フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 藍!戯言【33】~風が吹く~ | トップページ | 藍!戯言【35】~残り香~ »

2010年11月 3日 (水)

藍!戯言【34】~美容室~

昨日、美容室に行った。うちの近くの気取りもおしゃべりもない美容室。
今ひとつセンスはないかもしれないが、楽が一番、早いがニ番。
私モヤモヤ族だから、以前は表参道、渋谷、青山、六本木。ハイカラな美容室。イケメンぞろい、『ちょっとお客様お店間違ってますよ』と言われそうな店。
預けるバッグが恥ずかしい、預けるコートは見ないでユニクロ。
シャンプーしただけで『お疲れさまでした』と大合唱、“どこか誉めなくてはいけません”のマニュアルがあるのか
『素敵な靴下ですこと』
『可愛いい携帯のストラップですね』

誉めるところがなければ誉めないでいいから……。

あがりまくり、緊張してる私に『いかがなさいますか?』から始まる質問に、なかなか上手く言えない。だから写真を持って行くのに『お客様、髪質が違いますからちょっとこんな風になりかねますが』
さっさと『私に似合うようにして~~っ!』だけ。

« 藍!戯言【33】~風が吹く~ | トップページ | 藍!戯言【35】~残り香~ »

コメント

やっと見つけた行きつけの心休まる美容室
若くて気さくなご夫婦の美容師さん
フレンチブルドッグのブーちゃんのカワイイこと

そして、いつも途中で 爆睡するわたし・・。
ごめんね~!

美容師さん自身はどう考えてるのだろ?
まさか、お客がこんなふうに思ってるって。

以前、お客とその手の会話するのが苦手で、マンションの一室で、たった一人でやっている人がいる。腕もよいらしい。美容院トーク?なしで気楽に行けるのはいいじゃないか~

行ってみた。
その美容室に、
その美容師さんと客の私二人きり~
確かにわざとらしい言葉は飛び交わないが!
もう~
息が詰まるったら~
初対面なのに美容室だからって
オトモダチ~って態度、耐えられない
けど、
寡黙な美容師、一人しかいない美容室にも、ドッと疲れました。
二度と行きませんでした。

美容室に行く前にシャワーを浴びてシャンプーする。
できる限りキレイにブローする。

「負けない!」と気合いを入れる。

そして深呼吸して美容室の扉を開ける…。


2時間後…。

強張った笑顔で「ありがとう~」と扉を開ける。

道端に止まった車のサイドミラーを覗く。

確実に老けた髪形の自分。

手櫛でクシャクシャにする。

誰も美容室帰りとは思わない。

こんなことを何度繰り返しただろう…。

いつから美容室は緊張する場になったのでしょう。

カリスマ美容師あたりからでしょうか。

芹川先生のご苦労、よくわかります。

美容室で美容師さんと親しげに話をしている人をよく見かけるが、あれは信じられません。私はいつも雑誌を読んでいる。そうすれば会話をしなくてもすむし…。今では「雑誌が好きなんですね」とまで思われている。「私は話をしに来たのではなく、髪を切ってもらいに来たのです!」どうぞ私の気持ちを察してほしいのです。しかし、突然!話に花が咲くことがあるから不思議、不思議 ふふふ。

今の美容室、見つかって良かったですね。

昔は私もやたら緊張しまくりでした。

今は、
難波に行きつけの美容室を発掘。
綺麗なお姉さんやイケメンが居ても、ユニクロ服+雑誌の付録カバンでOKです。

読みたい本持参で、
美味しいお茶を煎れてもらって、
シャンプーしてもらいながらイビキかいて熟睡

既に、「そういう客なんや」

と面白がられてるのかも。

楽が一番、早いが二番、三時のおやつは………。と続きそうですね。

“話術巧み”な、芹川先生が、
美容室の人と会話が苦手ってわかる気がします。

嘘ごっこだからでしょう?

私もたま〜〜に行く美容院の
男性美容師に鏡越しに微笑まれるのは、居心地悪い、生きた心地がしない、

いたたまれな〜い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/37504853

この記事へのトラックバック一覧です: 藍!戯言【34】~美容室~:

« 藍!戯言【33】~風が吹く~ | トップページ | 藍!戯言【35】~残り香~ »