フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「お茶漬け、二度寝、明日炊く豆。」二日目も終了です。by森本 | トップページ | 「お茶漬け、二度寝、明日炊く豆。」公演終了いたしました! »

2013年3月 3日 (日)

「お茶漬け、二度寝、今日のお菓子」by森本

「お茶漬け、二度寝、今日のお菓」
「お茶漬け、二度寝、今日のお菓」

楽日一回目の開演まで、あと40分足らず。


青い鳥・葛西佐紀師匠!
今日も朝からお菓子作りに精を出して、皆様のお越しをお待ちしています!


手作りですから、一つ一つ形がちょっと違います。

個性があります。

これがheart01

召し上がれ\(^o^)/

« 「お茶漬け、二度寝、明日炊く豆。」二日目も終了です。by森本 | トップページ | 「お茶漬け、二度寝、明日炊く豆。」公演終了いたしました! »

コメント

私も道をちょっと一本早くに曲がり、本筋に戻って見つけたゆうどは、素敵さと間に合った安堵で、本当に優しく佇んでいました!

脱いだ靴を預かって下さった男性が、劇中の写真を撮られていて、カメラマンさん?だったのかしらんとびっくり。

開始前、丁寧に目の前に置いていただいたお茶の温かさ、思いきって「前の方が空いてますよ」の優しい一声に座ってしまいましたが、一緒に連れて行った姪もコクコクとゆうどのお茶をいただいてました。

お菓子…豆と思ったら松の実だったのか、と帰り際にパンフレットを読み、大事にいただいたあのお菓子…葛西さんの込められた思いを知り、今日の舞台を思い返しながらゆうどを後にしました。

私もこの一年は本当に嬉しいです。また舞台があるんですね!
感謝を込めて…
・躍動の青い鳥の春お雛祭り

・思い出の菓子の春ゆうどの茶の水

・ゆうどの庭の馬酔木の可愛さ沈丁花の蕾色かと

舞台の途中、迫力にお子さんが泣いてましたが、あぁ、お子さんを泣かせるだけの感動を与える芝居力に立ち合えたなぁ、と。

昼の部に行けて本当に良かったです。ありがとうございました!


佐紀さんのお菓子が楽しみで、開場前から並びました。
おいしくいただきました。お抹茶が飲みたくなりました。
そして、朗読活劇とはなんぞや!と思っていましたら、飛び出す大人の絵本のようで楽しかったです。

最近、私は幸せです。
青い鳥の公演が多いからだと思います。
色んな形で、それぞれの人たちが表現したがっているんだなあ、と感じます。
とても心地よく、私の心に響いています。

今日の12時の回、漸く観に行くことができました。

ちょこっと道に迷って天光先生に拾われました。


素敵な古民家の素敵な空間
葛西先生の可愛いくて美味しい和菓子と温かいお茶をいただきながら
近内さんと高彩さん どんなお芝居を見せてくれるのだろうワクワクしながら待っていました。

声楽家の紺野さくらさんが黒い傘をかざして庭から登場
太宰治の近内さん もう指の先の所作の1つ1つまでが「太宰 治」でした。
「山崎 富栄」の高彩さんの最後の台詞が胸に残ります。

私は太宰治が好きではなりませんでした。
帰りの駅で「ヴィヨンの妻】を購入し一気に読んでしまいました。

今回、1回しか観に行かれなかったことが本当に残念でした。

素敵な時間と空間をありがとうござました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/49812871

この記事へのトラックバック一覧です: 「お茶漬け、二度寝、今日のお菓子」by森本:

« 「お茶漬け、二度寝、明日炊く豆。」二日目も終了です。by森本 | トップページ | 「お茶漬け、二度寝、明日炊く豆。」公演終了いたしました! »