フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

2016年8月27日 (土)

『次は…』by演出助手・渡辺

私はスポーツが好きだ。
 
と、以前にも書いた記憶がある。きっと四年前だったんだろう。
子どもの頃、待ち遠しかったスポーツの祭典が、あっという間にやってきて去っていた。
 

日本との時差が12時間のラテンの国に向け、気力体力の続く限り叫び、嗚咽し、拳を突き上げ続けた。
 

中継、結果、特集とTVをザッピングしまくり、仮眠をとって次の競技に備える。
移動中はスマホの配信。
28競技306種目のうちどれだけ観られるのか不安になりながら。
 

「アンタ、仕事中に観てないだろうね。それとも寝てるんじゃないの?」と、しょっちゅう芹川さんから言われた。
 
それはない。
それは私の流儀、信義、ロマンに反するのだ。
私自身がやるべきことを行わないと、全精力を傾け闘う選手に失礼なのだ。
仕事中にチョイ見し、鼾をかくぐらいなら、仕事を休む。
「全ては聖火が燃えるこの時の為に」
 

「オリンピックはアンタの何んなの?」と芹川さん。
そうなのだ。
私が努力したわけではない。私に才能があったわけではない。私が育てたわけではない。
 

『普通の人々』の稽古が始まった。
登場人物は100mを9秒台で走ったり、水中から足を突き上げたり、200kgの鉄の塊を持ち上げたりはしない。
TVを観ながら「ヨシッ」と叫ぶ普通の人々だ。
 
ただこの“普通の人々”にも劇的で、辛辣で、歓喜溢れる瞬間があることを、この舞台は気づかせてくれる。
 
『あらゆる人間の総意が地球をまわし続けている』
劇中で出てくる言葉だ。
 

 選手とともに涙する健気な人々が地球を生かしているのだ!
と思いたい…。
 
さあ、次はサッカーワールドカップ予選。
「負けられない戦い」がまたやってくる。
 「スポーツって一年中あるのねぇ~」という芹川さんのコトバが聞こえてくる。
 『普通の人々』
http://www.aoitori.org/index.html

«『普通の人々』