フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 藍!戯言ポツリ【19】 | トップページ | 藍!戯言ポツリ【20】 »

2010年10月 3日 (日)

管理人ひよどりはゆく〜ギリアイルへ行きたい!思い出の旅篇〜

今日、10月3日はドイツ再統一から20年を迎えるそうな。

ベルリンの壁崩壊のニュースを聞いたのは
劇団青い鳥'89秋公演「ギリ・アイルに行きたい!」の初日終了後だったことをよく覚えています。

「ギリ・アイルに行きたい!」、
ジャングルで遭難した人々…
大きく揺れる地震…
揺れる不動産屋さん、室内に天井高く積み上げられたたくさんの書類、一風変わった人物がそこで一風変わったお客さんへ、
一風変わった物件を紹介していきます。

そして…
その不動産屋から舞台は一変します。
室内のたくさんの書類をいっきに片付け、素舞台にしてしまうんです。

時代はバブル絶頂期、たくさんの物にあふれかえっていました。
このままでいいのか、何かすべての物をなくしてしまいたい…
そんな衝動にからてしまう心情で「ギリ・アイルに行きたい!」という作品を
師匠である市堂 令さんたちはつくっていたと、研修生だった私は記憶しています。

青い鳥の舞台は作品の中に起こる出来ごとや、作品に込めた想いが、実際に現実でも起こってしまうから、これまた不思議。

サンフランシスコでは大地震が起り、
そして、ドイツも自由を求めて変革しようとしていたのですね。

難しいことはよくわからなくて、うまく文章にできないけれど
変わりたい、変わろうとしていた頃から今、みんなみんな手探りで真のものを求めて這い上がろうとしているような…
そんな感じがします。

お山の頂上へはいっきに到達できません、一歩一歩登って行くしかないのですよね。
と思っていたら
昨日見たドキュメンタリーで大沢たかおはアフリカの”神の山”へ、ヘリで行きやがった…( ̄Д ̄;;

Photo_3

ブログ管理人ひよどり(こうさい ゆうこ)

« 藍!戯言ポツリ【19】 | トップページ | 藍!戯言ポツリ【20】 »

コメント

そう〜、大沢たかおは、ヘリコプターでいきました。

しかしテレビでも、神の山頂上は、そら恐ろしい妙な感動がありました。

実際に一歩一歩登らない私は、「もっと凄い映像みせてぇ」なんてもんでした。
勝手な(((^_^;)もんで。

ユミムラさん、そういえば…そんなお話を伺ったことがありましたね!
すでにその時出会っていたとは!
それからふか〜いお付き合いになっていきました。

バリツアーご参加くださるのですね。有り難うございます!
いいな〜私も行きたかったな〜
楽しんできてくださいね♪


みっちゃん、渡辺演出助手さん、
コメント有り難うございます。
私にもしらな〜い青い鳥がまだまだありますよ〜
だって青い鳥の旗揚げは私が6歳のときだったんですから〜

恐るべし青い鳥の歴史!!!

私もこの頃は大阪にいました。
でも青い鳥を知りませんでした。

ユミムラさんは不思議な縁があるんですね。

今、想います。
私の知らない青い鳥を見てみたい。
私の知らない青い鳥を感じてみたい。
私の知らない青い鳥に会ってみたい。

幾億年の時の流れの中で出会うということは刹那なんですよね。

あ~ギリアイル!!
その頃、私は大阪に居てなぜか照明スタッフ(荷物運び)として仕込みからこの舞台みてました。
忘れられないマキさんの「もう少しですからー!!」という台詞。悲しいほどの迫力のカンカンダンス。初々しい天使の裕子ちゃんと仁ちゃん…
そこからズッポリ青い鳥の世界にはまったんですねぇdash
ギリアイルってバリ島のことよね?このブログ読むまで結びついてなかった~
来週、天光さんの「ジャランジャランバリツアー」に行ってきますsign01
ギリアイルに行きたいsign03

そんな歴史があるんですね。
ベルリンの壁が崩壊したころ、私は青い鳥の存在を知りませんでした。
はぁ~、歴史も人生も変わっていきます。

そして、ヘリで行った「神の山」はすでに神の山ではありません。
残念、大沢クン。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393125/37057151

この記事へのトラックバック一覧です: 管理人ひよどりはゆく〜ギリアイルへ行きたい!思い出の旅篇〜:

« 藍!戯言ポツリ【19】 | トップページ | 藍!戯言ポツリ【20】 »