フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「楽園の楽屋~スモールワールドの意味~by 長井八美 | トップページ | 『楽園の楽屋に誘いたくって』〜気がつけば私たち〜by天光眞弓 »

2012年11月15日 (木)

『楽園の楽屋』~どうしょう~by芹川藍 


この前、年賀状を書いたのに、また正月。

一年が一ヶ月に感じるのにはもう慣れた。


でも今年はその正月の前に『楽園の楽屋』の芝居がある。


なんとも大きな関所である。

年賀状どころか、クリスマスも大晦日のこともゆっくり考えられない!


どうしょう。。。台詞が覚えられない。
近頃、脳がおかしいのではないか。

今回の役は、久しぶりの主の役。

よし、台詞覚えた、次の日には忘れてる。

おかしい。。。

きっとこの作品は、役者として最後の芝居になるのかなあ。。。と、真剣に思う。

あっ!という間にに初日があける。

はぁ~終わった先にある正月はワタシ、無事に迎えられるんだろうか…

皆さん!助けてくでぇ……。


« 「楽園の楽屋~スモールワールドの意味~by 長井八美 | トップページ | 『楽園の楽屋に誘いたくって』〜気がつけば私たち〜by天光眞弓 »

コメント

大丈夫
大丈夫
大丈夫

うん!


どうか、芹川先生が無事にお正月を迎えられますように


遅くなりました。
芹川さん、頑張って下さい。
私も明日、芝居の台詞、ダンスの振付け、頑張ります。

あたたかいコメントを、皆さまありがとうございました。

心にしみわたる想いです。

浮き沈みする心の泡のように、浮いたり消えたりする気持ちです……が。

皆さまのエール、愛を受け取りました。

二時間あまりもの台本を役者さんはどうやって覚えるのか、常々不思議に思っておりました。
やはり七転八倒があるのですね…
あぁ、ドラえもんの暗記パンを差し入れしたい。

芹川さん、大丈夫です。

トイレもあんなに心配したり我慢しても、

今まで大丈夫だったもの!!


芹川さんの心配をよそに、私は楽しみにしています!

せんせぇぇぇ!
助ける、だなんてオコガマシイですが、私の経験談をば!

昔、浅草サンバカーニバルに楽器隊で出るため練習していた時のこと。
どうしてもできないフレーズがあって落ち込んでいた私に誰かが言いました。
「出来なくても練習続ければある時突然できるようになるよ」
そして、それはそのとおりでした。さっきまでできなかったのに今はできる!
その後、同じようにできないと悩んでいた人に同じアドバイスをしました。
すると、やっぱりある日突然できるようになったんです。

先生、今のまま地道に続けていけば、ある日急に台詞が流れ出てくる、と思いますですよ。
憶えにくくなっているのは仕方ないす。だって、色々気遣いしなくてはならないお仕事をたくさん抱えているんですから。

大丈夫!脳ミソはちゃーんとお仕事してます!
ご自分を信じてくださーい!!!!!

私、毎日仕事をしながら思っています。
同じなのですね。
ちょっと、ほっとしました。 ごめんなさい。
でも芹川先生は大丈夫。
きっと「楽園の楽屋」の中で、呼吸をして
生きています。
青い鳥のみなさんが ただいる だけで 「楽園の楽屋」
その空間を 楽しみにしています。大好きなのです。
ちょっと なまいきでした。ごめんなさい。

A・SO・BO塾の公演の前に、押しつぶされそうな気持になった私に、
芹川先生は、こんな言葉をくださいました。

「あなたなら、だいじょうぶ」

とても、とても、おこがましいとは思いますが、
この言葉を、今度は私から先生に贈りたい、と思いました。

遅れてきたファンの私は、時間を取り戻すかのように、
先生の演ずるお姿を、観続けていたいです。
それは、宝物の時間だから。

先生のお芝居を見ていつも思うんです。

どうしてなんだろう・・・
どうして 人をこんな気持ちにさせることができるんだろう。
しまった!・・・また泣いてしまった。
うれしい!・・・心が深呼吸したみたいになる。
次はなに?・・・楽しみでしかたがない。

先生の脳も眼(まなこ)もすべてすべて
絶対おかしくありません。
私は何もできませんが
心からフレーフレー!です。

先生〜!がんばれ〜!!
フレ〜フレ〜先生〜
(^o^)/

昨日の夜、自主練、八尾、阿倍野でやりました〜♪楽しんで喜んで〜♪

ファイト\(^o^)/

芹川先生は、演出なさっているときに、『身体に通らないんだね、いいにくそうだね。』と役者さんに、おっしゃいますよね。
そしてとても的確にこうしたらってアドバイスなさる。
その“身体に通す”って いうのはやっぱり稽古なのかなあ。

私は先日大阪で自分が振付けたダンスがちゃんとおどれませんでした。

たくさんアドバイスはできるのに、いざ自分が踊る段階になったら、稽古を重ねている皆さんよりも出来なかった。


きっと集中力と稽古なんだと思います。

演出家でありながら、役者を主でやるのは大変な頭の切り替えが必要ですよね。

もう、もう、がんばるっきゃないですぜ!芹川先生。

朝晩が冷え込むようになりました。

本番まであとひと月を切りました。

お体に気をつけて、ファイト〜!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/47843443

この記事へのトラックバック一覧です: 『楽園の楽屋』~どうしょう~by芹川藍 :

« 「楽園の楽屋~スモールワールドの意味~by 長井八美 | トップページ | 『楽園の楽屋に誘いたくって』〜気がつけば私たち〜by天光眞弓 »