フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「稽古場日記2月5日」芹川藍 | トップページ | 「稽古場日記2月7日」天光眞弓 »

2011年2月 7日 (月)

「稽古場日記2月6日」演助・渡辺

今日は今野舞台監督、照明オペの野中さん、そして長井さんが通しを見に来られた。


誰かが来られると
あがる、高揚する、緊張する。

いつも通りにいかなかったり、いつも以上のものが出せたり…。


稽古場もあと一日。

同じ“戦場”に向かう同志。

必ず終わりが、別れがくることを知っている。

他愛のないことで怒って笑い合う。

同じ時間を愛しみ過ごす。

そこに居るだけが、かけがえない。


桂木先生が言っていた
「私はここに居続けたかったのです」


私は本番を控えた稽古場に居続けたい…。


« 「稽古場日記2月5日」芹川藍 | トップページ | 「稽古場日記2月7日」天光眞弓 »

コメント

「ただそこに居たい」の愛しさ。


なかなかないことです。

永遠は自らの中に在るものかもしれませんね。

稽古もあと1日ですか、なんとなく、センチになってる~~
とっても中身の濃い愛おしい稽古だったのですね。
その空間を本番で再現し、ぶつけてください。
ちょっと生意気だったかしら、
許して~~~smile

永遠って、ないんでしょうかね。。。

楽しいことや嬉しいことがあると、どうか終わらないで~~~!
って、諦めの悪いワシは、いつも願ってしまいます。

何度も願っているうちに、1個くらい、マジで永遠になったりしないですかね。

それが、劇団青い鳥、だったりしたら最高でありますheart04


大阪公演、観にいける人たちが、うらやましいっす~~~


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/38779864

この記事へのトラックバック一覧です: 「稽古場日記2月6日」演助・渡辺:

« 「稽古場日記2月5日」芹川藍 | トップページ | 「稽古場日記2月7日」天光眞弓 »