フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

2017年7月27日 (木)

「そうだ、あれは夏だった」by演出助手・渡辺

高彩さんの夏の着ぐるみダイガンメンのブログを読み
「なんか身に覚えが…」

ダイガンメンから8年後の夏、私は「グリちゃん」の中に入っていた。
同じくファミリー劇場というやつだ。

20170726122531_00001
高彩さんとは違い、ウレタンではなく空気お化けみたいな代物。
ともかくデカク、動きがままならならず、こけたら最後ゴロンゴロン。

「そうか、あれは夏だったのか…」
グリちゃんに入ったことは覚えている。
視界が狭くて、膨らませるためのファンを背負い続けていて。
それなりに大変だったと思う。
ただ、あまりに記憶が途切れ途切れだ。

その舞台は私が東京に出てきてまだ四ヶ月ほどのこと。
今から思うと毎日が必死のパッチだった。
PCに触るのも初めてで、フリーズした画面を何時間も眺めつづけたこともあった。
新しいことの連続で、まさしくゲリラ豪雨、竜巻、巨大台風の日々。

あまりに物事が膨大で凝縮され、濃縮されると記憶の箱が飽和状態になるのか…。


そういえばフィナーレで子どもたちにお腹をバンバン叩かれたなぁ。

劇場の扉から退場しようとするグリちゃんを、芹川さんが全身で押し返してたなぁ。
巨体が扉に挟まり足が空回りしてフガフガしてた。


ホントは全てのことを記憶しているのかもしれない。
脳と心のどこかに。

«「夏が来れば思い出す」by高彩裕子