フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「ちょっと気になる」葛西佐紀 | トップページ | 「稽古場日記1月30日」演助・渡辺 »

2011年1月30日 (日)

「稽古場日記1月29日」芹川藍

今日から中野の稽古場。名前が“〇〇グランド”大きな名前ですが……まあそれはそれ
は、とても狭い茶室のような稽古場なのです。
かつて立川の米軍ハウスに青い鳥の稽古場があったが、それより小さい。
それでも、道具衣装を持って公民館をうろうろするよりずっといい。

私は捻挫のため接骨院に行き、遅れて行く。

すっかり衣装小道具が運ばれていた。
みんなの顔が高揚している。(本番が近いせいと、アルバイトを休んで芝居だけになる喜びかなあ)

「おはようございます」

各自、自由に身体をほぐす。

演出助手の渡辺の声「2時から踊りの場面やりま~す」

身体を動かしながら、教育問題、韓流ブーム、田舎の親の話が始まった。

渡辺「3時から踊りの場面でいいですか?」
「うん、いいよ」

そして……

「私、サンコツがいい,……散骨、多摩川でいいから」
「私は江ノ島の海がいい」
「じゃあ江ノ島に宿を取らないとねぇ~」
「江ノ島丼食べようよ」

そして自分達の葬式の話へと移る。
ア~した方がいい。
コ~した方がいい。
渡辺「3時30分からにしましょうか?」
芹川「うん、いいよ」

「今夜、サッカーだよね……。」
「そうそう……」

渡辺「4時から通し稽古します!!」

いよいよ通し稽古が4時30分から始まった……。

青い鳥は、犬のマーキングのように稽古場の空気を自分たちのものにするまで、心を解かすまで、無駄じゃない無駄話をする。

そして、1回めの通し稽古がちゃんと終わった。

駄目出しと返し稽古をして……。

「お疲れ様でした」
こうして青い鳥のすごしやすい稽古場に変わった。

中野の値段のやすいやすい居酒屋で、ライスセットを3つも頼んで、気勢をあげる私達でした。

« 「ちょっと気になる」葛西佐紀 | トップページ | 「稽古場日記1月30日」演助・渡辺 »

コメント

こうして青い鳥はずっとお芝居を創って来たのですネ。

それぞれの心を解かして・・

稽古場の空気を自分達のものにして

無駄じゃない無駄話をして・・
その中にいろんな
創造の種?源?が隠れているんですネ。

先生。私あそぼ塾も同じだと思いました。
うまく言えないけれど・・
心を解かさないと(解放しないと)
自分の表現ができないじゃないかなって

でもね〜しんどいし勇気いるね。

「ちょっとうれしい」大阪公演。
楽しみで楽しみで
楽しみで楽しみで・・・
終わっちゃったら終わるから
「わ~2月だ!いよいよだ!」と
思える今が私にとっては
ちょっとうれしいのです。
どこの場所でも,大阪であれ東京であれ
私はいつも
劇場に入った瞬間
「青い鳥」の不思議というか魔法と言うか
何ともいえない,その空間に
この身をゆだね,芝居をみることで
何かを乗り越えてきたような気がします。
ああ!「ちょっとうれしい」が近づいてきた!
私もどきどきしてきました。

青い鳥の作品が、こうやって出来て行く感じが分かる気がします。

無駄じゃない無駄話

場を温めて、ホームにするのって大事ですよね。

いろんな仕事に通じるなぁ〜

わあぁ!楽しそう。
マーキングって、わかる気がします。

固定稽古場が小さくてもあると
うれしいって、わかる気がします。


大阪・名古屋とも応援しにいきまーす。


楽しみにしています。


私も高揚感いっぱいです。

朝からうれしくなりました。

みなさま、がんばってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/38663664

この記事へのトラックバック一覧です: 「稽古場日記1月29日」芹川藍:

« 「ちょっと気になる」葛西佐紀 | トップページ | 「稽古場日記1月30日」演助・渡辺 »