フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 『楽園の楽屋』〜あの瞬間〜by天光眞弓 | トップページ | 『楽園の楽屋』~稽古の時間~by演出助手・渡辺 »

2012年11月 6日 (火)

「楽園の楽屋」~何もない by葛西佐紀

昨日、楽園に劇場の下見に行ってきた。

空の舞台というのはなんともひっそりとしている。
客席に腰を下ろして、しばらく舞台を見つめる。

片付けられた椅子、積まれた座布団、照明器具が、
何もない!!という感覚を一層きわだたせる。

この何もないところに、何かを出現させる・・・
そして、時間がすすみ、空気が流れ、様々な情感が息づく・・・
お芝居ってそういうことなんだ。

胃のあたりが、ひくひくする。

この何もないところに、何かを出現させる・・・
そして、それは観客ひとりひとりの思いによって、様々な世界に変貌していく・・・

胸の奥のほうが、チリチリしてくる。

恐いような、楽しみなような、不安なような、待ち遠しいような、
ゾワッと奇妙な感覚になって、劇場をあとにする。

そのとき舞台から
待っているよって言われたような気がした。

うん、わかった。これから私、稽古にいくんだ。

« 『楽園の楽屋』〜あの瞬間〜by天光眞弓 | トップページ | 『楽園の楽屋』~稽古の時間~by演出助手・渡辺 »

コメント

青い鳥の舞台は不思議です。

一緒に走ったり、踊ったり、笑ったり〜してたかと思うと、いつの間にか。

自分の想像、妄想?の世界に入っていく・・・

過去・未来・現在の自分や家族や友だち、出会った人や物や自然や風景・・・

涙だったり、笑いだったり、なんだか胸がいっぱいになってしまいます。

と、また舞台に引き寄せられる。いったり、きたり・・・

青い鳥の舞台は不思議です。

そんな青い鳥が大好きです\(^o^)/

「お芝居ってそういうことなんだ」という一言が背中にビンと響きました。

いつもいつも私たちASOBO塾塾生を見守ってくださっている温かな眼差しを
改めて、じわりと感じてきました。

先生たちのお芝居がとても楽しみです。

私も、客席から待ってますね

何もない空から生み出すしんどさ
何もない空からこそ生み出せる新しさ


何もない舞台は創造の源なんですね。


私たち観客は見ることのない空の舞台。


想像してしまいます。

読んでいて、佐紀さんの誠実さと健気さと謙虚で真摯な姿が、目に映りました。

お稽古、これからもがんばってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/47737275

この記事へのトラックバック一覧です: 「楽園の楽屋」~何もない by葛西佐紀:

« 『楽園の楽屋』〜あの瞬間〜by天光眞弓 | トップページ | 『楽園の楽屋』~稽古の時間~by演出助手・渡辺 »