フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ボッコリさんの日蝕 by 長井八美 | トップページ | ワルの青い鳥 by 長井八美 »

2012年5月24日 (木)

『楽園の楽屋』~出会いby演出助手・渡辺

私が初めて劇団青い鳥を観たのは、1993年近鉄アート館で上演された『今日はニャンの日!?』だった。
 
それはその舞台上に突如現れた。
チャリンコにまたがり、大声で歌い、「こんにちは、アカシマ、です。」
 
その恐るべきハイテンション、縦横無尽、傍若無人なアカシマさんに私は
「無理!ワタシこの人とトモダチになるのは絶対ムリ!」と思った。
 
 
それから数年後、『実験』という芝居のお手伝いをした。
東京も芝居も舞台も、よくわからないままにだ。
 
 
そんな私に「小道具のことは全部役者さんに伝えるのよ」とか「大変だね」と
低い声でおだやかに声をかけてくださったのが葛西さんだった。
東京砂漠でのオアシスのようだった。
 
『実験』の千秋楽、打ち上げ会場への道中、葛西さんと話していた。
「そう、『今日はニャンの日!?』観たの。私、アカシマさんやってたんだよ」


「!!!!!!」

Nyann1
左が伊沢磨紀さん、真ん中が芹川藍さん、そして右がアカシマさん。
葛西佐紀さんです。。。
 
 
舞台上と舞台裏のナイアガラの滝のような落差。
役者さんというのはこういう“生き物”なのか。。。
 
そう思った最初の方でした。

Nyann2_2
稽古場で両肘をついてポワ~ンとしている葛西さん。
ベランダでひとり煙草をくゆらせる葛西さん。
みんなを見ながらクスクス笑っている葛西さん。
 
 
 
『楽園の楽屋』では、どんな葛西さんが観られるのだろう。
その落差が今から楽しみなのである。

« ボッコリさんの日蝕 by 長井八美 | トップページ | ワルの青い鳥 by 長井八美 »

コメント

佐紀さんはアソボ塾の稽古場ではひっそりと私たちを見ていて下さって、役の時はどっと笑わせてくれて、
もうひとつ、佐紀さんの書く文章は深~い湖みたいで、胸に響く。

青い鳥の人は、何かがとっても健気な感じがする。
本当に大事なものは何なのかを知っている感じがする。

私も最初葛西先生の印象は「すごいひとだなぁ」!

ところがちょびっとずつ先生との時間が増えると
「あら・・・・・・穏やか・・・・なんだ。
舞台と全然ちがう!」


そしてまた舞台を見ると
大きな笑いを起してる

やっぱりすごいひとだなぁhappy02

「落差〜〜〜!!」そうです〜〜!!私は秘かに“別人28号”と呼ばさせて頂いておりヤス(^o^)/
渡辺さんは「トモダチになるのは絶対ムリ!無理!」と初めてお芝居を見て思われたそうですが・・・

なな、なんと〜私はその逆で、「キャ〜!ステキ〜!!カッコイイ〜!!佐紀さ〜〜〜ん!!!heart01heart01heart01heart01」心ワシズカミで気付けば私もハイテンションガ−ルでございました〜

しかし、この私もその落差に気づく時が来たのでございヤス(^o^)

それは、30周年!?の青い鳥のビデオを見たときでした。
ひとつの質問に丁寧にひとつひとつ言葉にしていく佐紀さんを見て
「舞台と違う!全然違う!!」でも、その真剣な誠実な穏和な佐紀さんにまたもや心をワシズカミにされてしまったのでありました〜♪

「楽園の楽屋」佐紀さんの落差(別人28号)楽しみにしていま〜す
\(^o^)/


もう一つ。そのビデオで、気になる人がいました。
その人は、織女さんが出した質問を三回口に出して言い、自分の想いを真剣に答えていました。
とっても、真面目な誠実な人だなって思いました。その人が渡辺さんでありました(^-^)

かわいい〜!
3人。。
なでなでしたくなる。

ほんとの猫より断然かわいい。

出会いって、偶然が重なることなんですね。。


あの日、あの時、○○していなかったら、この人と、この事と出会わなかった…。ということばかり。。

だから、大切にしたいなあ。。

毎日が感謝です。。

ほんとうに・・・。
夢の断片のような、役者さんたちに
ため息ついたり 笑ったり・・・
その中を 一緒にいるのが 好きなんです。
たった1時間ちょっとが 永遠に感じる 
至福のとき

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/45391941

この記事へのトラックバック一覧です: 『楽園の楽屋』~出会いby演出助手・渡辺:

« ボッコリさんの日蝕 by 長井八美 | トップページ | ワルの青い鳥 by 長井八美 »