フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

「ミクちゃん、ただいま気持ちはちょっと引きこもりの時間です。」by伊沢磨紀

5月~9月までの夏のシェイクスピアの公演が先日、無事に幕を閉じました。

1995年にはじまったこのシリーズがまさか20年も続くなんて、誰も予想していませんでした。舞台に立てる喜びを感じることができるのは、どこにいても幸運なことでございます。

さて、芝居が終わった今、緊張感のスイッチが完全にOFFになり、気持ちは引きこもり状態でございます。
毎年、思います。
この自分のやる気スイッチを常にONにしておくことはできないものかと。
ONの時とOFFの時の自分があまりに極端すぎて、コントロール不能加減にほとほと嫌気がさしてしまいます。

まわりの皆様、ご迷惑おかけしてごめんなさ~い!

2014年9月27日 (土)

「ミクちゃん、いよいよ時間です。」by演出助手・渡辺

10月からいよいよ『ミクちゃん、お風呂の時間です。』の本格稽古が始まる。

6月から四ヵ月間のお休み。
めいっぱいのんびり楽しめばいいのに
いつも頭の、心の片隅にミクちゃんがいた。

忘れているつもりでも、夜中に、朝方に、真っ昼間にヒョッコリ現れてベロを出す。
「あ…、あぁ…ミクちゃん…」

そう、いつかお休みは終わる、そして学校が始まる、その先には試験が待っている。
逃げることができないこの気持ち。
まるで夏休み後半の小学生。

いかん。
これではいかん!

ミクちゃんは待っていたのだ。
我々のことを待ち続けていたのだ。
「遊んで、遊んで」と。

うん、遊ぼミクちゃん!
頑張るよミクちゃ~ん!

サラバ long vacation
come on ミクちゃん!

Aimiku_2

2014年9月24日 (水)

「ミクちゃん、便利屋さんを訪ねる時間です。」〜by 高彩裕子

秋晴れの9月20日土曜の午後。

町中に祭囃子が鳴り響く中、
新宿 花伝舎稽古場の扉を開けると、蒸した熱気と緊張感で
外の爽やかさとはまるで別世界が広がっていました。

東京A・SO・BO塾の公演「便利屋のお仕事」
稽古スケジュールを書き記すホワイトボードには
〜本番まであと8日!〜

ゴールにたどり着くまであとわずかの今一番苦しい時をみんな必死で
集中しているその姿に「カッコいい!」と心の中で感嘆しながら
頼まれた写真撮影で訪れた私は
東京A・SO・BO塾生の
どんな表情をカメラに収められるか‥
その一瞬を逃しはしまいと
目を凝らして観ていました。

稽古終了の時間が過ぎても
稽古場の時間の許されるまで
芹川塾長の演出にみんな必死でついて行っています。

そして、誰よりも自分の身を振り絞って
最後の最後まで出せるエネルギーを塾生たちに注いでいる芹川塾長に「すごい!」とひたすら感じました。

これは‥「見応えありそう!」
あらたな会場でどんな作品になるのか今から楽しみでなりません!

ふと、気がつくと
窓の外には夕焼けが‥





まるで、稽古場の便利屋さんたちの
心を表すような燃える赤!





そしてそれは、
みんなをやさしく見守っているようにも見えました。





私も静かに、熱く、エールをおくります*\(^o^)/*





2014年9月21日 (日)

「ミクちゃん、観劇の時間です。」by近内仁子

やってきました!(^o^)/*
新宿、スペース雑遊!(^o^)/*

青い鳥の天光さんが客演中の舞台
「サバイブ!」を観に参りました♪♪

母親と娘の共依存の物語。
一癖もニ癖もあるきつい役柄になりそうな母親役を
天光さんは軽やかにイキイキと、
一瞬、子供のように見える時があるくらい爛漫に「娘を侵食する母親」を演じていました。

やっぱり天光さんは演じることが好きなのだなーと
観ていてワクワクする気持ちでいっぱいになりました(*^^*)

稽古場でも舞台でも
まっすぐに芝居に向かう人を観ると、自分ももっと芝居がしたいとムクムクと思います。

「サバイブ!」
本日、最終日です。
もしお時間あえば、ぜひ♪

そんな天光さんと、
公演後にパシャリ✨(*^^*)

Image_2


2014年9月18日 (木)

「ミクちゃん、天使たちの時間です。」 by 長井八美

秋だ!秋!とうとう秋。もう、夏は戻ってきそうもありません。

私は9月生まれなので、この時期が来るとなんとなくうれしい。

夏は暑いことを理由に頭がボーッとしていて、何も考えられないと、夏のせいにしたりするが、もう秋なのでそうも言っていられない。いよいよ、劇団青い鳥の40周年を過去から未来に向けてしっかりと考えなくてはならない。

早稲田大学の水谷八也教授が、11月のゼミ(大雑談会というらしい)に「劇団青い鳥」の創立メンバー、天光、芹川、葛西の3人を読んでくれて青い鳥のことについてあれこれ話すおもしろそうなゼミがある。これはどなたでも来ていいとのことなのでお知らせは後ほど。

事前に学生に劇団青い鳥のこれまでの作品を見せておきたいとのことで、ダビングを頼まれた。「シンデレラ」「ゆでたまご」「さらば夏の思い出」・・・私もダビングしながら久しぶりに見て、秋の風も手伝ってか、胸が熱くなった。

昨日は、青山円形劇場が取り壊しになるということで、その記念の冊子への取材が芹川さんにあり、「青い実をたべた」の初演の写真をみた。

どれもこれも美しい舞台だ。いまさらのように感激してしまった。

特に「ゆでたまご」。そこにいるのは、まさに天使たちだったのだ!

私が言うのも本当にヘンかもしれないなと思うのだが、何か見つめているものが遠いところにあるのだ。思えば時代もそうだったのかもしれない。遠いところにある何かを求めて、それにひかれるように青い鳥もここまで来た。何ものにも妥協せず、マイペースで自分たちの創造を貫いてきたと私は思う。常に創り続けてきた精神は並大抵のものではなかっただろうし、苦しみの連続であったようにも思う。ただ、時々くる喜びがそれを癒してくれたのだろう。

今も天使たちの心はかわらない。

秋の夜長にそう確信した。

2014年9月15日 (月)

『ミクちゃん、終の住処はどうする?…時間です』by芹川藍

私は、時々発作がおこる時がある。

美容室で注文するのが苦手だ、行きたくない。ヘヤースタイルが決まらない。
『あ~あ、頭を剃りたい!』大声で叫ぶ

出掛ける時の服装を、決めるのが嫌になる。
学生服とか文化大革命当時の人民服とか決まったものがあるといいなあ…と。
『あ~あ、作務衣を着たい!』哀願する
だからといって出家したいわけではない。

そんな私が、今朝のテレビを見て『あ~あ、刑務所に入りたい』と、吠えた。
刑務所生活のドキュメントだ。
ひとり部屋で、液晶テレビがあり、正月には区切りのある大きなおせちがあり、お雑煮があり、府中のカレーは美味しいとか。
運動会があり、盆踊りには浴衣を着せてくれるとか。。。。きっちり仕事もして規則正しくて。。。。

眠ったか…息をしてるか…薬はちゃんと飲んだか…ご飯は食べたか…を、見届けてもらえる(監視されてるともいうが…)


最後のナレーションで『当たり前の事にも幸せを感じてしまうほど、刑務所での生活は辛く厳しい事がわかった』と言ってたけど。

そうかなあ?


続きを読む "『ミクちゃん、終の住処はどうする?…時間です』by芹川藍" »

2014年9月12日 (金)

「ミクちゃん、私、何してるんだろう・・・の時間です」~by葛西佐紀

夏が過ぎ、このまま残暑が来ないまま秋に突入するのだろうか。

身も心もなんだかサワサワするこの頃でありますが・・・

2日前あたりから首から背中にかけて、それも左側だけ、特に肩甲骨の下あたりが痛い。

寝ていても寝返りをうつと痛くて目が覚める。で、シップを張ることにしたのだが・・・

肩は貼れた、ウエストら辺も貼れた。問題は一番痛い肩甲骨辺りなのだが、

これがなかなかうまくいかない、ヨレル、ヒッツク、貼りたい所には届かない。

何度試みても、アアアアアァァァ~~~~~ダメだぁ!!!

そこで、苦肉の策を思いついた。

床にシップをおいてその上に寝る!!ヨッシャー!これならいける!

とやってみた。

ヨレズ、ヒッツカズ貼れたのだが・・・あれ?・・・ズレテルゥ~

いかんいかん、何事も準備が肝心、リハーサル無しの本番なんてあり得ないではないか。

まず、フィルムを付けたまま床にシップを置く、その上に寝て正しい位置を確認する。

それを何度か繰り返す、そしていざ本番。

フィルムをはがし、慎重に、そっとだ、そっと横たわる私。

フムフム、うまくいった!!ニンマリする私。

そして天井を見ながら、ふと思った。

真夜中、シーンとした中ひとりで、私、何してんだろう。

シップの粘着をより強くと、柱に背中を擦り付けながら、

私ってば、何してるんだろう。

ハハハと笑いたいような、胸の奥がちょっとだけウズウズするような、

ため息交じりの真夜中の私でありました。

一人ってこういうことなんだなぁって、あらためて思うスッタモンダの私でありました。

2014年9月 9日 (火)

「ミクちゃん、客演の時間です、その2」~by天光眞弓

私が今回客演する芝居「サバイブ!」
私は10代の孫がいる「お祖母ちゃん」役です。

普段の生活ではオバサンともオバアサンとも呼ばれていないのに。
人生ずっと区切りなく来ちゃったせいかお祖母ちゃんにもお婆ちゃんにもゼーンゼン実感が湧かないのだ。

私という娘がいる86歳の母だって…
「幼稚園の子供達にオバアチャン、オバアチャンと呼ばれて誰のことかわからなかったわよ」
ナンデ私が?マジ?っていう気分だったらしい。

ましてや私ときたら…
稽古場帰り…
「今日はセブンイレブンのハンバーグ&オムライスにしよっと!」
そんな時、隣のレジにミートドリア抱えて並んでる女子高生と同級生の気分。

「マユミ、オムライスなんだ!」
「ドリアもおいしそうじゃん~迷う~」
ああ、こんな私はいつか実年齢に気分が追いつく時が来るのだろうか~

天光眞弓

2014年9月 6日 (土)

「ミクちゃん、夏が去る時間です。」~by天衣織女

今年もその手強い暑さにぶっ倒れ、身に危機を感じた夏だった。

目は落ち窪み、体重が2,3キロおちた。
まるで関西のベテラン漫才師岡八郎の女版のようになった。

それでもこれぐらいボコボコにやられるぐらいが夏はいいのだ。
そうじゃないと夏の終わりが寂しくてしょうがない。
お願いですから、もうどっか行っちゃってください
…といえるぐらいがいい。

東京の夏は、忘れたころにもう一発ぐらい残暑というパンチをのこしていそうだ。
そしたらまた、まいったなぁ…と半笑いでそのパンチをうけるんだろうな。
大好きな夏、また会おうね、約束だよ。

2014年9月 3日 (水)

「ミクちゃん、ワタシはワタシ?の時間です。」by森本恵美

「お肉を食べなければ、健康になる!」
という本を読んでいると、


「お肉を食べれば健康になる!」本をいただきました。


『どっちなんですかーヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3???』



よくよく読めばそれぞれ理にかなっているのですが、

最近そんな世間に振り回されること、多々ありますbearing

しかし結局ワタシはワタシgood

ワタシが良いと思う事を、ワタシに聞いて選んで行くしかないす。

ワタシははタワシgoodなんですもん。

あれeye

明日は「ミクちゃん、お風呂の時間です。」の衣装ミーティング!

タワシはタワシgoodでがんばりまーす。

あれeye??

coldsweats01
ウチにはあいにく
スポンジしかありませんでしたribbon


2014年9月 1日 (月)

一生懸命遊ぼうぜ!~芹川藍

早いなあ。。。
あっという間に、今日からもう9月だなあ。。。

ASOBO塾大阪in八尾では、来週『朝日のあたる店』のオーディションがあります。

ひたちなかイキイキ表現団SOU・SOU公演『五のレシピ』の稽古が、動き出しました。


劇団青い鳥ASOBO塾の『便利屋のお仕事』が、いよいよ追い込みをむかえてます。

『あと一歩だけ前に進もう!』
その思いが、身体さん、心さん、頭さんそして地球さん、空気さん、心の和さんが、総動員であなたを支えて後押ししてくれてます。

馴れて…ダレてちゃ後押しはありません。


『一生懸命遊ぶこと』です。



そして来月から『ミクちゃん、お風呂の時間です』も、動き出します。


稽古不足を幕は待たない。。。


みなさんファイトでござんす!
(^o^)/

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »