゃん、お風呂の時間です。」先行予約。
予約を受けるたびに正を書いた。
壁の模造紙に書いた。
横線、縦線、横線。
 

こんなに気持ちを込めて漢字を書くことはそうはない。
45_2

電話の向こうで「1枚です…」と申し訳なさそうに話される方がいる。
「いえいえいえ、ありがとうございます」と受話器を持ったまま頭を下げる。
「観たい」と思ってくださる方の想いがこの一本一本の線となる。
  

本当にたくさんのお申込みありがとうございました!
お休みの朝から、仕事の合間に、電車を乗り継ぐ間に。
この正ちゃん印をがっがりさせない芝居を創らねばと気が引き締まります。


明日からは一般前売が始まります。
まだまだ先は長いです。
また縦線、横線と書いていくのであります。


正の先にはミクちゃんが待っている。

2014年10月25日 (土)

明日は先行予約2日目!

本日の先行予約、
ご連絡くださいました皆さま有難うございました!

青い鳥、太っ腹の割引の種類に
頭グルグル、てんてこまいの
先行予約1日目が終了いたしました。








明日も受付10時〜17時まで
お待ちしておりまーす!!!


2014年10月24日 (金)

「ミクちゃん、明日から先行予約の時間です。」by高彩裕子

お手元に劇団青い鳥からのDMハガキ、届いていますか?





いよいよ、明日25日(土)から27日(月)までの3日間、

劇団青い鳥40周年パラダイス
「ミクちゃん、お風呂の時間です。」
先行予約受付はじまります!!!

先行予約の特典は〜♪

• 思わずニッコリのカワイイ特別なプレゼント!
• 70歳以上の方のゴールデン割引!
• 日時特定割引!

があります!
わ〜太っ腹!


お電話、FAX、Emailにて承ります♡
どしどしご連絡くださいね〜

ハガキが届いてない方も後日一般予約からチケットお申し込みいただけますよっ☆


お稽古はの行方は‥
たくさんいるミクちゃんの娘役に戸惑いながらも
着実にちょっとずつ前進しています!
毎回ドキドキ、ワクワク、ヘロヘロ〜







お楽しみに〜♪

2014年10月22日 (水)

「楽園の楽屋」ふりかえってみました

「楽園の楽屋」をふりかえりました。ほんのちょいと前のことなのですが、なんだか遠い昔のことのようでもあって…いや、これ、ただ記憶力の問題なのかぁ。ほら、昔のことはよく覚えているのに、近頃のことはサッパリというあれかぁ。

http://www.aoitori.org/aoitori/archive/index3.html
皆様それぞれの記憶と照らし合わせてご覧下さいませ!

2014年10月21日 (火)

「ミクちゃん、美しい秋の時間です」by近内 仁子

ミクちゃん、秋です。
空が高くて青くてとてもキレイです♪

先日、戸隠神社行きました。
お参りを終えて鳥居を出ると
青い空に横にたなびく雲が
何頭もの龍が空を渡っているように見えました。

きのう家の月下美人が咲きました。
すっかり肌寒い秋なのに
たくましく咲きました。

いい季節です(^-^)✨

そして、この秋を超えると
いよいよミクちゃん本番の冬です。

季節が巡るのは早いです。

稽古場のみんなも、生き生きと楽しそうで美しいです(^○^)✨

ミクちゃん、
今日もまた稽古場で会えるが楽しみです(^-^)

Image_2


2014年10月18日 (土)

「ミクちゃん、こもれびの時間です」by 長井八美

ときどき西武秩父線の吾野駅に近い森に出かける。

私はNPO法人MORIMORIネットワークという「森と都会をつなぐネットワーク」のメンバーで、そのフィールドの一つがここにある。今は「みんなのセラピーランド」というのをそこに作っていて、それは誰でも気軽に来れてリフレッシュできる森の遊び場を目指している。

だいたい活動は土日に行うことが多いので、土日は母の介護を担当している私はなかなか行けないことも多いのだが、今日は久しぶりに出かけた。

緑の球体を持った新しいツリーハウスが出来たのだが、そこに「こもれびカフェ」という名の気分でしか開かれないカフェがある。木に囲まれて、デッキに座って、森をみながらのコーヒーは最高だ!細胞が再生されるような感じだ。

その空気をお裾分けします。

今日のメニューはコーヒーと手作りのシフォンケーキでした。

来週末から、いよいよ「ミクちゃん、お風呂に時間です。」の先行予約も始まります。森の空気を胸いっぱいにいただいて、エネルギーを充電しました。

ありがとう!!

___2_3

___3

 



2014年10月17日 (金)

客演のお知らせ!

森本恵美が客演いたします!

ネオゼネレイター.プロジェクト2014
『The Wonderful World サヨナラ愛しき世界』
11/6(木)~11(火) 下北沢 小劇場 B1

Neozene_2

森本にとっては初めての客演。
本人もでしょうが、送り出すほうもドキドキです。
「しっかり…」と物陰から半身で見届ける親のキモチ。


青い鳥とは違ったWorld-世界で羽ばたく森本を是非、ご覧ください!

お問合せ:http://neogene-pro.org/


2014年10月15日 (水)

ミクちゃん、悲しきコッコちゃん時間です~by芹川藍

『大きくなったら、玉子をいっぱい生むよ』と言われ、黄色のかわいいひよこを買った。
子どもの頃のお祭りの屋台でのこと。

『コッコちゃん』と名前をつけて、林檎箱でお家を作り、餌をあげて…コッコちゃんはどんどん大きくなった。

早く玉子を生んでね。。。。。。。。


ある朝、コッコちゃんが『コケコッコ~』と鳴いた。

コッコちゃんはオスだった。


コケコッコー♪
コケコッコー♪

ある日、学校からカバンをぶん投げいつものように鳥かごへ行たら、鳥かごは空っぽ…コッコちゃんはいなくなっていた。

その日、夕食は鍋だった。

コッコちゃんの鳥鍋だった。



えっ?私?食べたのかって?

食べました。
悲しい気持ちのまま、がむしゃらに吐きそうになりながらコッコちゃんを食べました。

その時…理不尽と虚しさと生き物を『いただきます』の意味がわかったのでした。



それ以来、今でも鳥鍋だけは苦手ですのよ。

芹川藍



号外!号外!
10月25日・26日・27日の『ミクちゃん、お風呂の時間です。』先行予約の方は、ささやかな素敵な他では決して手に入らない、プレゼントを皆様に差し上げます。決して受付にはありませんよ。さあ先行予約お願いしま~す。

2014年10月12日 (日)

「ミクちゃん、輪ゴムの時間です」 ~by葛西佐紀

「ミクちゃん、お風呂の時間です。」の台詞を覚えていると、どうしたって母のことを思い出してしまいます。

とくに電車に乗っているときは、その揺れや振動のせいでしょうか、

まるで“打ち出の小槌”を振られているように、ポロポロとこぼれてきます。


私のお母さんはよく輪ゴムを手首にしてました。

肌に少し喰い込んだその手首の形を思い出します。


私は輪ゴムが好きです・・・いえ輪ゴムを手首にはめるのが好きです・・・いえ好きなのではなく、気がつくとはめているのです。


私は衣裳担当ですから相棒の森本恵美とよく布を買出しに行きます。

布選びは予算のことも相まって楽しいけど結構大変です。

あれやこれや布を広げて体に当ててみては、なんだかんだ、ああだこうだと、二人で選んでいくわけですが・・・


ある時、布選びも終盤にさしかかった頃、その相棒が私を指差して笑い転げています。

何のことか分からない私に「葛西さん、それ!」「何よ」「それそれ!!」

その指先を辿った先には私の輪ゴムの手首。

何本も何本も、ご冗談を、てなぐらいに手首にはまっていたのです。

(ご存じない方のために・・・巻いてある布は輪ゴムで止めてあるんですよ)

広げた布の数の輪ゴムは、まあ言ってみれば悪戦苦闘の証ではあるけれど、

布選びの疲れもピークにさしかかっていることも相まって、

二人してなんだか無性に可笑しくなって、大笑いしてしましました。


輪ゴムを手首にはめる・・・というDNAなんてないでしょうけど、

それでもお母さん、

あなたの二番目の娘は今も気がつくと手首に輪ゴムをはめています。

2014年10月 9日 (木)

「ミクちゃん、みんな年下、の時間です」~by天光眞弓

最近テレビで、私が卒業した大学の教授という方が喋っていた。ご丁寧に肩書き、年齢も表示されていた。
わかってしまった。私より年下だ!
大学教授なんて年上だと思っていた…
他にもお相撲さん、野球選手、社長、大臣…間違いなく私より年上だったはずなのに。
お医者さんだって演出家の先生だって作家先生だって…
いつの間にかいろんな立場の方々、すっかり年下に。
総理大臣が年下だった時にゃあ、世の中どうなってるものやらと呆然としたものだ…
イヤ、世の中がどうかなったんではなくて、ただ私が年取ったっていうだけなのですが~(*_*わかってますよ~(*_*)

そのうち年下の名誉会長とか名誉顧問とかいうのも現れるのかも!(*_*)


昔、長寿日本一だった鹿児島の重千代さん。
「好みの女性は?」と聞かれて
「年上の人」
(@_@)(@_@)(@_@)

あああ~(≧∇≦)
好みの人はもうこの世にはいなくなっちゃったとわかったら、重千代じいさん、かなりショックだったろうな。

天光shine眞弓


2014年10月 6日 (月)

「ミクちゃん、またアレに遭遇した時間です!」by天衣織女

先日、出光美術館に行ってきた。

九州宗像神社の沖津宮がある孤島から出土した美しい道具や装飾品の展覧会だった。
なんだかわからないけど、すごいんだなぁ」かしこまった気持ちで美術館の出口に向かい、その流れで売店に入った。今回の展示物の写真ハガキとか、それのレプリカのアクセサリーとかを販売していた。

で、そこでまた遭遇した、アレに。今回は親指大の起きあがりこぼし型だった。他のグッズにはさまれ何食わぬ顔で集団で鎮座しているムンクの叫び。ここのコンセプトはなんなんだ!

はじめてその手のムンクに遭遇したときは、行きずりの人にボコボコに殴られ中だった。大人の胸の高さまである空気の入ったビニール製の起きあがりこぼしムンク。

「なんだかわからないけど、すごい・・」。
その空気にふくれたムンク。そしてこのアイディアを考えた人。
それからこれを見たらどう思うだろう・・と脳裏をかすめた画家エドヴァルド・ムンクを「ま、いいか、死んでるし」とかき消したもんだ。

ちなみに私はこんなムンクに遭遇したとき、はじめて「イエローサブマリン音頭」を聞いた時のことを思い出す。
私はビートルズファンではない。それでも「なんだかわからないけど、すごい・・」。
こぶしをコロッコロッまわしながらイエローサブマリンを歌う演歌歌手。
そしてこのアイディアを考えた人。それからこれを聞いたらどう思うだろう・・と脳裏をかすめたジョン・レノンを「ま、いいか、死んでるし」とかき消した。

だが、今でもビートルズの熱烈なフアンである知人の、テン目のち半笑いの遠い目をした顔を私は今でも忘れられない。

※いつも私の作文を読んでお返事を下さる方々、ありがとうございます。これからもふつつかな文章ですが、宜しくお願いします。

2014年10月 3日 (金)

「ミクちゃん、お稽古再開の時間です。」〜森本恵美

10月になりましたねriceball


昨日は「ミクちゃん、お風呂の時間です。」稽古再開の初日でございましたscissors


「ございました。」と言いたくなるよな緊張感の中、再開してしまいましたでございます。


この芝居!

ミクちゃん役は、芹川師匠と決まってございますが、娘役は、なんと、なんと、当日お客様の目の前でくじ引きをして決める!

というものでございます。

なんということでございましょうcoldsweats01dash
一体どんなことになるんだsign03青い鳥!

ひゃゃゃ~catsweat01gawk

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »