フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

「でかけてみたら→」〜北陸新幹線だ〜by森本恵美

「でかけてみたら→」〜北陸新幹線
2015年春!北陸新幹線開通だなんて(*_*)


〜18才で東京に出てきた頃、実家の福井県が遠くて遠くて「新幹線が出来ればな…」とずっと願っていました。

あれから21年間、大阪や東京を行ったり来たりして、実家もあまり遠く感じなくなりました。


なのにちょっとずつ、実家に帰る回数が減ってきました。

「2015年は、北陸新幹線を使って何回実家に帰るかな…。」

ニュースで新幹線を見る度に思ってしまいます。


heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02
12月18日(水)〜22日(日)
劇団青い鳥スモールワールド
「ちょっと、でかけていますので→」

平日は、まだお席に余裕があります。
ご予約お待ちしています(^-^ゞ

2013年11月28日 (木)

「でかけてみたら→」心のさけび~by天光眞弓

「でかけてみたら→」心のさけび~by天光眞弓
あああ~どっか行きたい~
芹川さんが叫ぶ。
私、心の中で呟く。

稽古場の窓からは紅葉の木々が見えるし。
空、広がってるし。
空気は柔らかだし。

でもどこかに行くわけにはいきませーん
私達、「ちょっと、でかけて、いますので→」稽古、真っ最中!

人はどこかに出かけるわけにいかない時に限って、ものすごくどこかに行きたくなる、行ってしまいたくなる~

コレが終わったら、アレを片付けたら、
行くぞ!
出かけるぞぉ!
青い空、白い砂浜、そよぐ風~
待ってろよ~

とか言って
いざ終わってみるとこれがなかなかどうして腰が上がらなかったりするのだよ~
なんだろ。

2013年11月26日 (火)

「でかけてみたら→」〜休憩のような、休憩でないような〜by森本恵美


…今から休憩!
さあ、お茶を飲もう(^-^)v
sunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsun
…しかし天光さんと葛西さんはセリフ合わせ!

sunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsun
ムムッ、頑張るぞ(゜-゜)(。_。)』

2013年11月25日 (月)

でかけてみたら~時よ止まれ、君は美しい!…芹川藍

芹川「あ~あ、寒くなると髪洗うの面倒くさいなあ…」

天光「美容室で洗ってもらえば…」

芹川「だって美容室も嫌いなんだもの…」

天光「じゃあ家に来て洗ってもらえばいいじゃん」

芹川「・・・・・」
天光「・・・・・」

芹川「それって介護じゃない?私のお母さん今、ヘルパーさんに洗ってもらってるよ」

天光「・・・・・」

そんな遠い話じゃないなあと思ってる、私たち。


テレビにカバーかけた。
電話に洋服着せた。
ドアのノブを毛糸カバーでくるんだ。

本に綺麗な布カバーをかけた。

そんな年頃の私達の…。
「ちょっと、でかけていますので→」の公演(12月18日より)を、皆さま見てやって下さい。
お待ちしています。

2013年11月21日 (木)

「でかけてみたら→」〜今日の稽古〜by森本恵美


〜今日は、お二人はどこにお出かけしているのでしょうか?


何を思い、何を話し、どこに向かっているのでしょうか?〜


今日も
「ちょっと、でかけていますので→」のお稽古終了です。


皆様応援ありがとうございます!

また明日も稽古へお出かけheart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02heart02
寒いけど負けないぞshine

2013年11月20日 (水)

「でかけてみたら→」〜おでかけの素敵なこと〜by天光眞弓

おでかけの素敵な事と言ったら、出かけた先でおいしいお団子を食べたり、古着屋さんでブラウスを見つけたり、言葉のわからない国で一見、気難しそうな人たちがこの上なくやさしく道を教えてくれたり、おつりがないからとオマケしてくれたり、心細い気持ちを救ってくれる嬉しい、ありがたいことに出会う。
でも、もう一つおでかけには素敵な事がある。
おでかけから帰ってみると、あ〜あ、やっぱりウチが一番、「さ、さ、お茶でも〜」って瞬間の心地よいことと言ったら。
引っ越ししたばかりで、まだ馴染めない自分の部屋、ちょっと遠出する…帰ってみると、出かける前よりちょっとだけ懐かしい場所に感じられることがある。
でも、でも、もう一つ素敵なことがある。
初めて行った見知らぬ国でもそんな気持ちになる。
私、随分前だけど、イタリア、ミラノに行ったことがある。どんな観光スポットがあるのか何も知らないで、行き当たりばったりの数日を過ごしてからスイスに行った。何日か後、戻ったミラノ。これが、なぜかすでに懐かし感が湧いて来た。
一人前なのにお皿からはみ出ている巨大ピザ、鉄格子を開けて入るエレベーター、道を尋ねてもイタリア語で答えるイタリア人達…知ってる、私、この町、知ってる…って。
ギリシアでも、湯河原でも、那須でもそうだった。
しばらく過ごした後、離れて、また戻ってみるとおなじみ感、懐かし感、そして、愛しい気持ちが増えるのだ。
還暦記念で富士山に登った芹川さん、テレビで富士山が映る度に、「お友達〜ふじさぁぁぁん!」と手を振っているくらいだ。
おでかけの素敵な事はそんな愛しい、友達のような場所がこの世界に増えていくことかもしれない。
「ちょっと」でも「大々的」でもおでかけは、そんなプレゼントをくれる素敵なイベントだな!

2013年11月18日 (月)

「でかけてみたら→」〜衣裳・小道の買い出し by森本恵美

「でかけてみたら→」〜衣裳・小道
「でかけてみたら→」〜衣裳・小道
「でかけてみたら→」〜衣裳・小道
「でかけてみたら→」〜衣裳・小道
またまた衣裳、小道具の買い出しに、ちょっとお出かけしました。


心配していた小道具も無事に買い、生地屋さんでも素敵な布が見つかり、私がお会計をしていると、天光さんと葛西さんは見知らぬ婦人に声をかけられ、生地選びのお手伝いをしていました。


その後、楽しいランチを済ませ、可愛いソファーで一息ついていると、また別の見知らぬ婦人に道を聞かれ答える二人。


そしてそして、天光さんと別行動でそれぞれ衣裳、小道具探しをしました。


ちょっとだけ、人のお役にたったお出かけは、無事に終了。


また明後日から、稽古場にお出かけする日々は続きます、続きます、続きまする(〃^─^〃)


頑張るぞ〜(^-^ゞ

2013年11月16日 (土)

「でかけてみたら→」〜予告前編〜 by高彩裕子

みなさま〜おまたせいたしました〜

「ちょっと、でかけていますので→」予告ムービー 前編
公開です(◎´∀`)ノ
director 松浦本
music 宇佐見拓郎

後編は11月末公開予定です!

2013年11月15日 (金)

「でかけてみたら→」~なんてね by葛西佐紀

ここ数年、身内を含めて大好きな人、大切な人たちがあちらに旅立ちました。

いやぁ~あちらの世界があるのやら、ないのやら、あちらの事情がどうなっているものやら、私にはとんと図り知ることはできないのだけれど・・・

たとえば・・・私たちは、ちょっとでかけてきますのでといってこちらの世界に生まれ、

そして、ちょっと出かけていますのでといってあちらの世界に旅立つんだとしましょうよ。

すると、アラ不思議、その人たちとまた会えそうな気がして、ちょっと心が軽くなって・・・

だから、私もそんなふうに旅立ちたいなんて思ったりする。

そして、振り返ったその視線の先に、こんな景色が広がることを夢想する。

私が歩いている・・・歩き、そして歩き・・・

まばゆい記憶とともにその足取りのなんと軽やかなことか

電線に鳥がとまっている

猫が欠伸をしている

バス停でバスを待っている人がいる

太陽は輝き、風が吹き、空は震えるほど青い。

心がだんだん透明になっていき、世界がいっそう鮮やかになっていく・・・


そして私はそんな世界に向かって晴れやかにこう挨拶する

「ちょっとでかけてきますので!」

60を過ぎた私が、あちらに向かう未来の私を思うとき

ああ、そんな、散歩のような人生だったらいいのになあ~~

なんて、なーんてねっ!

2013年11月10日 (日)

「でかけてみたら→」そこは柳川~~by長井八美

「ちょっと、でかけています→」この公演の稽古が始まったとたんに、私は驚くほど日本を東奔西走のおでかけ人生になってしまった~~!!

いったいなんで!?と思うのだが、考える間もなく家に帰ったとたん、洗濯物をカバンから出すと着替えを入れ替えて、また、翌朝はバッグをズルズルと引きずりながら別の地へ向かう。

そんなある日、仕事で太宰府天満宮の近くに行った。そして、その帰り道、いつか行きたいと思っていた一昨年の10月に亡くなった川口洋子さんのお墓参りに行った。お墓といってもそれは彼女の実家の庭にあるのだ。一路柳川へ。柳川の駅を降りると、絶対に間違えるはずのないそっくりな顔の弟さんが車で迎えに来てくれていた。

手には、あたたかい梅が枝餅。ようちゃんが喜ぶのではないかと勝手に思ってお供えに太宰府天満宮の参道のお店で買った。それだけでは申し訳ない気がして、途中のお花屋さんでオレンジ色のバラを買った。「まあ、きれいやなあ。こんなん生きているうちにもらいたかったわ」と彼女の声が聞こえた。

お宅にお邪魔して、仏前に手を合わせたとたん、自分でも予期せぬ出来事だったが、涙が溢れて止まらなくなった。こんなことってあるのだと、自分でも不思議だった。

川口洋子さん・・・ようちゃんとは20代に京都で初めて会った。おたがいに「おんな」に目覚めて、いっぱしのフェミニストだと思っていた頃のことだ。

ようちゃんはその後大阪に移って、永遠の友である、やんさんと共同生活を始めた。女たちのための大工教室を始めたり、家具を作ったりしていた。家が広かったのをいいことに、青い鳥が初めて大阪公演に行ったときは、二人の家にとめてもらった。

やまのような貸ぶとん、たくさんの人が使ったのでトイレがつまったりして・・・大騒ぎだった。私は二人が住む家のあたたかさと、そこにあるおいしいものが大好きで大阪に行くたびに泊めてもらった。本当にいろんな話をした。

そんな場面が走馬灯のように思い出されてたまらなく悲しくなった。もういないなんて信じられない!いつも大阪公演のときはお世話になった。どんなときも・・・あの交通事故のときも車を運転して、劇場へ、病院へと連れて行ってくれた。青い鳥にはなくてはならない人だった。

「ほんまに青い鳥はおもろいなあ」いつもそう言っていた。遠くへ出かけてしまったようちゃん、今度の芝居もおもろいですよ!

2013年11月 5日 (火)

「でかけてみたら→」~ちょっと~by演出助手・渡辺

今回はスモールワールド第4弾である。
第1弾は「ちょっとうれしい」
そして今回は「ちょっとでかけて」

 
そう!キーワードは『ちょっと』なのである。
この『ちょっと』は味噌である。
ちょっとラク~なキモチになる。
ちょっとヒミツめいてもいる。
ちょっとウキッってする。

実際、第1弾のときは芝居を創りつづけることにちょっと疲れて、
大きな期待や希望や目標をもつのではなく、
ちょっと肩の力を抜いて楽しんでやってみようやっていう気持ちだった。

それから3年。
今回の『ちょっと』はどんなちょっとなのか。

ちょっと先の未来
ちょっと振り返る過去
ちょっと心に淋しさとやさしさと温かさ

Bulog

ワタシたち、ちょっとうれしい、楽しい、気持ちいい舞台を創っています!

2013年11月 4日 (月)

「でかけてみたら→」〜買い出し〜 by森本恵美

「でかけてみたら→」〜買い出し〜
「でかけてみたら→」〜買い出し〜
sunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsun 今日は、天光さん葛西さんと衣裳、小道具の買い出しのため、お出かけしています。


お昼は、御二人が大好きなnoteタイ料理noteの店でお食事しました。


さあ、もうひとがんばり!punch

…の前に、カフェでホッと一息ついてますchick


なかなか腰があがらない…shock

2013年11月 2日 (土)

「でかけてみたら→」〜ちょっと遊びに〜 by近内仁子

時間が出来たので、気ままにふらりと

「ちょっと、でかけて」の稽古場に「ちょっと、遊びに」まいりましたhappy02

もう台本を離しての稽古。。

いやぁ~おもしろい!

Nec_2378 Nec_2377 ちょっと来ただけなのに、

いっぱい笑って、いっぱいパワーをもらって、帰ってきました。

ああ、幸せ。。

また遊びに行こうおっと♪

2013年11月 1日 (金)

「でかけてみたら→」〜予告ムービー撮影中!〜 by高彩裕子

20131101_093245

ん!?
20131101_092815
およよ!?
20131101_092854
お〜〜〜森本さん!!
今日は都内某所で森本さんの出演シーンの撮影。
お隣にいるのは〜
「お茶漬け、二度寝、明日炊く豆。」、
「さらば、クリーニング店 しろくま屋。」公演と
劇団青い鳥の予告ムービーを制作してくださっている松浦さんです。
20131101_092900
先日のロケは高彩カメラマンだったのに〜
なぜ!?
それは〜〜
松浦さんが制作する”前編”と〜
高彩が制作する”後編”と〜
なんと2編の「ちょっと、でかけていますので→」予告ムービーになるのです!!!!
20131101_092913
どんなムービーになるのでしょうね ♪
どうぞ、お楽しみに〜〜〜〜〜(◎´∀`)ノ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »