フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「楽園の楽屋」~なんでだ、なんでだ~by芹川藍 | トップページ | 「楽園の楽屋」~極上の退屈 by葛西佐紀 »

2012年6月24日 (日)

「楽園の楽屋」〜旅自慢〜by天光眞弓


Photo


2


他人の夢の話と旅の話は本人が思うほど面白くない。
だから、本当は自分の胸にしまっておいて時々、こっそりうふふふとニッコリしてればいいんだけど〜
あまりに嬉しすぎてついつい自慢したくなる旅っていうのがあるです〜

この写真、見比べてみてください!携帯だと豆ツブで見にくいでしょうけど。
写真①は私が中学か高校の頃の週刊誌の切り抜き。なぜか、ずっと持ち続けていました。
写真②は、その同じ場所に立っている、何十年か後の私です!

1994年、劇団青い鳥が20周年を迎えた後、1年ほどお休みしてバリ島で過ごそう!と決めました。
でもどうせ日本を出るなら・・・そうだ!あそこ!行ってみよう!あの写真のあそこ。

週刊誌には“スイス、サンモリッツ近くの村”としか書いてない〜
それでも行けないことはないだろうと、ゆる〜い確信でとにかく行きました。
東京→シンガポール→バリ島→マレーシア→ミラノ→スイス・・・持って回った道のりを経て、なんとかたどり着いたのでした!

「その村にたどり着く私」についてのイメージがあって、ま、妄想と言ってもいいのですが〜〜〜

「日本で何かに疲れ、傷心の思いで旅立つ。ついた所がスイスの村。小さな居酒屋〜スイスに居酒屋があるかどうかはさておき〜
2階が宿になっている。部屋に入り窓辺から外を眺める。散歩に出かける。
野原を歩いていると近くの農家のおばさんが話しかけてくる〜言葉はどうなっているのだという細かいことはさておき〜
なぜか、おばさんは私の心を察したようにやさしく家に迎え入れ、絞り立てのミルクを飲ませてくれる。
私の心もほぐれていく〜〜〜」

しかし、妄想の中で私はどうも20歳代らしいのだ。
青い鳥が20周年を迎える頃、ハタと気がついた。早くしないと〜いや、じゅうぶん手遅れなんだけど〜ミルクを飲ませてくれるスイスの田舎のおばさんが、私より年下になってしまう!!!


もう一度見てください!2枚の写真!
村の景色が殆ど変わっていない!

とんがり屋根の教会、野原、大きな石。
そして、川縁の小さな木々!見てください!おわかりでしょうか〜?
成長しているのです!
あの写真から一体何十年経ったのでしょうか?
私もあれから一体何十年?!


泊まった宿は居酒屋の2階ではなかったけど、小さな焼きたてパン屋さんの2階でした!
ミルクをくれるおばさんには会えなかったけど、ドライブ途中にたまたま降り立った、すてきな銀髪のおばさまに頼んでこの写真撮ってもらいました!
おばさまは車で去り際、正面を向いたまま窓から片手だけ出して、手を振ってくれました。
一瞬、映画のワンシーンみたい!
私は一人、川縁で小さく「きゃあぁぁぁぁ〜なんだか知らないけど来てよかった〜」と叫んだものでした。

皆様〜、実は本人より大して面白がれない旅の話、最後までご覧頂いて、本当にありがとうございました〜!
                              
                               天光眞弓

« 「楽園の楽屋」~なんでだ、なんでだ~by芹川藍 | トップページ | 「楽園の楽屋」~極上の退屈 by葛西佐紀 »

コメント

以前青い鳥のブログで「天光さんの旅の話を聴くのが好きでした。」ってピパピパくんが言ってたのを思い出しました。

ブログを読んでて、天光さんの“なぜか、ずっと持ち続けていた”週刊誌の切り抜きのこと、色々妄想したこと、会いに行こう!って思ったこと、会えたこと・・・
その時の気持ちがじわ〜っと、伝わって来ました。

私もピパピパくんみたいに側で聴いてみたいなあ〜

ドライブ途中にたまたま降り立った“ステキな銀髪のおばさま”は“天使さん”かも〜

数十年経っても変わらない景色、成長する自然。
自然を守り共に生きいるこの国の人々はスゴイなあ。ステキだなあって思いました。

この旅はステキな一生の宝物ですねo(^-^)o

すごっ(゜-゜)

びっくり(。_。)

フゥゥーン(゜ロ゜)

フシギ(*_*)

あらら

名前を入れ忘れてたんですね~bud

わぁすごーい、すごーい!

なんてすばらしい体験なのでしょう!
夢物語みたいheart04

それにどちらの写真もすごくきれいですね。
写真というより、印象派の風景画に見えます。
素敵だなぁ・・・

すごいですね。
よく同じ場所に行けたことがすごいですね。

お話しは聞いていましたが、写真ははじめての公開では⁈
うわ〜すげ〜かんど〜であります!

宗谷岬の夕日が見たいと思い
宗谷岬に行ったことがあります。

南十字星が見たいと思い
波照間島へ行ったことがあります。

大切な大切な私の思い出です。

しjかしながら
スケールが違いすぎます!!!
すごい!
すごい!

スイスか・・・

スイスか・・・

天光先生。勇気が出る写真とお話
ありがとうございます。
諦めちゃだめだなあ と思いました。

こ、これは凄い!

スゴすぎる!

感動して、涙が出たんですけろ。。。

夢を夢で終わらせないで、落とし前をつけるって、なかなかできないもんです。

でも、誰かのせいや、何かのせいで夢が叶わないだなんて言わせないすごさがある!

どんなことでもがんばろうと思わず心に誓ったです。

ありがとうございます!

天光さん。。。。

「ほんとだ、木が大きくなってる!」のコメント下さったかた〜
どなたでしょうか?お名前がぁぁぁ〜〜〜ないぃぃぃぃ〜
「名乗るほどのモンじゃあありません」?????
そんなこと言わずに、ハンドルネームだけでも〜。

天光眞弓

この話は、この景色に天光さんが会いに行く何十年も前に、私は聞いていた。

まさか……まさか……行くなんて……出会えるなんて……有名な観光地でもなく、ましてや30年も前のこの景色が、今もそのままでいるスイスという国に感動したのを覚えています。


“景色は思想なり”

【藍】

ほんとだ、木がおおきくなってる!

ふらっと旅立ってしまう天光先生、大事に写真を持ち続けている天光先生
「なんだか知らないけど来て良かった~」と超うれしげな天光先生!!!
不思議なお方ですeyeheart

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/45816607

この記事へのトラックバック一覧です: 「楽園の楽屋」〜旅自慢〜by天光眞弓:

« 「楽園の楽屋」~なんでだ、なんでだ~by芹川藍 | トップページ | 「楽園の楽屋」~極上の退屈 by葛西佐紀 »