フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 楽園の楽屋に誘いたくって!by芹川藍 | トップページ | 楽園の楽屋に誘いたくって~3 by葛西佐紀 »

2012年4月12日 (木)

楽園の楽屋に誘いたくって〜2〜 by 天光眞弓

桜、桜、桜。
今年はどこで、どんな風に眺めましたか?

「後、何回見られるかな」・・・
そして
「今まで、何回見て来ただろう?」

私たちには忘れられないお花見があります。

お花見!
なにしろ1年に1回の〜何だかわからないけど、お祝いの宴、みたいなものだから。

ロケーションは完璧であってほしい!
トコトン求めてしまう私たちだから!

仰ぎ見る空には桜が覆い被さるように枝を広げていること。
混雑した人の行列などはもちろんナシ。
鳥のさえずりが時折聞こえてくるばかり〜〜〜
っていうトコがなかなか見つからなかったんです。

一人一人抱えている手製のお花見弁当の方が気になって、大幅に譲歩。
幸い、人影もない野原。
腰を下ろす間ももどかしく〜〜〜食べて、飲んで、また食べて、食べて、飲んで、
あっという間にお腹いっぱいになって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あ、らららららら
気がつくと、地べたに〜〜〜すっかり平らげたごちそうの残骸、そして行き倒れのように転がるみんなの姿!!!
気がつくともう日がかげって、さ、さむ〜い!

しかも、桜を見に来たはずの私たちが寝転がっていたのは大きな杉の木の根元だった!
杉の大木見物で終わった36年くらい前!のトホホなお花見。


12月公演のための初めてのミーティング。
窓の外、ホワホワと霞のように溢れるような咲きっぷりを横目に眺めて〜!

どんな花を咲かせられるかな〜楽園の楽屋で
どんな実を実らせるかな〜〜〜楽園の楽屋で

桜の満開の力を借りて開き始めます〜!

天光眞弓


Photo_2

« 楽園の楽屋に誘いたくって!by芹川藍 | トップページ | 楽園の楽屋に誘いたくって~3 by葛西佐紀 »

コメント

ロケーションは完璧であって欲しかったはずなのに、杉の木の下でお花見。
酔っ払ってそのまま気づかなければ良かったのかしら?

今年はお花見をしていない。
仕事で国立の桜通りを通った。きれいだった。それだけで満足。

「楽園の楽屋」のチラシ、私も部屋に貼ってあります。
時々、話しかけています、ははは。

本当に3の倍数で進んでいくんですね。
ちょっとおかしくっていいですね。
 
次回は15日ですか。
 
 
36年前の私はしっかり生きておりました。
まだ桜に情緒を感じるようなお年頃ではなかったです。
が、しっかり花見酒は飲んでおりました。
 

大きな杉の木の下での、呑めや唄えや、はたまた、喫めや笑えや…。

ものすごい楽しそうな師匠さんたちの姿がまるで見たかのように頭の中で渦巻きます。

お花見はいいですよね。
お杉見もいいですよね。
あはは(o^o^o)!


私は36年前、なにしてたかなあ。

ああ、まだ生まれてなかったぁ〜。♪♪

ここ数年、お花見と言えば作業所の仲間と職員で行く桃ヶ池のお花見です。
池の周りに咲く桜、公園の中に咲く桜・・・今もまだキレイですよ。

通勤途中にある公園なので自転車で立ち止まっては“つぼみパンパンやな〜”“あと少しやなあ〜”とニコニコしながらのぞきこんでいました。

36年くらい前のお花見。私にはとってもステキに想えます。

気が置けない仲間とそれぞれが精一杯作ったお弁当〜

桜じゃなくったっていい。大きな杉だってどうってことない〜

残骸が散らばろうが、地べたにごろん〜♪って寝転がろうと
そこには大らかで自由な魂がある。

“楽園の楽屋”楽しみに待っていますネ〜♪
\(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/44840938

この記事へのトラックバック一覧です: 楽園の楽屋に誘いたくって〜2〜 by 天光眞弓:

« 楽園の楽屋に誘いたくって!by芹川藍 | トップページ | 楽園の楽屋に誘いたくって~3 by葛西佐紀 »