フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 大丈夫ですか⁈ | トップページ | 「てんこうランドでちょっとひといき」〜天光眞弓 »

2011年3月14日 (月)

救援

16年前の阪神淡路大震災。


朝、揺れに飛び起きた。
すぐにつけたテレビの画面に大阪や京都の震度はでていたが、
兵庫県だけはボッカリあいていた。


それから数時間後、テレビは火の海の神戸を映し出していた。

大阪湾を隔てた私の住まいの頭上を、
自衛隊の輸送機がひっきりなしに飛び続けた。



今回、宮城県で仕事をしていて地震にあった芸能人が、
テレビ取材に電話で話していた。


「今、東京に帰る車の中です。
対向車線を自衛隊や他府県の消防車、パトカーが走っています。
心強いです。早くいってあげてと思います。」


全国から、そして他国から救援隊が被災地を目指している。


行方不明者の捜索、
遺体の収容、
瓦礫の撤去、
炊き出し、
ありとあらゆる仕事を黙々とこなすために。


今、この時も。

早く、早くと願わずにはいられない。


演出助手・渡辺

« 大丈夫ですか⁈ | トップページ | 「てんこうランドでちょっとひといき」〜天光眞弓 »

コメント

「福島から避難します。高齢者の施設はありますか?」電話が鳴ります。
現実は迫っています。
通勤時はマスクをしてパーカーの帽子をかぶり
疲れからコンタクトは入らずメガネをして 
ガソリンが手に入らないので自転車で走ります!
ショーウインドウに映った私はまるで不審者のよう
しかし 地震が来ると無防備に何回も外に飛び出す!
家も職場もひびだらけだから 怖い・・!
でも被災者だけど生活者の私たちはじっとなんてしてられない。
買い物に走る。笑う!怒る!泣く!やっぱり大きな声を出して今日を生きる!
なにが真実?
なにが安全?
放射能は見えない。
今日のお月さまもとてもきれい
美しい日本の四季が みんなの笑う顔がもどりますように。
お年寄りから子どもまで日本を紡いでいけますように。
地震や津波の被災者 そしてすべての人が早く安心できますように。
これから子どもを産み育てるすべての人が健康でありますように。
そして 早く 平安を! 
そして みなさんの応援が がんばる力になっています!
わたしも! 東北のみなさん がんばれ!


静岡でも大きな地震が・・・
福島の原発は・・・
いろいろ心配です。


青い鳥創業のORAちゃんのブログの方にコメントしてましたが
みんなのコメントを読んでたら、私も入れて~!

3月14日のコメントをコピー&ペーストしちゃいます。

SOU・SOUのみんなに、早く会いたい~!

・・・・・・・・・・・・・・・・

ひたちなか より

ご心配をおかけしました。


地震直後から停電し、電話がつながらず、携帯電話も圏外、電池切れ・・・
当然テレビもパソコンも見られず、唯一の情報源はラジオ


地震の夜、明日はゲネプロだと思いながら連絡を取るすべもなく


停電、断水の復旧の見通しが立たない、JR常磐線は不通、
勝田駅は屋根が崩落して閉鎖、高速道路も通行止め・・・ 
それだけ聞けば、公演中止はあきらか


明るいうちは、めちゃくちゃにひっくり返った本棚やタンスの
片づけや、近所へ湧水を汲みに行き、暗くなったら懐中電灯の
光であるものを食べ、ラジオに耳を傾け、家族と話し・・・


昨日、栃木の義妹が電池や水や食べ物を持ってきてくれて、
やっと一息ついた。電池で携帯を充電し、自転車で圏外じゃ
ないところまで行くと、ひたちなか・SOU・SOUのみんなからも
たくさんのメール!!! 芹川さんと渡辺さんからも!!!


読んでいたら、ただただ涙があふれた。


このブログの芹川さんが書かれた銀色の道の歌詞を読んでいたら
嗚咽が止まらなくなった。


今回の公演に込められたいろいろな想いに無理に蓋をしてすごして
来て4日目。自分の心に余裕が出てその蓋がパタッとはずれたんだ。
あぁみんなに会いたいな~。


私のところは昨夜遅くに電気が来た。断水は当分続くらしいけど
津波の被災を思ったら、何てことない(*^_^*)


元気にがんばります!
ご心配いただいて、ありがとうございました。

ひたちなか市のみなさんからのコメント復活!
うれしいです。
昨日は会館の吉村さん、小泉さんの元気な声も電話で聞けました。
一歩一歩ですね。

今日、計画停電がありました。
たった3時間、街全体が暗闇になっただけで不安な気持ちになりました。
被災地はその状況を超えているのですよね。。

みなさんからのコメントが心の灯火です。
有難うございます!

地震がおきてから4日が過ぎた。死者数千名を超えるなどあまりにも悲しいニュースばかりの中で、生還者の報はあきらめかけた心に希望の灯を灯してくれる。

 私の故郷、宮城には両親や兄家族、親戚、友人。かつての職場の同僚や教え子も暮らしている。自らも震度6弱の地震に肝を抜かしたけれど、停電と携帯の電池切れで連絡が取れなかった数日間は、不安ともどかしさで一杯だった。
 幸い両親や身内の者は無事だったが、まだ連絡がつかない友人もいる。ただただ無事を祈るばかり。

 そして今 ”生かされていること”への感謝でいっぱいです。
 たくさんの方々から励ましていただき、勇気をいただきました。

 ありがとうございました!!

電気の灯りって。。。こんなにも心まで温かくなるものだって・・初めて知りました。

地震直後の夜は、真っ暗の車の中で寒さに震えながら過ごし。
二日間は手元にあったお菓子だけ食べてました。

正確な情報は車の中で聴くラジオのニュースと、小さく不鮮明なTVの画面のみ(まだ地デジ対応じゃない為)
電気が復旧して、すぐにTVをつけて唖然としました。
東北地方はこんなになってたんだ!って。

当の被災者には正確な情報が殆ど入らない、という事を体験しました。

震災以前の生活の戻るのはまだまだ先の事になるかと思いますが、まずは『生きている』ことだけでもありがたい!
そして、これからも様々に起こってくるであろう『予期せぬこと』への前向きの努力を続けていこうと思います。

皆様には色々ご心配頂き、感謝しております。

水戸のホーリーことbluekangaroooです。
家族も無事でした。
ガスが復旧見通しなしです。
近くでもまだ、水がでない所もあります。
(ブログに近所の写真載せています)
 http://www.bluekangarooo.com/index1.htm

ひたちなか文化会館の皆様は大変そうでした。

不便な生活は現代っこにはいい薬でしたが、ちょっと効きすぎて末っ子の元気がなくなってきました。

もっと酷い被災地が沢山テレビで映し出されています。
私たちは、節電、節水をします。
ご協力お願いします。

本当に無事でよかった!

そして被災の真っ只中の方々が一番状況がわからないんですね。

寒くなるそうです。
身体を守ってください。

おかえりなさい!
待っていました!!涙涙

青い鳥の皆さま そして東京 大阪A・SO・BO塾 たくさんご心配、応援してくださっている皆様
ありがとうございます! 皆さまの言葉や想いがヒシヒシと伝わり元気が出で来ます!嬉しい!
そやっと今朝、電気がつき、ブログを開きました。
よかった! ブログ・・! ただいま! 

そして、東北でのものすごい被害の状況を初めてTVで目にしました。
このつらい現実。たくさんの命が失われ、捜索も続いていることに 心が痛くて仕方ありません。

ひたちなかのメンバーは3人を残し ほぼ連絡を取り合うことができています。
家に亀裂が・・・! 家の中はめちゃめちゃ! 被害はありますが返事をくれたみんな無事を確認し
ほっとしました!
そして地震の翌日にはメンバーから安否とともに「今日リハーサルある?」「明日は公演!できるかな?」とメール
芹川先生からは「身体を守って!またすぐ会えるから!」とエールが! 渡辺さんからは「生き抜きましょう、公演はいつかならず!」と
全員にメールをまわし、連絡しあい、皆 目の前の現実とたたかいながら、ひたちなかでまた会おうとがんばっています!
必ず 「銀色の道 ~母への手紙~」に たどりつきます。
 

どこのテレビを見ても地震。自分達の生活は屋根もあり寝るところ暖をとること温かい食べ物もあるのにスーパー・コンビニ・薬局・ガソリンスタンドにかけこみパニック状態です。


自分達が冷静にならないと今はいけない。被災地はもちろん私達も励まし助け合っていかなくてはいけません。


仕事でお年寄りの方から


焦っても仕方がない。なるようにしかならないのよ。

とニッコリ笑顔でいわれました。
その通りかも・・。


みんなで頑張ろう。

今朝、保育園の仕事に向かう時に、園児のお母さんに会った。

『旦那の実家が宮城で、家がなくなった。大切な人とも全く連絡が取れない。試練だなんて言わないで欲しい。地獄だ。自分が壊れそうだ。』
と、泣いておられました。

そして、体育館に遺体が、とのニュースにも、『子どもが遊ぶ場所に…。』と絶句してました。

場所を知り尽くしわかるのに、どうしようもないかたには、心配と緊張と疲労が極限状態の気がします。

早く、助けてあげてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/39220011

この記事へのトラックバック一覧です: 救援:

« 大丈夫ですか⁈ | トップページ | 「てんこうランドでちょっとひといき」〜天光眞弓 »