フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 救援 | トップページ | 「今……」近内仁子 »

2011年3月15日 (火)

「てんこうランドでちょっとひといき」〜天光眞弓

地震直後、都心を歩いた時の景色。
人波は歩道いっぱい。
車道は車でいっぱい。まるで駐車場みたいに動かない。
そんな中でモクモクと歩いている。
道が壊れているわけではない。水が溢れているわけではない。
いつもとちょっと違う景色にちょっとだけ高揚しているようにも見える。

コンビニからは友達と食べるのか、袋を2つ、3つ下げた人が出てくる。
地震から1時間も経ってないのにピッカピカのヘルメットをかぶっている人がいる。
非常用と書かれたギンギラのリュック背負っている人もいる。
深刻な顔の人はいない。

私は自分のリュックの中に入っているものを思い浮かべてみる。
携帯はもちろん、充電器もあるぞ、飴もあるし、チョコレートもあるし、水も、小銭も。
新宿まで、青山まで歩けた体力と気力を自画自賛。
しかし、テレビの画面で被災地の現場を見て愕然、というか〜
自分の感覚と、起こっている現実の巨大な時差?に計り知れない違和感とショックが。
自画自賛した私の力?なんて、虫みたいなものだ〜!

東京は殆ど被害を受けていないのだったのだから。
電車が動かない!それだけのことなのだから。

翌朝、ひたちなか市の担当の方から電話があった。
その声は静かで穏やかだった。
朗読の公演がおこなわれるはずだった会館が避難所になっているって。
まだ数人連絡が取れていないと〜(後に全員の無事が確認されたって)


ツイッターでもいろんな国語で、日本の地震が話題になっている。
どこかのとある知事が、この地震のことを「天罰」だと言ったとか言わないとか。

日本人がそんなことを口走っている中、全国から、いや全世界から救援隊がやってくる
どこの人が言ったのか忘れたので申し訳ないが、こんな言葉を聞いた。
「私たちの心を日本の東北に向けて一つにしよう」

テレビを通して東北の景色を毎日見ています。
がんばって〜!なんて、声かけられない景色です。
寒くて、お腹がすいて、眠れなくて、怖い日々が続いているのだと思います。
私が今まで味わったっことのない気持ちでいるのだと思います。

なぜだか、これからの私たちにきっと忘れられない、何か大事なことを教えてくれる存在のような気がします。

天光眞弓

« 救援 | トップページ | 「今……」近内仁子 »

コメント

ひたちなか の方々のご無事 安心しました。
全てを含め 教えられています。
地震前とは 少し違う気持ちの持ち方で この日々を過ごしている気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/39237678

この記事へのトラックバック一覧です: 「てんこうランドでちょっとひといき」〜天光眞弓:

« 救援 | トップページ | 「今……」近内仁子 »