フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「楽園の楽屋」~宇野萬に手を合わせる by 長井八美 | トップページ | 『楽園の楽屋』〜あの瞬間〜by天光眞弓 »

2012年10月30日 (火)

『楽園の楽屋』~喜び下手~by芹川藍 

夫「この店は嫌だ」
妻「ここでいいじゃないですか」
夫「野菜はお前食え!」
妻「はい…」

声を荒げる夫となだめ続ける妻。

上野駅モーニングセット店の不機嫌な65歳位の夫婦の姿をジーッと私は見ていた。

その風景は、子ども頃の私の父母と同じだった。


いつ怒り出すかわからない父。
それに耐えて何も言えない母。


そんな家庭に育つと、子どもは、ずーっとサプライズだ。

「動物園に行くぞ」
「旅行へ行くぞ」
「食堂に行くぞ」

突然のイベントにも、ただ固まりながら、嬉しそうな顔して行くしかなかった。

本当は家にいたいのに。
友達と遊びたいのに。


先日、演出助手渡辺の誕生日会を企画した。

10月11日のブログに書いてるように半月も前から秘密に企画して、サプライズは大成功!
……なのに、とうの渡辺は不機嫌?困ったちゃん?逃げ出しそう?

喜んでくれてないことに私は困惑。

それから私はサプライズについて考えた。
私もまたサプライズが苦手だからだ。
そして導きだしたのが、「サプライズと幼児期の家庭環境に関する基礎学入門」
サプライズには「感動しなければならない」の、付録が付きまとう。

感動、感激、感謝がサプライズの必須条件だ。

一番いい見本はアメリカ人のプロポーズ。
街中を巻き込んで歌い踊りカンドーの嵐。

あんなふうには絶対喜べない。


なぜならば、子どもの頃のドキドキハハラ固まる家族が、どうしても思い出されるのである。

次に……急カーブか、急落下かわからないジェットコースターなのだ。


サプライズ=突発的なことには嫌悪感しかないのだ。


稽古場で子どもの頃の家族サプライズ組の葛西に聞いてみた。やはりサプライズが好きじゃないそうです。


サプライズは誰でも好きな訳ではないのである。

恐怖のサプライズを仕掛けてきた我が父も今年92歳、今では昔の面影もなく小さくなり穏やかになってしまった。
昔なら怒鳴られるのに……みたいなことでも、笑ってる。

私はそんな父を初めて芝居の中に書いて見た。
今度の『楽園の楽屋』です。

サプライズの苦手な、かつて子どもだった大人へ……。



【募集中】12月6日19時終演後のアフタートークの質問まだまだ募集中です。

アフタートークでお答え出来なかった場合は、後日ブログでお答え致します。ぜひどんどん質問して下さいね。

« 「楽園の楽屋」~宇野萬に手を合わせる by 長井八美 | トップページ | 『楽園の楽屋』〜あの瞬間〜by天光眞弓 »

コメント

「楽園の楽屋」のチケットを眺めながら、にまにましています。

karaokeアフタートークの質問
◇お手製でご自慢の「B級グルメ」を紹介してください。
◇人生最高のいい訳は?
◇「もう駄目かもしれない!!」って思ったのはどんな時ですか。
◇頭が真っ白になったとこってありますか?
◇大爆笑をした映画を1つ
◇ご自身以外で、次に生まれ変わるとしたら何に生まれたいですか?
◇ご自身の前世は、何だと思いますか?

アフタートークの質問いたします。


100円ショップに行ったら、なにかしら買ってしまいますか?そこで気持ちが動きむずむずして買わずにはいられないコーナーはありますか?

みんなみぃんな、親になっても歳をとっても大人という仮面を被ったこどもなんですにゃ〜!
いつまでたっても。
それがわかるようになったら楽になりました。


♪楽、楽、楽園♪
♪楽、楽、楽屋♪

質問です。
130年前ほど前の人をタイムマシンで今の日本に連れてきたら現代の何に、一番驚くと思いますか?

私が父から影響を受けていたことに気が付いたのは、ごくごく最近のことです。

もう亡くなってずいぶん月日が経ったので、細かいことは忘れてしまいましたが、

父の口癖で「やる時は嫌な顔せず、一生懸命しなさい。嫌々するならしない方がいい。」

「人に言われたからするのじゃない。自分がしたいからするんだ。」

私の行動は、自分がしたいからするんだ。自分がしたいのだから、嫌々しない。一生懸命する。

父は正論でやって来る。

そんな父にも矛盾はあった。自分の都合で出張日を変更する時、自分では連絡しない。

いつも母が連絡していた。私が家の仕事を手伝うようになってからは私がするようになった。

私はそれがとっても嫌だった。たまにならまだしも、しょっちゅうだったから。

でも、嫌って言えなかった。おかしいって言えなかった。

正論で来る父に私は反撃できない。言われないように、仕事をちゃんとするしかない。

言われる前に、自分で考えて、行動するしかない。父の望んでることをしなければ・・・

人は自分のことを棚にあげて、いろんなことを言う。私も言う。

人はいろんな自分を持っている。いろんな感情があるように、いろんな顔を持っている。

全て自分なんだ。愛すべき自分なんだ。

まずは自分から、自分の想いに正直に生きていこう。と思います。

サプライズ超苦手なワタシの父は、たぶん芹川さんのお父上を上回るツワモノだと思う。
 
この間も、初めて来たヘルパーさんを泣かせて帰したらしい。
八十を過ぎてますます磨きがかかった直滑降、急カーブ、急ブレーキのジェットコースター。

 
あとどれほどの話のネタを提供してくれるのか、今となっては楽しみでもある。

なんだか、芹川先生のお父さんと私の父、とてもよく似ています。

私は父が恐かったー!

うんと歳の離れている妹は恐がらなかった。そして可愛がられていたような気がする。父が亡くなってから妹にそういうと、やはり、『ものすごく不機嫌と機嫌のいいときの波が天と地ほど差があったよね。恐かったよ。』と答えが返ってきた。

でも、今、立派な父だったと尊敬しています。

生きているときに、言えなかったなあ…。


質問します!

お鍋の季節になりました。
お鍋と言えばどんな鍋を思い出しますか?
お鍋に欠かせない食材はなんですか?

『楽園の楽屋』のアフタートークも楽しみです。

なんだかジーンときます。

喜ばないといけない・・・・
というより、親も不器用な世代だったのかな?

私の父は昭和一桁。 
クリスマスなんて鬼畜米兵の行事だとおもっているから
小さい頃に クリスマスなんて我が家にはなかった。
そんな私たち姉妹を不憫に思った方が
クリスマスにプレゼントをくれた!
子供心に、その贈り物が嬉しくて仕方がなかった。
ワクワクして開けてみたら・・・・
女の子に 車のおもちゃだった。
3歳くらいの子供でも
ここはがかりとしてはいけない空気は読めた。

そして、人生初の父からのクリスマスプレゼントも
父は精一杯 私たちを喜ばせようとしたのだろう・・・
けれど、それは3歳の時に
ご近所さんから頂いた車のおもちゃよりも
驚くプレゼントだった・・・

喜べないのに一生懸命に
落胆した顔をみせないようにした。

けれど、今は がっかりしたことより
父の気持ちが
やっぱり嬉しいのです。

父なりの精一杯の気持ちだったから
素直に喜べなくても
嬉しい顔を作っていたのかな。。。。

そこで、皆さんへの質問です。

  どんなクリスマスプレゼントを待っていましたか?

先日、東京ASOBO塾でも渡辺なほみさんのお誕生日サプライズをやりました。
「渡辺さんのこんな所が好きです」って言うのだけれど、テンポがイマイチの私たちの告白を渡辺さんはがっしりと受け止めてくれました。
あの場を一番盛り上げてくれたのは渡辺さんで、気遣いの人だなあ、と私はじ~んときてました。

我が家は、私が小学1年から中学1年までの間、毎年夏休みは北アルプスに登ると決められて?いました。
父が山と花と写真が好きだったからです。
自分の荷物は自分で持ち、自分の足で歩かなくては山小屋にも山頂にも辿り着きませんから、ある意味スパルタですね。
う~ん、子供の頃ってやっぱり父親の言うことは絶対でしたし、それが当たり前だと思ってました。

人は年をとると穏やかになるというのはウソで、頑固な人はより頑固になる、と介護の本に書いてありました。
芹川さんのお父様はどういう人なのだろう。
今度の芝居が楽しみです。

「楽園の楽屋」のこと、ツイッターで知りました。青い鳥のお芝居が若者だけのものではなく、私にも楽しめそうでワクワクします。
初めてブログのコメントをさせてください。

質問です。

3人の中で一番長生きすると思うかたはどなたですか?せーの!で指差してください。

採用していただけたらうれしいです。

じ~ん・・・。ドスン。
胸に落ちました。
サプライズ
来るぞ~。喜ばなくっちゃ~。その思いでいっぱいいっぱい。
しかし・・
記念日に何もないのもチョイイラッ・・・。
やっかいな自分に閉口

芹川先生の文章を読んで、すーっと涙が出てきました。
私も、家族サプライズ組だからです。
中学生の夏休みに、行きたくないのに、40日間アメリカに
行かされた時は、現地で入院までしてほんとつらかった。
でも、父はそれを「いい経験だったな」で片づけた。。。
…うちの父も長生きしていれば、穏やかになれたのかなあ。
穏やかになるまで生きられなかった父を思うと、また泣きそうです。

「楽園の楽屋」に描かれる父親像、楽しみ半分、ドキドキ半分で
待っています。
これまで書けないで、今、先生が書くことができたこと。
観客席で、しかと受け止めたいと思います。

なんか胸がキュンとします。
客席から観るのが楽しみになってきました!

ハハーン!
サプライズ喜び下手は幼児体験に起因するのですか〜!
納得。


我が家の父は家族に何か起きると心配より怒りが爆発して『勘弁してくれよ!』とものすごく不機嫌になりました。

だから、私も、どっきりで素直になれないかも。。


■アフタートークの質問です!

♪修学旅行の思い出を教えてください。?

♪自分を動物に例えたら何ですか?自分以外のお2人は動物に例えたら何ですか?

♪ペットの思い出で印象的なことがあったら教えてください。

♪肉料理で、おいしいなと思うものはなんですか?


♪すっげー悪い事しちゃた!と言う事教えてください。

♪ラッキーカラーはありますか?何色ですか?


♪なにか昔、集めていたものはありますか。それはなんですか?今も続いてますか。

♪朝、目が覚めて一番にすることはなんですか?

♪好きな季節はいつですか
それはどうして?

もう、10月も終わりますね!
『楽園の楽屋』で皆さんにお目にかかるのを楽しみに待っています。
体調に充分気をつけてお過ごしくださいね(^.^)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/47615668

この記事へのトラックバック一覧です: 『楽園の楽屋』~喜び下手~by芹川藍 :

« 「楽園の楽屋」~宇野萬に手を合わせる by 長井八美 | トップページ | 『楽園の楽屋』〜あの瞬間〜by天光眞弓 »