フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「楽園の楽屋」~始まりましたぁ by葛西佐紀 | トップページ | 『楽園の楽屋』~千秋楽by演出助手・渡辺 »

2012年12月 7日 (金)

『ラクエンノガクヤ』っていうお芝居、見た?〜森本恵美〜




「楽園の楽屋」
←ラクエンノガクヤ

このお芝居をまだ御覧になっていない方へ

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine
40年近く「芝居」というものを作ってきた三人の役者の、楽屋でのお話です。

これは
「自分を生きる」為の自然治癒力が湧いてくる芝居です。

自然のものは、めんどくさい!
でもジンワリ効いて優しい!
本当に体や心にいいものはみんなどこかで知ってるはず。
shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine
…ドキュメントじゃないかと何度も錯覚を起こさせる三人の出演者は、『劇団青い鳥』で38年芝居を作り続けてきました。


何かをずっと続けていく事は本当に凄いと思います。
何か一つのモノを悩んだり抱きしめたり、憎んだり愛したり、離れたり寄り添ったり。

だけどふと誰もが「自分を生きる」という事をずっと続けていると思いました。

すると何故か舞台の役者だけでなく、客席の「お客様」として座って下さっている皆様にも沢山の拍手を贈りたくなりました。


本日は19時開演!
ムクムクと沸き起こる
「自然治癒力」

一緒に感じませんか?

« 「楽園の楽屋」~始まりましたぁ by葛西佐紀 | トップページ | 『楽園の楽屋』~千秋楽by演出助手・渡辺 »

コメント

本日、「楽園の楽屋」拝見させていただきました。
とっても面白かったです!

何だかリアルを感じるお芝居でした。

青い鳥の皆様が、お芝居を始めてからず~っと感じてた、そして人知れずず~っと書きためていた日記を、胸を張って「どうだっ!」ってさらけ出したようなお芝居だと思いました。

毎回感じる事なのですが、青い鳥のお芝居って、己の人生とシンクロするのですよね。

お芝居を見て元気をもらえた。

お芝居を見て勇気をもらえた。

お芝居を見て癒された。

そんな言葉だけでは決して表す事など出来ない何かが、青い鳥のお芝居にはあるのです。

お芝居の中で使われていた音楽も、小道具も、大道具も、衣装も、楽園って劇場も、下北沢という街でさえも、全てが劇団青い鳥の為に設えられた物質に見えたりするんですよ。

こんな感覚、青い鳥でなければ味わえません。

「夢」を追いかけ続けながらも決して浮かれず、地にちゃんと足もついていて、それでいて飛ぶ時はすげぇ高い所まで飛んじゃう。

凄い鳥だと思います、青い鳥は(笑)。

観ました~!
可笑しいのになんだかせつなくて・・。
舞台にゆく様は なんと凛々しく美しいことか。
アフタートークはうふふ~!楽しかった。
不思議です。時間が経てば経つほど
じわじわと想いが深まる。
不思議な芝居です。もう一度観たい!
残念だったのは、終演後、役者の皆様にお会いできなかったこと。
電車が・・・。間に合わない!
大切な一日になりました。ありがとうございました。

あっこさん、ようこそ!
楽しい時間でしたね。
また、また、また、お会いしましょう!


荷物係・化粧室案内係、毎晩寒い中お疲れ様です。
アフタートークは大笑いしました。そしてキュンとしました。

ちなみに私の青春時代を一言でいうと…
「当たって砕けた」ですwink

わたくしも、化粧室ご案内係をさせていただいていたものです。


本当に、もったいなくて、一秒でも席を立ったら、みのがすんじゃないかと思われるくらい、お客様はどなたもトイレに行かれませんでしたね。


すぐに、始まったアフタートークは、爆笑でしたね。

お客様、泣いて笑って、心地よい冷たい風に一時吹かれて、楽園の扉から帰られていきました。


入ったときと出ていくときのお顔がみなさま違って見えました。

昨日、荷物係をしていた者です。
本編終了後、お帰りのお客様がいらっしゃるかとスタンバってましたが、誰一人席を立たれませんでした。
皆さん、この日を待ち望んでたんですね。
ギチギチの客席の中、笑い声が響き続けたアフタートークでした!

ちなみにワタシの青春時代をひとことにすると「いきあたりばったり」ですconfident

『ガクエンノラクヤ』というお芝居、観てきました!

「座席の肘掛にしかっりおつかまりください」の機内のアナウンスに「?」

爆弾低気圧で交通機関が乱れるニュースも流れていましたが
千歳は嵐の前の静けさ・・・・ そんな中で定刻通りに飛行機は
「楽園」に向かってくれました・・・・
が、肘掛にしっかりつかまって!
着いた東京はポカポカの青空・・・
イチョウもきれいに色づいて
夢なのか現実なのか・・・・
「楽園の楽屋」にたどり着きました。

「楽屋」に入るには、覚悟がいるんですね・・・・
感動をして、涙がでましたが、泣いている場合ではない!

楽屋からでてきたときには、いつもより背筋がのびて
襟を正して・・・・でて来れました!

そして、予定より早い便に乗るように航空会社の方の
促され、たどり着いた北海道は嵐の静けさのなか
一面雪世界・・・

今日は穏やかに雪が静かに舞い散っているます。

素敵なお芝居をいつもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/48114014

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラクエンノガクヤ』っていうお芝居、見た?〜森本恵美〜:

« 「楽園の楽屋」~始まりましたぁ by葛西佐紀 | トップページ | 『楽園の楽屋』~千秋楽by演出助手・渡辺 »